どっちを使う?PowerPointとKeynoteを比較してみた

先日発表用のスライドを作成するためにPowerPointを利用しようと思っていたのですが、私のパソコンはwindows製品じゃないので作成できないことに気づき見つけたのがKeynoteです。だめもとでKeynoteで.pptxで開くと少しレイアウトや音楽などは変わりますが閲覧・編集ができたので、今回はPowerPointとKeynoteの長所と短所についてそれぞれ書きたいと思います。

それぞれの概要

そもそもですが、私自身PowerPointは学生の時に使用したっきりで、Keynoteに至っては今回触るのが初めてでした。触ってみた感じではプレゼンテーションソフトのWindows版とMac版という感じです。プレゼンテーション資料からアニメーションまでなんでも作れるソフトですが、まずはそれぞれの特徴について紹介します。

 PowerPoint(パワーポイント)とは?

Microsoft社が販売しているプレゼンテーションソフトで、1987年に販売が開始されてから現在ではビジネスシーンから学生の発表にまで幅広く使用されています。文字や写真、図形などが挿入でき簡単にスライドが作成できます。PowerPointはWindows版だけでなくMac版もリリースされておりユーザーが多いです。

 Keynote(キーノート)とは?

Apple社が販売しているプレゼンテーションソフトで、PowerPointとは違いWindowsで使用することはできませんが、iCloudでも利用できるのでどの端末からも操作が可能です。対応OSはmacOS Sierra以降です。

PowerPointの長所・短所

なんでもできる

操作して感じたことなのですが、PowerPointは機能がすごく多いです。まだ機能の全てを把握していませんが図形を貼り付けたり、グラフを作成したりは勿論のことスライドの背景に音楽をつけることができたり、書き込んだ文字や図形にアニメーションをつけることだってできます。すごく機能にこだわったものでなければ、本当になんでもできます。

 PowerPointユーザーが多い

PowerPointはユーザーが多いといわれています。では何故ユーザーが多いことが長所かというと、PowerPointのファイルをやりとりしている時に不具合がないからです。社内ではPowerPointユーザーの方が圧倒的に多いのですが、私や一部の社員はKeynoteを使用しています。WindowsとMacの間でプレゼンテーションのデータをやり取りをしていたのですが、WindowsからMacにきた途端レイアウトが崩れてしまいます。逆もまたしかりでした。この時、Keynoteの使用は諦めようと思いました。

 操作がしづらい

Keynoteを使用して思ったことですが、圧倒的に操作ではKeynoteの方が上です。入れたい画像、入れたいアニメーション、入れたいテンプレート、そのどれもが使いたい時に使いたい場所にあります。とりわけPowerPointの操作がしづらい訳ではないです。ショートカットキーを覚えている人なら早いかもしれませんが、いちいち操作をする時にヘッド部分にあるタブまでカーソル持っていくのが結構手間に感じてしまいます。

 コストが高い

単品購入するといくらなのか調べたところ、15,984円でした。Office関係は結構値段がはるとは思いましたが、予想的中です。PowerPoint単品の購入を考えるとKeynoteで十分かなと思いました。

 Keynoteの長所・短所

綺麗なスライドが作成できる

PowerPointデータと比べるとその差は歴然です。Keynoteはテンプレートなども含めてデザインの美しさを重視しているので、簡単なスライドであっても美しい作品が出来上がります。またアニメーションを得意としているソフトで、アニメーションのアクションはPowerPointにはない細かい設定があります。今回オープニングムービーを作る際にいろいろな指南動画を見ましたが、どれも綺麗で引き込まれるような作品ばかりでした。PowerPointからKeynoteへ変えた人の中には、アニメーションを作りたいがゆえに変えた人もいるようです。

 コストパフォーマンスが良い

先ほどPowerPointは高いと述べましたが、Keynoteは2,000円です。2,000円でPowerPointとほぼ同じ機能が使用できます。コストパフォーマンスが素晴らしくいいなと思いました。

 スマホでの操作が可能

最近になって気づいたことですが、iphoneにKeynoteのアプリがリリースしています。機能などを見ているとすごく便利で、iphoneやタブレットでもスライドの作成が可能で、発表時に無線操作が可能です。またレーザーポインターの役割まで担っている優れものです。PowerPointの場合手で持つもので赤色レーザーポインターが主流かと思いますが、ブレが生じたり照準に合わせるまでゆらゆらしていることがありますが、アプリのポインターの場合、描画ツールで線を書きながらスライドに表示させるので安定しています。

描画ツールでは線だけではなく文字なども書くことができますので、使い方の幅が広がります。今では到達距離が長く簡単なボタン操作でスライドが変えられる高機能なプレゼンテーションマウスなども販売されていますが、Keynoteのアプリがあればこと足ります。

 資料として印刷は向いていない

印刷にはすごく弱いです。もともと綺麗なスライドをディスプレイで見てもらうといったプレゼンテーション向きのソフトなので、印刷はうまくできないことが多いみたいです。画面遷移の際にスライドとスライドの間に効果をつけているので資料として配布したりするのであれば、やはりPowerPointの方が優秀です。日本では資料など紙媒体を配布する企業が多いのでPowerPointがまだまだ根強いですね。

 PowerPointとの互換性悪い

拡張子.pptxをKeynoteでも使用できるとはいってもやはりレイアウト崩れがすごいので、あまりWindowsの方とのやり取りはPowerPointのほうがいいです。また複数人で作業するのであれば断然ユーザーの多いPowerPointを使用するべきだと思います。

 結局どっちがいいのか?

結論ですが、どちらも得意としているプレゼンテーションの場面がありますので、適材適所使い分けが大事だと思います。資料が必要な学校の授業や会社でのプレゼンテーションであれば、PowerPointを使用し、講演などの見せる場であればKeynoteを使用するようにしていければと思いますが、私自身プレゼンをするような機会もありませんし、今のところ内臓されているKeynoteで十分ではないかと考えています。

今回プレゼン資料を作成した際PowerPointを使用しましたが、BGMを触った時にスライドごとに音楽が添付できたり、開始秒数を指定できたりかなり細かい設定ができたのに反し、Keynoteでは音楽は添付できるもののスライドごとに変更ができなかったりなど細かい設定がまだまだPowerPointに追いつけていないので、今後のPowerPointとの互換性と同じような設定を期待したいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

Y.Urushizaki

1日を100%全力で生きるをモットーに毎日すごしています。幸せだなと思う瞬間は仕事終わりに「今日も頑張った」と思いながら駐車場まで歩く時と、近所の野良猫と遊んでいる時です。最近自覚したことは周囲も驚くほどの雨女だったことで、過去に行ったテーマパーク(ディズニー・ユニバ・富士急・ナガスパ)はほとんど雨の思い出がしかありません。たまにテーマパークで晴れると自分より強い晴れ男・晴れ女が存在する事実に少しテンションがあがります。

筆者が最近執筆した記事