衣食住の大切さに気づけば人生が変わる

【衣食住】とは、読んで字のごとく、食べるこ、着ること、住むこと。人間の生活の基本を簡潔に表現したことばが【衣食住】です。この記事では、快適な【衣食住】とはどんなものか、一般的な考えに加え、わたし自身が考える快適な【衣食住】について書いていこうと思います。

衣食住の「衣」について

わたしたちは、なんのために服を着るのでしょうか。衣服の最大の目的、それは人の身体を包み、体温を保ったり怪我から身を守ることです。また、人と会う時に相手に与える印象を決める役割も衣服は担っています。

快適な「衣」について考える

快適な「衣」とは着心地のよい衣服のことです。着心地と言っても、肌触りがよい・動きやすいなどの機能的要因だけではなく、自分に似合っていたり、デザインが気に入っていて心理的に満足する場合も、着心地が良い服と言えますね。その他に、お葬式には黒い服、会社にはその会社の規定に沿った服を着るなど、その場に適切な衣服を着ることで、周りから浮かない・常識のない人だと思われないなど、社会的な面からも着心地が良いといえます。

機能的・心理的・社会的
この3つを満たす衣服を着ることが大前提です。

何を重視して「衣」を選ぶか

・価格
・着心地や素材
・サイズ感
・流行り
・ブランド
・デザイン
・着回しのしやすさ
など人それぞれ重視している点は様々です。ユニクロの1000円代の服から、どうしたらそんなに高い金額がつくのか不思議なくらい高価な服まで、服の値段はピンキリで、服にどれだけお金をかけてもオシャレじゃない人もいますし、逆にユニクロの安いTシャツを着ていても様になっている人もいます。

ようするに、服にどれだけお金をかけても、似合っていなければ意味がないということです。でも、似合う服を見つけるって難しいですよね…

似合う服の見つけ方

似合うかどうかは、とにかく着てみる。そして、周りの意見を聞く。これに尽きると思います。そして、似合うとわかった服の雰囲気や形(例えば、春っぽい色が似合うとか、ワンピースが似合うとか)を決め、その中で少しずつバリエーションを増やしていくとうのがいいのではないかなと思います。バリエーションを増やしていくと書きましたが、その人に似合っていれば毎日同じデザインの服を着ていても全然いいと思います。私服を制服化するイメージです。

また、見た目にこだわる一方で、締め付けがきつい服や動きにくい服など、身体的に不快な衣服を着ていると、自律神経に悪影響が生じ、仕事や活動の効率が落ちるので、サイズの合った服選びも重要です。服がきつくならないためにも食生活に気をつけて、服を着ることがストレスにならない体型を維持しましょう。

衣食住の「食」について

衣食住の中で唯一、欠けてしまうと生きることができなくなってしまう「食」。人間の歴史を遡って見てみると、原始人は生命維持に必要な食べ物を手に入れるために、命がけで狩りをし、そのために、命を落とすこともあったと思うと、数分歩いた先にコンビニがあり、小銭を出せば簡単に食べ物が手に入る現代の日本はとても恵まれていますね。

快適な「食」について考える

飽食の時代と言われている一方で、実は「1日1食」生活というものが密かに話題を呼んでいます。調べてみると、芸能人の方なんかも結構やっている人が多いみたいです。

わたしは「1日3食、絶対に食べなきゃダメ!」と、親に言われて育ち、幼少期はお腹が空いていなくても無理に食事をしていたな〜という記憶があります。ですが、大人になり自分の食生活は自分で管理するようになってからは、お腹が空いてから食べることができるようになりずいぶん食に対するストレスが減りました。気づけば、1日2食の日が多いのですが、振り返ってみると付き合いなどで無理に1日3食摂った日よりも2食の日の方がコンディションがよかったような気がします。

食事の回数を減らすことで1回1回の食事を大事にしようという意識が生まれます。1日に食費にかける金額が1500円だとしたら、1日3食の場合は、1食500円までですが、1日2食にすれば、1食にかけれる金額は750円になります。量より質です。ネットにはたくさんの食に関する情報があり、1日1食が必ずしもいいとは言い切れませんが、お腹が空いた時に好きなものを好きなように食べるというのが、快適な食生活だというのが、私個人の考えです。(もちろん、ある程度の栄養は考えつつですが。)

衣食住の「住」について

衣食住の「住」は、「住居・すみか」という意味で、大きく分けて二つの役目があります。
・雨風や寒さを凌ぐ
・プライバシーの確保

快適な「住」について考える

「住」に関しては、寝れればそれで十分という人もいれば、すこしでも心地よい空間にしたいと考えインテリアなどにこだわったり、自然素材で出来た家を選んだり、とことんお金をかけるひともいます。寝れれば十分という人の考えも分からなくはないですが、最低でも1日の3分の1を過ごす場所なので、仕事の疲れを睡眠以外でも癒せる家だといいなと私は思います。例えば、足を伸ばして入れる広いお風呂がある、とか、職場は目が痛くなるような真っ白な蛍光灯だけど、家ではオレンジ色の優しい電球を使うとか。そういう些細な生活環境の変化でも、体は無意識に休まるもので、体が休まれば仕事の効率も自然ととアップするはずです。また、家を快適な空間にすることで、家族が団欒をとりやすくなったり、掃除や洗濯などの家事も自分が好きな空間を維持するためならば苦ではなくなると思います。

断捨離について

近年、「断捨離」なるものが流行っていますね。断捨離ということばを初めて聞いたという方のために、簡単にご説明を。

【断】…入ってくる不要なものを断つ。
【捨】…不要なもの物を捨てる。
【離】…物に対する執着から離れる。
この3つの理念を元に所有物の取捨選択を行い、身の回りを整理し、物理的・心理的にも身軽で快適な暮らしを手に入れるというもの。
(参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%AD%E6%8D%A8%E9%9B%A2)

わたしも、一時ミニマリスト(断捨離を実践する人のこと)に憧れ、まるで何かに取り憑かれたようにものを捨てまくっていた時期がありました(笑)振り返ってみて、ちょっとやりすぎだったなと思いますし、今はちょど良い感じでものを増やしたり減らしたりしています。

断捨離って、「とにかくものを少なくすれば幸せになれる!」みたいなイメージを抱かれがちですが、わたしがいろんな断捨離の本を読んで実践してわかったことは、断捨離はただたんに物の数を減らすものではなく、いかに自分に不必要なものを減らすか=自分にとって本当に大切なものを見極めていく作業だったんですね。

本当に大事なものって、案外少ないです。自分の周りにあるものが、すべて大事なものだったらどんな気持ちになるか想像してみてください。・・・すごく幸せな気持ちになれそうですよね!わたしもまだまだ途中段階ですが、いつか自分の身の回りをそんな状態にできたらいいな〜と日々奮闘しています。

まとめ

日々の仕事に追われて、疎かにしてしまいがちな「衣食住」ですが、休日にでも時間をとって、自分にとって快適で満足のいく「衣食住」とはどんなものか、ゆっくり考えてみるのもいいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

S.Yamaguchi

Bigmac制作部で、主にWebデザイン兼コーディングを担当しています。 シンプルでフラットなデザインが得意です。 好きな飲み物はカフェオレで、夢はクラゲを飼うことです。
 座右の銘は、「ケセラセラ(なるようになるから流れるままにいこう)」 休日は、海外ドラマかアニメを見ています。 最近、髪をばっさり切って小さいきのこになりました。 どうぞ宜しくお願いします。

筆者が最近執筆した記事