Webで企業が人材確保のために行う施策

記事公開日:2018.04.04

最終更新日:2018.04.05

613 PV

就職活動を行う学生や新しい環境を求める転職者をはじめとして、人材確保で悩む企業・会社の両方の立場において「採用に関する課題」は尽きません。今回の記事は、求人募集に関する悩みを解消していくためのノウハウをまとめました。

 

求職者が参考にする採用情報事例

現在あなたが働いている職場や、これから採用応募を行う企業情報はどのように知りましたか?情報を探す前から企業の事を知っていた場合を除き、希望する雇用条件から就職候補先を探し当てるケースが多いです。実際に求人情報を探す際に、利用する媒体と情報収集先を下記にまとめました。

・求人誌の掲載内容

・ハローワークからの情報

・人材紹介、人材派遣

・大学、学校からの紹介

・企業セミナー、合同説明会

・知人、周りの人からの紹介

・マイナビやリクナビなど就職サイト

・会社ホームページやSNS

無料で活用できる媒体も含めて複数のメディアや情報メディアを活用することで、関心ある企業の情報を様々な角度から集めるような時代に変化してきました。大手企業や小規模事業者問わず、限られた時間の中で、どのように自社の情報発信を行い、人材確保のために求職者に対して、プラスとなる企業イメージを築いていけるかが重要となります。

人材確保の為に企業が狙うターゲットと希望する人物像

企業が採用情報を各メディア媒体に掲載する中で、先々の人材育成を前提として「新卒採用」が目標なのか。過去の職場で学んだ技術・能力や、社会経験スキルを積んだ、即戦力となり得る「中途採用」。人手不足を一時的に解消させる「アルバイト・パート」の募集がしたいのか。

採用担当者が募集したい人物(ターゲット)が、どのような情報メディアを参考にするかは判断が難しいです。「広告を見ると思われる」「ターゲットに情報が届きやすい」という、あくまで広告主側としての予想がベースとなるためです。

専門的な知識を持った、ある程度の経験者が欲しい場合には、学校に求人を出していても効果は薄いでしょう。採用応募だけではなく広告の一貫として「ターゲット」「人物像」をはっきりイメージし、ターゲットにマッチしたプロモーションを考えていかなければいけません。

スマホユーザーを狙う事で若年層の獲得に繋がる

「若手」と言われる20代や30代の人材を求める企業が多いです。求める20代から30代のほとんどの層がスマートフォンを所持し、インターネットを利用していると考えることができる世代だからこそ、WEB媒体の活用は欠かせません。

求人サイトを見ていて気になった会社があれば、企業ホームページに訪問し情報を手軽に集めることができます。またスマホのアプリケーションでも、タウンワークやIndeedといった求人アプリが公開されている事を踏まえ、スマホユーザーを狙ったWebの施策を行うことで、精度のより高いターゲティングを行えると考えられます。

採用情報を掲載する媒体がネット上に移行しつつある現状

若者だけではなく、人事担当者自身がネット社会に触れている事から「採用手段とネット上での接点を切り離してはいけない」という認識が従来よりも強く定着し始めている傾向が感じられます。数年前まで紙媒体をメインとして採用活動を行っていた広告主もネットへの進出が多く見られます。

求職者が企業に対して採用応募を行う時も、「お問い合わせフォーム」を通じて企業へメールを送ることができ、企業側も24時間応募を受け付けることができる利便性からも、Webが人材確保のために活用される一つの理由として考えられます。

自社のWEBサイトに掲載されている情報量の見直し

採用情報を探しに来ているユーザーが自社のホームページや採用特集ページを見た時。現状公開されているサイトから、事業や福利厚生、就業支援及び研修体制や制度等の情報をどれだけ確認することができるか。またどれだけ情報を得やすいホームページであるかを見直してみましょう。

「求人採用専用ページ」を用意しているからといって、ユーザーが本当に情報を得やすいページであるとは限りません。サイト閲覧時の利便性であったり、ページを跨いで情報が掲載されている、もしくは掲載情報量が少ない等の改善すべき点が多い状態では、ユーザーをどれ程Web上で集めても実際の応募には繋がりにくいです。第三者の視点を持ち、既存で公開しているホームページも改善すべき点や修正箇所がないか、今一度振り返ってみましょう。

 

ユーザーの関心を狙った採用情報の種類

就業体制や募集職種を掲載するだけではなく、応募者への動機付けを狙ったコンテンツ事例の掲載をおすすめとします。例を挙げると、実際の社内風景や従業員(労働者)からの声や写真。採用Q&Aであったり、経営者・事業主から応募者に向けたメッセージを記載する場合があります。

インターネットにおいての採用情報を発信することの必要性

ホームページやSNS上で発信されている企業情報が無い時、採用応募先として他社との比較対象からも外される可能性が大きくなります。人事が求職者を判断することと同じように、求職者からも企業は判断される側にあります。様々なメディアや発信する情報を精査し、採用者から企業に対する「期待」を超えていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

T.Tanaka

Bigmac営業部所属2016年8月入社。前職でWebに携わる方と出会ったことで、Web業界への興味が強くなったことをキッカケにBigmacへ入社。様々な業種やビジネスモデルに触れる機会が多く、毎日が勉強の日々。趣味は映画鑑賞(DVDより映画館派)。話題の作品だけではなく、自分が気になった映画はとりあえず見に行くような週末を過ごしています。お気に入りの映画やオススメの作品があれば、ぜひ教えてください。

筆者が最近執筆した記事