ついに!Instagramストーリーに広告が導入!

2016年8月にInstagram社から新しく追加されたInstagram Story機能をご存知でしょうか?Instagram Story(インスタグラムストーリー)とはユーザーが投稿した写真や動画が24時間で消える。といった機能になります。このStory機能は1日1億5,000万人以上のユーザーが利用している機能になります。

今回、2017年3月1日にInstagram Story内に広告提供を開始するというアナウンスが正式に発表されました。2017年1月にInstagram Storyの広告のテスト実施が発表され一部の広告主には試験運用されていたのですが、正式にローンチされるのは未定のままでした。しかし、今回の発表により、3月いっぱいでビジネスの規模・国等を問わずにこのInstagram Story広告を利用できるようになります。今回はそのInstagram Story広告についてご紹介したいと思います。

Instagram Story広告とは?

その名の通りInstagramのStory機能に広告を表示させることができることです。このInstagram Story広告は、ビジネスアカウントをフォローしているユーザーに対して配信される広告で、ユーザーのStoryの合間に5秒間から15秒間表示される広告です。通常の投稿と同じく画面をスワイプすることによって広告をスキップすることもできます。
また、フォローしているユーザーの投稿をある程度見終わるまでは広告が表示されないようになっています。このInstagram Story広告は、Storyの投稿の合間にタテ型のフルスクリーンで表示されるので広告を出稿している企業の情報を効率良く訴求することができ、ブランドの認知に大変活躍します。

Storyインサイト

ビジネスプロフィールを利用しているアカウントを持っている企業がInstagramの投稿コンテンツのパフォーマンスを測ることができるツール「インサイト」の部分にStoryのセクションが追加されることも発表されています。Story広告のインプレッション数、リーチ数、リプライ数や離脱数を測定し、広告主が把握できるようになるとのことです。

Instagram Story広告の導入の背景

Instagramユーザーの7割近くがビジネスアカウント(企業のアカウント)をフォローしていると明らかになっており、実際に5件のStoryの内1件にはダイレクトメッセージが寄せられているそうです。また、閲覧されているStory記事の約3分の1が、ビジネスアカウントから発信されているStoryで占められていることも現在では、そう意外なことではありません。そういった背景から、Instagramユーザーのビジネスに対する反応が比較的好意的であることが、広告出稿を前向きに捉えることができる1つの判断材料とすることができます。

ブランディングに最適な広告

Instagram Story広告で現在使用できるキャンペーンタイプはリーチ数を延ばす目的のキャンペーンのみです。(2017/03/14時点)まだ利用することができないアカウントはあるものの今後、3月いっぱいにはすべてのアカウントで利用可能となるとのことです。現状、「リーチ」目的のみの出稿になるのでファンの獲得やブランディング向けの広告になるかと思われますが、この施策で広告想起率が大幅に上昇したケースが既にみられています。

また、今後数ヶ月の内にダイレクトレスポンスオプションを追加する予定だと発表しております。Instagram側は「Story機能はメインストリームの広告ツールに成長した」と述べており、今後Instagram Storyの機能のブーメランやステッカー、リンクを広告に利用できることを強調しています。また、ターゲティングもできるので、リーチさせたいユーザーに対し、セグメントを行い広告を配信することもできます。今後、外部サイトへの誘導等の目的でこのInstagram Story広告が出稿できるようになると広告配信の幅が拡大しいろいろな訴求ができるようになると思われます。

まとめ

現在、Story機能の影響力は非常に高いと思います。今回の、Instagram Story広告の誕生は今後、Instagramマーケティングを行う際に必要になってくるのでは?と考えております。
まだ広告がスタートしてからそんなに日が経っているわけではないので競合や、広告表示に対するオークションの高騰が始まらないうちにInstagram Storyに広告を出稿することを検討してみると良いと思います。また、通常のInstagramの投稿とは異なりリアルタイム感、手作り感などのテイストが強いInstagram Storyにどのような広告(動画広告)を配信するかによってユーザーの企業に対する印象に大きく影響してくるのではないかと思います。Storyに広告を出稿する場合は今まで以上にユーザーを引き付けるクリエイティブに気を付けたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

K.Ikeuchi

Bigmacのイケメン代表、新卒の池内です。見た目はクールキャラ、中身は弟キャラとして可愛がられています。好きなことはブレイクダンスで経験歴6年目です。最近サボり気味で腹筋がなくなり始めました・・・。家には猫が7匹いて猫屋敷状態、毎日猫に癒されながら過ごしています。Bigmacマーケティング部の一員としてまだまだ日々勉強中の身ですが、これからさらに知識を増やしお客様に頼られる人間になりたいと考えています。

筆者が最近執筆した記事