品質スコアを向上させることによるメリット

Google AdWordsの運用には必ずつきまとう「品質スコア」。Yahoo!プロモーション広告では「品質インデックス」と呼ばれる品質スコアですが、本記事ではメリット等をご紹介したいと思います。

品質スコアとは

品質スコアとは、「広告自体の品質」を評価付ける指標のことです。

各キーワード毎に10段階で表記され、ある3つの要素を元にGoogle(品質インデックスの場合はYahoo!)が決定しているものです。

まずは3つの要素について説明したいと思います。

推定クリック率

「推定クリック率」とは、広告掲載順位を基にしてキーワードの過去の掲載結果を考慮に入れて判断される指標になります。

推定クリック率は「平均より上」「平均値」「平均より下」の3つのステータスにて判断・表記されます。主にステータスでキーワードの必要性を判断するための1つの指標に役立ちます。

広告の関連性

「広告の関連性」とは、広告キーワードと広告文自体がどのくらいマッチしているかを表す指標です。

「平均より上」「平均値」「平均より下」の3つのステータスで判断・表記されます。

あまり成果が上がらない広告を見分けることが出来る指標になります。

ランディングページの利便性

「ランディングページの利便性」とは、広告のリンク先がユーザーにとって利便性の高いものであるかどうかを判断する指標になります。

「平均より上」「平均値」「平均より下」の3つのステータスで判断・表記されます。

「平均より下」のステータス表記が示されている場合、ランディングページの改善が必要になってきます。

品質スコア改善で入札単価を安くする

広告の実際の掲載順位やクリック単価は、以下のような式で求めることが出来ます。

実際に費用としてかかっている入札単価に対して品質スコアは掛け算で上がっていくので、品質スコアを上げることによって実際の入札単価はかなり安くなることが言えます。

品質スコアを紐解くと、上記3つの要素に分かれるので、この3つの要素のステータスを向上させることによって結果、全体的に品質スコアが上がることに繋がります。

推定クリック率を上げるには

「推定クリック率」を向上させるためには、まずは無駄なクリックを生まないように施策を打っていくことが必要だと考えられます。

キーワードの除外や、ユーザーの検索クエリからクリック率の高い検索キーワードを随時追加していく等が必要です。

過去のデータも参照するので、この施策を行った形跡自体が大事だと言えるでしょう。

広告の関連性を上げるには

「広告の関連性」を向上させるためには、入稿キーワードと広告文の関連性を高めることが必要になってきます。

では、広告とキーワードの関連性を高めるために具体的に何をしたら良いかというと、広告グループの構成を変えることが必要だと考えられます。

ある程度まとまりのあるグループに変更することで関連性が向上します。

また広告文には必ず入稿キーワードを入れ込むことを意識しましょう。

除外キーワード設定により、不必要なキーワードを除外していくことで更に広告の関連性は向上します。

ランディングページの利便性を上げるには

「ランディングページの利便性」を上げるために、単に検索語句と関連性の高いキーワードを盛り込むことはNGです。

品質スコアという視点から見ると、関連性の高いキーワードが盛り込んであるかないかは関係ないのです。

ランディングページの利便性を上げるためにするべきことは、ユーザーにとって有益なコンテンツを用意することや、スムーズに読み込みが行われるサイト、サイトの信頼性や透明性を上げる等にあたります。

具体的には、スムーズにサイトが読み込まれないと離脱してしまうユーザーを逃さないようにし、商品やサービスについての説明がしっかりとされているページを用意することでユーザーは安心して登録・購入等を行うことが出来ると考えられます。

ユーザーにとって使いやすいか否かを判断するので、単に関連性の高いキーワードを盛り込んでも、「関連性が高い!」とはならないことを気をつけておきましょう。

また、中長期的な目標を設置した場合、ユーザーにとって利便性の高いランディングページに繰り返し改善していくことで、徐々に長期目標に近づけていくことが可能になります。

ランディングページの改善は品質スコアを向上させる上で確実に必要になってくる部分ですので、サイト診断ツール等を用いて現在のサイト自体の品質(ユーザーにとって有益かどうか)を定期的に測定することが必要だと考えます。

まとめ

今回、品質スコアを向上させた時のメリットをご紹介しました。リスティング広告では、この品質スコア(Yahoo!では品質インデックス)が高いか低いかによって単価がかなり変わってくるので、地道に改善していくことによって思いもよらない成果を挙げることが出来る可能性があるので是非改善してほしいと思っております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

K.Ikeuchi

Bigmacのイケメン代表、新卒の池内です。見た目はクールキャラ、中身は弟キャラとして可愛がられています。好きなことはブレイクダンスで経験歴6年目です。最近サボり気味で腹筋がなくなり始めました・・・。家には猫が7匹いて猫屋敷状態、毎日猫に癒されながら過ごしています。Bigmacマーケティング部の一員としてまだまだ日々勉強中の身ですが、これからさらに知識を増やしお客様に頼られる人間になりたいと考えています。

筆者が最近執筆した記事