部分一致と完全一致の効果的な使い分け

検索連動型広告は、検索サイトを利用したユーザーが入力したキーワードに合致した広告を表示するサービスです。ですので、登録キーワードが大変重要な要素になっています。成功の鍵を握ると言っても過言ではありません。それらのキーワードをどのようなカタチで露出していくのか、それが「キーワードマッチ」です。

キーワードマッチには、「部分一致」「フレーズ一致」「完全一致」「絞込部分一致」の4種類があり、それぞれに明確な特徴があります。

今回はその中でも「部分一致」と「完全一致」に重点を置き、効果的な使い分けについてお話したいと思います。まずはじめに部分一致と完全一致とはどういったものなのかしっかり理解しましょう。

部分一致とは

部分一致は、入札キーワードと関連性のある語句で検索が行われた際に広告が表示される、一般的なマッチタイプです。

たとえば、「結婚祝い プレゼント」という言葉を、部分一致で登録しておくと、「プレゼント」「結婚祝い」「結婚祝い 贈り物」「結婚祝い ギフト」「お返し 結婚祝い プレゼント」といった言葉で検索された場合位にも、広告を表示させることが可能です。

部分一致のメリット

メリットとしては、「インプレッション数が増える(訴求幅が広がる)」「想像できないキーワードで検索を見込みユーザーに訴求できる」ということです。検索ユーザーは私達が頭のなかで想像もできないような検索クエリで検索をしている場合があり、それらの全ての把握することは不可能に近いため、部分一致を使用することで、そういったユーザーにも訴求することが可能です。

部分一致のデメリット

幅広く訴求することが可能ですが、デメリットとして、「見込み客からは遠い言葉も拾ってしまう可能性」もあるので、登録の仕方は注意が必要です。また、「インプレッション数が増えすぎる」「関係の無いユーザーにまで訴求してしまう可能性がある」といったデメリットもあります。

これらのデメリットは除外キーワードを設定することで大分防げるようになりますが、除外キーワードにも限界がありますので100%意識が薄いユーザーを除外できることは無いでしょう。

完全一致とは

完全一致は、原則として入札キーワードと同じキーワードで検索が行われた場合にのみ広告を表示するキーワードマッチです。例えば、「福井 居酒屋」という言葉を、完全一致で登録しておくと、「福井 居酒屋」で検索された場合にのみ広告が表示されます。

完全一致のメリット

そのメリットとしては、「想像した見込み顧客にピンポイントで訴求できる」「広告費の消化が少ない」ということです。完全一致はピンポイントでの訴求になるので、上記2点のメリットを得ることができるでしょう。

完全一致のデメリット

そして、デメリットは「インプレッション数が極端に減り、チャンスロスにつながる」「想像できないキーワードで検索をかける見込みユーザーに訴求できない」当然のことながら、登録したキーワードで検索をかけられた場合でのみインプレッションが発生するので、キーワードの登録数次第では部分一致よりも大幅に訴求幅は狭まりますので要注意です。

「居酒屋 福井」や「福井 居酒屋 飲み放題」、「福井 居酒屋 人気」など語順が違ったり、プラスアルファの言葉が入力されていないと全く表示されないため、登録の仕方によっては、商品(サービス)のみ込み客をおがしてしまう可能性も高いので、注意が必要です。

完全一致と部分一致の使い分け

キーワードマッチの共存

リスティング広告では、同一キーワードを複数のキーワードマッチで登録できます。それにより、どちらか片方だけのキーワードマッチを利用するのではなく、お互いのメリットに共存させ、効果を最大化しながら利用することが可能です。

目的を持ってキーワードマッチを使い分ける

重要なのは、キーワードを設定するにあたり、それにどのような意図がありそれを達成するためにどのような戦術をさいようするのか、これを決定する裁量です。ある程度、検索される言葉も決まっていて、検索される言葉の種類も少ない。そんな場合であれば、「完全一致」のみで、広告運用も可能かもしれません。

アカウント状況や取り扱うサービスの目標にあわせてカスタマイズすることが最善の手法です。自分のリスティング広告のターゲットに合ったキーワードのマッチタイプを選んで、リスティング広告運用を行いましょう。なんとなく部分一致と完全一致を登録している、ということの無いようにしたいですね。

まとめ

インターネットで検索される言葉は日々増加しており、予想もしていなかった言葉で成約につながっている、そんな事も起こりえます。インターネットでマーケティングを行う上で、思い込みは非常に危険かもしれません。

マッチタイプは広告を配信する際の「設定項目のひとつ」でしかありませんが、この設定により結果に雲泥の差が生まれます。マッチタイプを上手に使用して広く配信し、かつ顕在化したユーザーをサイトへ誘導することが必要になります。ひとつひとつの事を疎かにせず、細かなところまで意味を持たせることが重要かと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

M.Hatanaka

Bigmac「皆の妹決定戦」No.1に輝きました、まいまいです。趣味は読書で自称本の虫です。好きな食べ物はピクルスとチーズで、Bigmacだけにマクドナルドへよく行きます。食べる物はダブルチーズバーガー一択です。チーズとピクルスの組み合わせに毎回感動しています。2017年4月に新卒第1期生として入社し、インターンで培った知識、経験をいかしながら日々奮闘中。これからも日々の努力を欠かさず、お客様を笑顔にできるように頑張っていきたいです。

筆者が最近執筆した記事