Googleマップ検索上位表示を狙え!!

みなさん、こんなやり取りを外食する時にお友達としたことはありませんか?

SNSでのランチお誘いのやり取り

例えば、SNSでのやり取りで

A子「疲れてきたぞー。そろそろ集合。ランチいこーよ」
B江「ホントだ!私もだよ。そろそろ出番よね。ランチどこ行こ?」
A子「ゆっくり話したいから、個室かお座敷とかいいよね?」
B江「賛成やの。こんなメンタルの時は、ほっこりしたいけどこってりがいい!!」
A子「なになに?笑ほっこりだけど、こってりって…笑 こってりって、例えば?」
B江「イタリアンで合ってる?パスタかピッザとか!」
A子「まとめると座敷でパスタってことね?そんな理想のお店あるの?こりゃノーマークだな。」
B江「んでは、ググってみましょ。」
A子「そーしましょ。りょ。」
B江「んで、ねえ?どうやって調べるの?」

お店探しに大活躍のGoogleマップ

こんな時にありがたいのがGoogleマップです。

Googleマップでお店を探すと検索上位に出てくる仕組みってご存知でしょうか?

その方法についてお話していきます。

MEOとは

MEOとは、Map Engine Optimizationのことで、「Googleマップ検索エンジン最適化」のことです。

例えば、

「福井市+カフェ」

と入力して検索した場合、今いる自分の場所から近くの福井市のカフェが検索されます。

地図で自分の居場所がわかり、その近辺のお店がピックアップさせます。
そのピックアップ方法が今の話のMEO対策でかわります。

他のお店がMEO対策をまだ取り入れていれておらず

みんなが知らない、わかんない、大変そうと

後回しにしている間にMEO対策で集客数は首位独走狙いです!

ちゃっかり検索される時に上位表示され、いつでも目にとまりやすい状態になり、アクセス数をグングン増やして、集客数を増やしてもらうにはもってこいの方法です。

MEO対策の方法

それでは、その方法をお伝えします。

1.Googleマイビジネスと検索してみてください

GoogleプレイスもGoogle+もいままで通り存在はしています。

Googleマイビジネスのメリットとしては、

管理画面が統合化され、管理しやすくなったこと。
そして、機能が追加されたことです。

その機能としては、アナリティクス、Youtube、アドワーズ、などのGoogle以外の身近なサービスと連動してPRができます。
今の私の生活を思い返してみると、ゆっくりテレビを観ている時間は一日のうち本当にわずかです。

しかも集中してみれていません。
このような生活をされている方は多いのではないでしょうか。

そんなみなさんの情報収集の場はやはりインターネットです。
どこでもフリースタイルでユーザーのタイミングで見れる、そして、共有ができるインターネットからの集客では、欠かせない存在になること間違いなしです。

2.Googleマイビジネスで、Googleプレイスの登録を済ませましょう

この時に必ず、間違いない情報を登録しましょう。
ホームページをより沢山の人にみてもらうために行うので、ホームページの見直しをすることもおすすめします。

そこで見直した、正確な情報として住所、電話番号、ホームページのURLを登録してください。
せっかく「気になるから、ホームページみてみよ」とホームページを開いてくれても、ホームページの内容をみて「なんだかよくわかんないな …」と思ってしまうと、そのホームページの滞在時間が数秒で離れることになってしまいます。

滞在時間とは

ユーザーがどれだけ積極的にサイトやホームページをみていたかという時間です。
この滞在時間を参考に検索ロボットエンジンが、検索された際、上位表示されるホームページの優先順位を決めるポイントにしてます。

関連おすすめ記事はコチラ

無料で宣伝できちゃうGoogle+ローカルページ

コツコツ育てて活用!Google+ブランドページ

3.サイテーションを取り入れよう

サイテーション(citation)とは、「引用・言及」を意味していてMEOでのサイテーションという意味は、【お店の情報がどれだけインターネット上で取り上げてもらえるか】ということです。
これはポイントです。

あなたのお店の情報をインターネット上でピックアップしてもらえるようにしましょう。

自分でFacebook・Twitter・ブログなどに情報を記載してもOKです。
その時の鉄則としては店名・住所・電話番号この3つを必ず同じ書き方にしましょう。

4.口コミ(レビュー)を書いてもらう

口コミまで力をいれていないお店は多いです。
口コミ(レビュー)をしてもらえることで検索上位表示を狙える可能性がぐぐーんと上がります。
口コミ(レビュー)を書いてもらえるようにクーポンや特典をプレゼントなどの工夫は大切です。

コレは私の実話に基づいております。

お子さんが小さくて時間の自由がきかなかったり、
仕事と家庭に追われて、
友達とのフリートークが
何よりの息抜きになることってありますよね。

そんな時の友達とのランチタイムや、ほっこりできるカフェタイムは本当に大切な時間なんです。

育ママ、ノンママ、ワーママ、全てに共通しているのが、

「日々、戦っているサバイバーであり、自分の時間が足りない。素に戻れる友達と会う時間が何よりの充電できる時間。」

このような価値観の方は結構多いんではないでしょうか。
このくらい大切な時間で、忙しい時間をやりくりしてお友達と会うわけですから、できるだけ、お互いのイメージに沿ったお店を選びたいし、食べたいと願っていたものを頂きたいですよね。ただなんせ忙しい!!手があかない!!

