広告表示オプションで目立つ広告作り

広告表示オプションとは、通常の検索連動広告にプラスで表示させることが出来るものです。

例えば「旅行」と調べると

上記画像のように表示されます。
青枠が広告で赤枠で囲まれ物が、広告表示オプションです。これを設定すると情報量を2倍以上増やすことが出来ると言われています。そして、広告表示オプションがあるのとないのでは広告の占有面積がこんなにも違いうので目立つのでクリック率は上昇すると言われています。

広告表示オプションのメリット

検索連動型広告の広告文は基本的に文字数制限が決まっています。
しかし、それぞれの検索語句においてユーザーが求めているものは異なり、「物がほしい、住所を知りたい、電話をかけたい、アプリをダウンロードしたい」など様々な需要が存在していると思われます。このような、自身のサービスを利用してくれるユーザーが求めているアクションに対して広告をカスタマイズすることができるのが広告表示オプションのいいところです。

例えばECサイトなどは、TOPページへのリンクだけでなく下層にあるサービス・商品一覧などのリンク先URLを設定すれば、検索した利用者の目的に合わせたページへ直接飛ばすことにより、コンバージョン率の向上を見込むことができます。そして、それ以外にも広告表示オプションを設定するメリットとしては先ほどの広告枠における占有面積の拡大があります。広告ランクによって占有面積の拡大幅は様々ですが、競合との広告との差別化に有効な手段の1つです。

広告表示オプションの種類

広告表示オプションにも複数の種類がありこれらを組み合わせることよって広告の占有面積さらに増やすことが出来ます。

サイトリンク(G)/クリックリンクオプション(Y)

まず、GoogleではサイトリンクといいYahoo!ではクリックリンクオプションといいます。機能的にはほぼ同じなので、今回はサイトリンクで説明させていただきます。

この表示オプションは検索ユーザーが容易に求める情報へアクセスできるようになるものです。例えば店舗サイトだとサイトリンクに「アクセス」のようなものを登録しておけば、広告欄にアクセスという項目が表示され、ユーザーダイレクトにそのページに飛べます。店舗サイトだと、住所を知りたいから調べるという人は多いと思われます。その人たちに訴求できるのですごく便利だと思われます。

そして、サイトリンクのクリック率やコンバージョン率を見比べて、効果の低いサイトリンクは他の物に変えることもできます。なお、サイトリンクは掲載順位が上位の広告にしか表示されないので注意が必要です。

電話番号表示オプション

これは電話での問い合わせに対応しているなら設定しておくといいと思います。スマートフォンでは電話番号表示オプションを設定しておくことで1クリックで電話を掛けることができます。全国展開しているが事業所が一箇所しかない場合や限られた地域にしかない場合は連絡手段に電話を用いることが多くなるので導入をおすすめします。

住所表示オプション

この表示オプションは、Google マイビジネスに登録している住所を広告の掲載結果に表示することができる機能です。そうすることによって広告文の下に住所や経路案内を表示させることが出来ます。

例えば福井市に住んでいて美容室を探そうとするとき、石川県の美容室を予約する方はほぼいないと思います。出来るだけ自宅や今いる場所から近いところを探したいと思うので、住所を確認でき、そのまま電話できるのはユーザーにとっても利便性が高いです。

アプリリンク表示オプション

この表示オプションを設定しておくことによってユーザーはアプリストア(Google PlayやApple App Store)へ移動しアプリをダウンロードすることができます。アプリを販売するのであればアプリストアへの入り口を
検索結果画面に出すことで、はじめからアプリダウンロードを目的としたユーザーを逃すことがなくなるでしょう。

レビュー表示オプション

この表示オプションを設定しておくことによって他サイトに記載されている、自サイト(サービス)への評価を広告として掲載できるオプションです。他の広告表示オプションと異なる点として、レビューのリンククリックをした場合は他サイトへ遷移する点と、審査基準が広告表示オプションの中でも制約が多いという点には注意が必要です。

コールアウト表示オプション(G)/テキスト補足オプション(Y)

これも、Googleではコールアウト表示オプションといいYahoo!ではテキスト補足オプションといいます。機能的にはほぼ同じなので、今回はコールアウト表示オプションで説明させていただきます。

この表示オプションを設定しておくことによって追加の説明文をテキスト広告の説明文の下に追加することができます。広告文本体のテキストには盛り込めなかったメリットやリンク先が重複または特定のリンク先はなくサイトリンクにも追加できない内容を訴求するのに有効です。

構造化スニペット表示オプション

構造化スニペットは「ヘッダー」と「値」で構成されます。ヘッダーは簡単に言うとカテゴリのことで、値はそのラインナップや要素のことです。ヘッダーはあらかじめ用意された13種から選択し、値は任意に設定できます。

選べるヘッダーは

・設備
・ブランド
・講座
・学位プログラム
・旅行先
・おすすめのホテル
・保険の保障内容
・商品タイプ
・周辺地域
・サービス
・番組
・スタイル
・カテゴリ

となっており広告に表示可能なヘッダーは最大2つです。表示されるヘッダーはアルゴリズムによって最適な組み合わせが決まるので、ビジネスに関連するヘッダーをなるべく多く設定することをおすすめします。

メッセージ表示オプション

メッセージ表示オプションとは、広告に表示されたメッセージ表示オプションのアイコンをユーザーがクリックすると、広告主が指定した電話番号に直接テキストメッセージ(SMS)が送られる機能です。

テキストメッセージ(SMS)の送受信が可能な携帯電話を使用しているユーザーにのみ表示される仕様ですので、SMSの送受信が可能な電話番号を登録する必要がありますが、既にLINE@などのメッセージアプリによる顧客サポートを実施している企業には非常に馴染みやすい機能ではないかと思います。

その他オプション

価格表示オプションというものがあり広告文は半角25文字まで設定可能です。

ただし今現在、日本語に対応していないので円表示に対応していない状況です。

広告表示オプションまとめ

まとめとして最低これだけは設定しておけ!というものをあげようと思います。

まずサイトリンク(G)/クリックリンクオプション(Y)に関してはあらゆるサービス・商材のサイトに対しても設定することをおすすめします。この広告表示オプションはユーザーが容易に求める情報へアクセスできるようになるものです。どのようなものでも合わないことはないと思われます。
またコールアウト表示オプション(G)/テキスト補足オプション(Y)もあらゆる業種で使えるので設定をおすすめします。

次に電話番号表示オプションも、電話問い合わせに対応しているなら登録しておきましょう。

最低この3つを登録しておくだけでも広告の占有面積が圧倒的に増えるので是非設定することをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

R.Kato

Bigmac inc. マーケティング事業部 所属。2016年8月入社。マーケティング事業部の頭脳と呼ばれる切れ者。分からない事についてはとにかく自分で調査し、実践に移せる行動力を持っているので、周りからの信頼も厚く、とても頼られる存在。オーダーメイドで30万円以上の特注イヤホンを作ってしまうほどのポータブルオーディオ好き。その他オーディオ機器についても詳しく、休みの日には動画編集や音源編集などに没頭中。

筆者が最近執筆した記事