動画広告の基礎と活用法!

急速にシェアを伸ばしている動画広告。スマホやSNSの普及により目に触れる機会が増えてきています。静止画とは違った角度で一度に様々な情報を伝えることができる為、購買意欲を高めたり知名度UPのため積極的に使用する企業も増えてきています。

動画広告の今

今までの動画広告はyoutubeなどの動画サイトのみの配信でしたが、今ではFacebookやtwitter、Instagramなどのソーシャルメディアでも配信されるようになりました。

他の広告と比較した特徴

動画広告は、検索連動型広告やディスプレイ広告といったインターネット広告の中の一つですが、テレビコマーシャルと同じ「映像」を使用している新しい広告の手段と言えます。動画広告を活用するにあたり、今あるインターネット広告やテレビコマーシャルと比較した特徴や違いを明確に理解しておく必要があります。

動画広告と検索連動型広告やディスプレイ広告を比較した際の一番の違いは、情報量の多さです。検索連動型広告やディスプレイ広告はテキスト、画像に限られているためある程度で表現の幅に限界がきます。動画広告では音楽、言葉(セリフ)、演技・演出、時間など、広告を構成する要素が格段に増えるのでバリエーションが無限に広がります。

一方で動画広告は内容次第で効果も大きく変わるのでリスティング広告よりもクリエイティブな部分の重要性が高くなるとも言えます。

テレビCMと動画広告の違いは大きく分けると2つあります。

ユーザーの行動により視聴される

動画広告を見るデバイス(パソコン、スマートフォンなど)はユーザーが自分で行動(検索、クリックなど)を起こして利用するものだという事です。テレビは、情報を一方的に受けとる形で見られる傾向があるのに対して、パソコンやスマートフォンはユーザーが常に自分に必要な情報かどうかを精査しながら利用しています。

つまり、ユーザーに「選んでもらう」必要があります。

いらない情報はスキップできる

多くの動画広告は「スキップ」が可能なところです。テレビコマーシャルは番組の途中に流れるため、番組の続きを見るにはコマーシャルを見る必要がでてきます。対して大抵の動画広告の場合は、「スキップボタン」が付いていることが多くスクロールして飛ばす、無視する様な行動が可能になります。だからこそ、動画広告にはユーザーにインパクトを与え、「おもしろい!」と感じてもらうことがとても重要になります。

意識する3つのポイント

上記のこともあり、動画広告の作成時に重要となるポイントがユーザーの数、ターゲティング、運用の管理です。

ユーザーの数

動画広告をどれだけ多くのユーザーに表示することができるのか、というところが重要になるため、大きな理由がなければ、まずはユーザー数の多いメディアから始めてみることをおすすめします。

ターゲティング

動画広告を配信するユーザーを絞り込んだ条件で設定することで、広告を見てほしいユーザーに対して効率よく配信することができます。地域や年齢、男性か女性かなど細かくターゲティングできることがマス広告(テレビ・ラジオなど)との違いを出せる一つです。

運用の管理

「運用」という考え方も、マス広告にはない違いの一つです。どんなユーザーに、どのくらいの回数で表示をするのか、ということを毎日の運用の中で改善や軌道修正していくことができるというのも動画広告のメリットと言えます。

動画広告の出稿面

インストリーム広告

youtubeなどの動画サイトで動画の本編の前後などに差し込まれる広告です。動画本の前に流れる広告を「プレロール広告」と言い、プレロール広告は、「スキッパブル(スキップ可能)」なもの、「アンスキッパブル(スキップ不可)」なものの2種類あります。

インバナー広告

インバナー広告とは、Webサイト上に設置されているディスプレイバナー広告が表示される枠に、画像に代わり動画を配信する広告です。動画サイトの利用が少ないユーザーにもディスプレイ広告と同じように配信することができます。バナー広告を見慣れすぎているユーザーが増えてきていると言われているので動画の演出によってユーザーの興味・関心を呼び起こすことに繋がります。