本当は、女友達とゆっくりガールズトークをするには、自分が一度行って、

「ここは店の雰囲気も素敵だし、立地条件もナイス!ご飯も美味しい!そして何より子供が脱走しない環境!はい!ここお気に入り認定!」と

下調べして行きたいものですが、なかなかそんな余裕もないのが女の実情です。

お店が閉店してランチの営業時間ではない時間帯(夜10時くらいのやっとの一人の時間)ググってみるようになります。

こんな時にさてなんて、検索かけたらいいんやろ?と思ったりします。

そして検索で出てきたお店の情報がとってもわかりやすく親切丁寧であったり、口コミレビューがあったり、美味しそうなメニューだったり、お店に行ったかのようにお店の雰囲気が把握できたら本当にありがたいです。

というのも理由があって、

ちびっ子連れランチの場合

一番わかりやすそうな赤ちゃんと一緒のランチの場合でお話します。
ちびっ子連れのランチは実は大変な事がちょこちょこあります。

ちびっ子連れのランチ会を決める際に、よく出てくるママさんの会話をご紹介します。

「ランチで子供達が食べれるメニューあるのかなー」
「オムツ替えできるのかな?」
「スペース無いなら車でオムツ替えするようになるから駐車場の場所近いのかな」
「近くに公園とかあったら、ランチ終わった後子供達も遊べるから楽しめるよね」
「テイクアウトできるなら公園でランチも素敵」
「待ち時間がある感じならぐずり予防対策のおもちゃ必要だな」
「子供達が脱走しないようなお店の作りなら友達とも目をみて会話出来る時間増えるよね」
「ベビーカーで入れるパターンか抱っこ紐パターンかで荷物がかわるよね」
「コレはたまには我が子を預けて、一人で友達と会いたいお店だなー、それなら子供たちが泣かずに待ってれるように段取りし直さなきゃ」
「このお店の場所とランチの営業日と営業時間なら、何時に家出ればいいんだろ、Googleマップでみると25分」
「お昼寝の時間と寝付き前のぐずりを考えると、家にいる間にあれしてこれして、、、」

お店の情報を知りたい理由

抱っこする子供の体重は約10キロ、子供の荷物を入れたバッグもけして軽くはありません。
抱っこで荷物持ったら10キロ軽く超えてしまいます。

そんな状態で行動するママさん達にしてみたら、Googleマップで上位に出てきて、キーワード検索もヒットしやすく、お店の状況が分かりやすくのっていたらどれほどありがたいでしょうか。
身軽な状態ではない為、検索キーワードすらも微妙で、ランキングが下のものから見て行こうなんて心の余裕なんてありません。

Googleマップ上位検索狙いでママを味方に付けろ!!

上記のような状態でいるママさんが、検索して上位に出てきたお店が、お店の雰囲気もご飯も子供達も満足なら、あっという間にそのお店の話は、SNSでママ友達に拡散されるでしょう。

大変な思いをして勝ち取った最高の時間は、悩めるママさん達にも伝えたくて、美味しかった、楽しかったとプラスに感じた時間として記憶され、子供たちの可愛いお店での写真の数々は、
アイキャッチ効果絶大で、素敵なわかりやすいキャッチフレーズと共に、Facebook・Twitter・Instagramにアップされます。

それをみたママ友達は私も行きたい!とサイトをURL添付して、SNSで作戦を練り、ランチ会を決行します。
そんな子連れママ達がランチでまたプラスなイメージだった場合、自分の友達や家族みんなを連れて行きたくなります。
こうやって拡散が広まっていきます。

赤ちゃん連れでも楽しめたお店は便利性がわかりやすいため、お店を知らない方にも自分が良いと思ったポイントや、お店のPRを情報として伝えやすいです。

まとめ

Googleマップ上位検索のためのMEO対策は面倒に思う方も多いと思います。しかし今が頑張り時かと思います。

最後にご挨拶

WEB用語に全然詳しくない方にも、イメージがつきやすいように、私達の日常会話を交えて説明を進めさせていただきました。
少しでも、こちらのブログを読んでMEOとは何かと興味を持っていただけたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加