マッチタイプの特徴と最適化

リスティング広告で一番大切なものは何だと思いますか?
個人的にキーワードが一番重要だと思っています。
しかし、キーワードをただ入札すればいいというわけではありません。
このキーワードを予算の範囲内で最大限に引き上げるのに重要になってくるのが「マッチタイプ」なのです。

マッチタイプとは

登録したキーワードと近い語句やフレーズで検索された際に、どれだけ幅広く広告を表示するかを決めるための設定です。

ぱっと見何を言っているんだ?と思うい人もいるかもしれません。
しかし、「完全一致」「部分一致」「フレーズ一致」などの名称をきいたことある人はいるかと思います。
これらは、マッチタイプの種類のひとつです。

完全一致なら、入稿したキーワードと検索されたキーワードが完全に一致しないと広告表示がされません。
しかし部分一致なら、様々な組み合わせや類語、関連語による検索結果にも広告が表示されます。

マッチタイプを活用すれば、同じキーワードでも広告表示のパターンをさまざまに変えていくことができます。

マッチタイプの設定は、広告の効果に大きな影響を及ぼします。
クリック課金のリスティング広告ではクリックされるごとに費用がかかるので、無差別に広告表示をしてしまうと予算が一気に無くなってしまいます。
しかし、キーワードひとつひとつにマッチタイプ設定することで、無駄な費用を抑えられます。

マッチタイプの種類

マッチタイプには次の4つがあります。

・完全一致
・フレーズ一致
・絞り込み部分一致
・部分一致

これらのマッチタイプを使い分けることによって広告の効果が上がると思われます。

完全一致

完全一致とは、登録したキーワードとユーザーが検索したキーワードが一致したときのみに広告を配信してくれる設定です。

例えば、
例1 「居酒屋」と完全一致で登録した場合
検索キーワード:「居酒屋」⇒表示される
検索キーワード:「居酒屋 メニュー」⇒表示されない

例2 「居酒屋 安い」と完全一致で登録した場合
検索キーワード:「居酒屋 安い」⇒表示される
検索キーワード:「安い 居酒屋」⇒表示されない

「居酒屋 安い」などの複合ワードを完全一致で登録する際に注意したいのは、語順が変わると広告が表示されないという点です。
先ほどの例の「安い 居酒屋」でも表示させる場合は「安い 居酒屋」のキーワードの登録を行う必要があります。
また、表記のゆれや一部の類似パターンの検索語句、誤字でも表示されることがあります。

フレーズ一致

フレーズ一致とは、登録したキーワードと同じ語順の検索語句で、広告が掲載対象となります。

登録したキーワードに対してのみ広告が表示されるのが完全一致ですが、フレーズ一致の場合は、
登録した語句の前後に別の語句が追加されたとしても広告を表示されます。
しかし、登録キーワードが複合語であった場合、語順が変わると広告表示はされません。

例1: 「居酒屋 おすすめ」とフレーズ一致で登録した場合
検索キーワード:「安い 居酒屋 おすすめ」⇒表示される
検索キーワード:「おすすめ 居酒屋 安い」⇒表示されない
検索キーワード:「おすすめ 安い 居酒屋」⇒表示されない

絞り込み部分一致

絞り込み部分一致とは、登録したキーワードが検索語句に含まれる場合に(順序は問わず)、広告が掲載対象となります。
登録したキーワードの表記ゆれも掲載対象となりますが、類義語は掲載対象になりません。

例1: 「居酒屋 おすすめ」と絞り込み部分一致で登録した場合
検索キーワード:「安い 居酒屋 おすすめ」⇒表示される
検索キーワード:「おすすめ 居酒屋 安い」⇒表示される
検索キーワード:「おすすめ 安い 居酒屋」⇒表示される

部分一致

部分一致とは、誤字、送り仮名の違い、多少の言葉のゆれ、関連性のある語句なども広告掲載の対象となります。

例1: 「居酒屋」と部分一致で登録した場合
検索キーワード:「居酒屋」⇒表示される
検索キーワード:「居酒屋 メニュー」⇒表示される
検索キーワード:「メニュー 居酒屋」⇒表示される
検索キーワード:「飲み屋」⇒表示される

ここで一番注目しすべきは、一番下の「飲み屋」というキーワードです。
部分一致では、このように登録した語句が入っていない場合でも、広告が表示される可能性があります。
「飲み屋」という検索クエリが「居酒屋の類義語」だと検索エンジンが判断すれば、この検索キーワードに対して広告が表示されることがあるのです。

関連性の判断は検索エンジンが判断するので、部分一致は幅広く広告掲載ができるというメリットがある反面、コントロールしにくいというデメリットもあります。

マッチタイプの関係性

マッチタイプの力関係としては
完全一致
フレーズ一致
絞り込み部分一致
部分一致
の順番で力関係が強くなっています。

部分一致の活用

例えば、新しいキーワードを発掘する際は部分一致でキーワードを入稿してみるといいと思われます。
想定していなかったキーワードなどが見つかる可能性があります。

ただ一つ注意をしなければならないのは意図していない語句が含まれる可能性があるということです。

「居酒屋」だけでもキャバクラやホストクラブなど恐らく意図していなかったキーワードでも広告が出てしまう可能性があります。

絞り込み部分一致の活用

先ほどの部分一致のように、意図ないキーワードが含まれることがないので費用を抑えながら、求めるキーワードで柔軟に対応することが出来ます。
広告を配信していて費用を使いすぎているなと感じるときは、除外キーワードで対処するのも良いですが、絞り込み部分一致を新しく登録しなおすのもいいかもしれません。

フレーズ一致の活用

フレーズ一致使用するこで複合キーワードまで補うことが可能です。
予算が限られていてターゲットをがっつり絞りたいときにもおすすめ。

2語以上の掛け合わせの場合、語順が逆になると表示されなくなってしまいます。
語順が変わっても広告を配信したい場合は、逆掛け合わせのキーワードの登録も忘れずに行いましょう。

完全一致の活用

狙ったキーワードで確実に広告を配信したいときには、完全一致でキーワードを登録します。

こちらも、2語以上の掛け合わせの場合、逆掛け合わせのキーワードの登録も忘れずに行いましょう。

まとめ

最後に、各マッチタイプの設定をまとめです。
先ほどの力関係を理解して入札単価を設定していくとさらに広告の効果が高くなります。

そのためにも各マッチタイプの特徴をしっかりと把握し、どのようなキーワードを登録するか
また、どのマッチタイプで運用する戦略を立てると面白いと思います。

キーワードで思うような結果が出ていない場合マッチタイプを変更してみてもいいと思われます。

最後ですが簡単にですが入稿方法を表にまとめました。

characteristics-and-optimization-of-match-type

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

R.Kato

Bigmac inc. マーケティング事業部 所属。2016年8月入社。マーケティング事業部の頭脳と呼ばれる切れ者。分からない事についてはとにかく自分で調査し、実践に移せる行動力を持っているので、周りからの信頼も厚く、とても頼られる存在。オーダーメイドで30万円以上の特注イヤホンを作ってしまうほどのポータブルオーディオ好き。その他オーディオ機器についても詳しく、休みの日には動画編集や音源編集などに没頭中。

筆者が最近執筆した記事