広告のキーワードマッチタイプの特徴

リスティング広告のアカウントを構築する際、いつも筆者が悩むのはキーワードをどのように設定するかいつも悩みます。キーワードのワードはもちろんマッチタイプもこれが適切なものなのか悩みます。出すまでわからない部分もあるのですが各マッチタイプの特性を知ることである程度適切に設定できるのでご紹介していこうと思います。

マッチタイプとは

そもそもマッチタイプとは何なのかわからない人もいるかと思いますので簡単に説明をしていきます。マッチタイプとはユーザーが検索したキーワードに対し、表示させるユーザーの範囲を設定するものです。下記図のように

マッチタイプには4つの種類があり「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」「絞り込み部分一致」となります。また、これらの特性を理解することで広告ランクを上げ広告費を抑えることや広告表示自体の改善が期待できます。

完全一致とは

完全一致とは、運用者が設定したキーワードと検索ユーザーが入力した検索語句が完全に一致した場合に広告が掲載されるものです。例えば「ケーキ屋さん」とキーワードを設定した場合、「ケーキ屋さん」と調べられたときに広告が表示されます。また、「けーき屋さん、けーきやさん、ケーキ矢さん」などの表記ゆれのも広告表示の対象とされます。しかし、「ケーキ屋」では配信されないので注意が必要です。

フレーズ一致とは

フレーズ一致とは、運用者が設定したキーワードがユーザーが検索したキーワードのフレーズが同じであれば、広告が表示されるマッチタイプになります。

先ほどと同じように今回は「ケーキ屋」をキーワードのフレーズ一致で登録し、ユーザーが「福井 ケーキ屋」というキーワードで調べた場合には広告は配信されます。他にも「ケーキ屋 おすすめ」「東京 ケーキ屋 有名店」などでも広告は配信されます。

部分一致とは

部分一致とは、ユーザーが検索したキーワードや関連性のあるキーワード、類義語でも広告を表示させることが出来ます。

例えば、「激安」というキーワードを部分一致で登録した場合、「激安 タオル」や「激安 通販」という「激安」を含むキーワードはもちろん、「格安 通販」「低価格 通販」などの検索キーワードでも広告を表示させることが出来ます。また、誤字や多少の表記ゆれにも対応しています。類義語もシステム判断なので、意図しないワードが含まれている可能性もあります。

絞り込み部分一致とは

絞り込み部分一致とは、先ほどの部分一致より広告配信範囲が狭くなります。その理由としては類義語が含まれません。先ほどと同じように多少の表記ゆれや、誤字などは広告配信される場合があります。また、登録の際に絞り込み部分一致と部分一致を掛け合わせてキーワードを登録することもできます。

マッチタイプの効果的な使い分け方

先ほどの様な特性を活かすことで効果的な運用をすることが出来ます。

完全一致の場合

完全一致は会社名や商品名、サービス名などの指名系キーワードは完全一致で登録するといいかと思います。また、ある程度運用しコンバージョンの獲得が見込めるワードを完全一致として登録するのも効果的だと思われます。

絞り込み部分一致の場合

絞り込み部分一致は先ほどの完全一致とは違い指名系ではなく、コンバージョンが期待できそうなワードを登録するとよいかと思います。例えばケーキ屋さんが広告掲載場合「ショートケーキ」など、どこのケーキ屋でも取り扱っている商品などを登録すると、指名系のキーワードほどではないが、コンバージョンの期待ができます。

部分一致の場合

部分一致はキーワードを広げるために使います。先ほどのように上記説明のように類義語も拾ってくるのでキーワードの幅を広げるのには最適なマッチタイプです。人が考えるキーワードは限界がありるので、部分一致を入れておくことで思いもよらぬキーワードでコンバージョンを獲得することもあるので、キーワードの幅を広げるときにはお勧めです。

フレーズ一致の場合

自分の場合なのですがフレーズ一致は店名や会社名などのキーワードを登録するときに使用しています。また、除外キーワードを登録するときにも便利で、例えばバイク買取店の広告で検索クエリが「本 買い取り」などでサイトへ訪れていた場合、「買い取り」というワードは欲しいですが、本の買取は行っていないので「本」というワードはいらないので、こちらをフレーズ一致除外設定すればいいのです。基本1フレーズで除外すれば、余計なキーワードを除外することもありません。

まとめ

マッチタイプはAdWords、Yahoo!プロモーション広告どちらでもキーワード登録の際に必要になりますので、上記の特徴を活かし運用を行ってみてください。運用者によって使用するタイミングも違うと思うので、あくまで1例としてみていただき、自分に最適な運用法を見つけてもらえればと思います。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

R.Kato

Bigmac inc. マーケティング事業部 所属。2016年8月入社。マーケティング事業部の頭脳と呼ばれる切れ者。分からない事についてはとにかく自分で調査し、実践に移せる行動力を持っているので、周りからの信頼も厚く、とても頼られる存在。オーダーメイドで30万円以上の特注イヤホンを作ってしまうほどのポータブルオーディオ好き。その他オーディオ機器についても詳しく、休みの日には動画編集や音源編集などに没頭中。

筆者が最近執筆した記事