インリード広告

インリード広告は、Webサイトの記事の中にある広告枠に配信できる広告です。インバナー広告は、動画広告が画面上に表示されていなくても動画が再生されますが、インリード広告は動画を初めから見てもらうことができるので他のフォーマットよりも視聴してもらいやすく、質の高いユーザーへ訴求できる、とも言われています。

インフィード広告

インフィード広告は、ソーシャルメディアなどのタイムライン上で、投稿と投稿の間に差し込まれ配信される広告です。初めからユーザーの年齢・性別や興味・関心などを把握できるので効率的にターゲット層を絞った広告の配信ができます。また、通常の投稿に混ざるようにして配信されるため、ユーザーに広告感を感じさせにくい特徴があります。視聴のスキップも、スクロールするだけと簡単なので邪魔にもなりにくいです。

広告配信者側にとっては、スクロールされるまでのその一瞬の間にユーザーにインパクトを与えるなどの工夫が必要になってきます。

動画広告の主要メディアと活用法

youtube

世界最大の動画サイトです。特に若年層の視聴時間が年々増えています。課金への判断基準が他の広告媒体と比べると厳しく設けられており、視聴者が自発的に広告を見ている姿勢が見えた時に課金されるようなシステムとなっているので、広告自体に興味を示さない人に対する広告費用が発生しにく特徴があります。

広告フォーマット:インストリーム広告

課金のタイミング:30秒間再生された時点で課金されます。

(30秒未満の動画広告の場合は、その動画を見終えたタイミングでの課金となります。)

ターゲティング:検索、閲覧しているサイト・動画などのユーザーの行動した履歴を元にターゲティングすることができます。

Facebook

近年、Facebookも動画広告に力をいれています。他のソーシャルメディアと比べFacebook利用ユーザーの年齢層が高いので、30代から40代へのリーチが期待できます。Facebookページがあれば動画広告を出稿できます。

広告フォーマット:インフィード広告

課金のタイミング:動画広告が表示された時点で課金されます。

ターゲティング:Facebookに登録されている情報を元にターゲット設定ができるため、主要メディアの中でも断トツで精度の高いターゲティングが可能です。

Twitter

Facebookと同じく、ソーシャルメディアの代表のひとつで、日本ではFacebookよりもアクティブ率(活発に、日常的に利用している人)が高い傾向にあります。特に、10代の利用率が高いのも特徴です。

広告フォーマット:インフィード広告

課金のタイミング:動画が再生された時点で課金されます。

ターゲティング:ツイートの内容や、Twitter内で行動した履歴を元にターゲティングできます。

ソーシャルメディアでは、「シェアする」という文化が根付いてきているので上手に利用すれば一般の企業や店舗の広告でも拡散効果を得ることができると思います。

アドネットワーク

アドネットワークとは、ニコニコ動画やDailymotionなど動画プラットフォームや、さまざまなメディアの広告掲載枠を束ねたもののことです。最大のメリットは、動画広告をSNSやyoutube以外のメディアやプラットフォームに掲載できることです。

まとめ

動画広告にもたくさんの出稿面があります。海外ではVR(バーチャルリアリティ)の動画広告が出てきていたりと今後も様々な動画広告の配信が可能になってくると思います。また、入札単価もリスティング広告などに比べる非常に安価で設定することができるため業界・業種によっては非常に高い費用対効果がだせることもあります。動画広告の特性を活かして効果的な広告出稿の参考していただければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

C.Kurizuka

Bigmac inc. マーケティング事業部 所属。2016年9月入社。 マーケティング事業部一番の盛り上げ隊長。前職が営業職という事もあり、お客様に対する対応を得意とする。美容に関しての知識に明るく、永遠の20才を目標に常に「美」を意識している美容マニア。休みの日の過ごし方は、音楽フェスに参加することで日頃のストレスを発散したあと、帰りに大好きなお肉を必ず食べて帰る。洋楽が大好きな割には英語に弱い。

筆者が最近執筆した記事

この記事と同じカテゴリ記事

    関連アイテムはまだありません。