徳川家康の名言

正直に告白します。…って、もったいつけるほどではないのですが、ぼく、歴史が好きです。色んな幅広い知識に興味があるのですが、歴史もそのひとつですね。

日本史/世界史に特に選り好みはないです。

なぜ歴史が好きなのかな?と考えると、昔も今も、人間の心はそう変わらないから。たぶん、こんなところなのだと考えています。人の心の有りようや生き様が分かるのは、歴史が大きく動くとき。国乱れるとき、ドラマがありますからね。日本史なら戦国時代やら、幕末なんかがそうですね。と、そんな前置きをしつつ、今日は自分の好きな言葉を整理する意味で徳川家康の名言を記しておきます。

61h1PTtW3lL

余談:ぼくが歴史を好きになった背景には、横山光輝の漫画は欠かせないです。日本史の戦国時代ものもいいですが、中国史を描いた「三国志」や「水滸伝」「史記」は至高。

では、紹介します。勝事ばかり知りて、負くることを知らざれば害、その身にいたる。~徳川家康~

意味は、こうです。「勝ってばかりいては、よいことはない。おごりや油断の気持ちが起こりやすい。悔しさや困難を克服する努力など、負けることによって得るものは大きいのだ。」

300年も続いた幕府の基礎を作った人の言葉は、さすがに重いです。負けることからこそ、学ぶこともあります。当然、勝つことから学ぶこともあります。あらためて、その両方を知ることの
大切さを胸に刻みました。

余談2:下の画像は、家康最大の敗戦とされる「三方ヶ原の戦い」の後、自分の姿を書かせたというもの。負けることを知り、そのことを大事にしていた
家康の様子が伺えます。徳川家康の人物像が透けてくるようで、ぼくは家康といえばこの画なのですよね…!

12

↓こっちのほうが、
↓江戸幕府の将軍っぽくていい感じですけどね。
↓人間味なら圧倒的に「負くることを知った」画のほう。笑

05

 

このエントリーをはてなブックマークに追加