LINEビジネスコネクトがなぜユーザーに響くのか。

記事公開日:2016.02.01

最終更新日:2017.09.05

348 PV

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

LINEビジネスコネクト、ご存知ですか?

LINEビジネスコネクトとは?

そもそもまずLINEですが、これはもう今では超有名なコミュニケーションアプリですね。現在では、LINEの中で送受信されている1日のメッセージ数は、130億通だとか。すごいです。その膨大な通信を支えるLINEが提供する、LINEビジネスコネクト。

LINEビジネスコネクトは、LINE側のシステムと、ビジネスコネクトを利用する利用企業のシステム間において、APIでメッセージ等のデータを送受信し、企業とユーザーが双方向でコミュニケーションをとることが出来るサービスです。

LINEビジネスコネクトで売上1億円を突破する企業も

最近話題になった企業さんの例では、ドミノピザを運営する、ドミノピザジャパンさんが、LINEビジネスコネクトを利用開始し、公開から4か月間で累計売上が1億円を突破したそうです。すごい!

ドミノピザさんでは、スマホに搭載されているGPSを活用し、住所入力不要でピザを配達してくれるそうです。

タクシー会社さんのアプリで、詳しい場所が説明できなくてもGPSでタクシーを呼べる配車システムは便利だなーと思いましたが、ピザのデリバリーでも似たようなことができるとは驚きです。

さすがに自宅の住所が分からない人はそうそういなさそうですが、お花見シーズンなど、しっかりとした住所が特定できない河川敷などでも配達が可能なら、宴会需要にバッチリかと思います。

なぜユーザーに響くのか?

先日投稿させて頂いたブログ(SNSの影響力)でも記載させて頂きましたが、LINEの国内ユーザーは3,500万人を超えております。

WEBで広告を展開するとき、Google、Yahoo、facebook、Instagramなど、チャネルは数々ありますが、ユーザーと直接やりとりすることが最適なサービスの場合、LINEビジネスコネクトを活用することで、さらに広告の効果を高めることができそうです。

ピザ注文にしろ、タクシー配車にしろ、成功のポイントとしては、「簡単にした」ことだと思います。

ピザの注文なら、
・電話をかける必要がない
・住所を入力する必要がない
・LINE上で決済することも可能なので、現金を用意する必要がない
・手元にメニューがなくても「友達リスト」から簡単にメニューを見れる

タクシーの配車も同じく、
・電話をかけなくてよい
・詳しい場所を伝える必要がない

といった「今までの当り前」が「簡単」になったことが、ユーザーに響いたのだと思います。

LINEビジネスコネクトに限らず、ECサイトなど、Bigmacで制作させて頂いているホームページでも、ユーザーが申込完了や資料請求など、成約までの導線を簡単にすることは、サイト運営を成功させる上でとても重要なポイントなので、できる限り「簡単にすること」を意識したいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます^^

このエントリーをはてなブックマークに追加