好循環サイクルで成果の上がるメルマガを作る方法

記事公開日:2018.04.26

最終更新日:2018.04.24

205 PV

モバイルファースト時代に合ったメルマガを作成していくことが集客へと繋がります。今回は、成果の上がるメルマガ作成のコツとHTMLメルマガについてご説明していきます。

一通のメールで売上は大きく変わります

手元に毎日のように届くメール。会社や自宅にいるときはPCで使い慣れたメールクライアントを使って確認し、外出時はスマートフォンなどでチェックすることが多いでしょう。しかし、配信されてくるメールマガジンやキャンペーン系のメールは、PCのメールクライアントに最適化されています。

マーケティングメールの約60%はスマートフォンやタブレットで閲覧されており、更に自分のモバイルデバイスできれいに表示されないメールがあったら約80%の人が消してしまうでしょう。

スマートフォンやタブレットの普及率が非常に高まってきている今、GoogleアナリティクスやEコマースをはじめとしたウェブサイトでも、スマートフォンで表示できるウェブサイトの必要性が説かれています。

メルマガもモバイルファーストで考える時代

 

メールマガジンをはじめとしたメールマーケティングは、ただ読まれるだけでなく、実際に顧客の行動を引き起こさなければいけません。メールの作り方の根本から変えるつもりで、時代の変化や配信対象となる顧客や消費者の行動変化を的確に捉え、セグメントする必要があります。

そして、変化に適応したメールを送信する方が、より良い成果が生まれる可能性があります。ウェブの世界では「モバイルファースト」という言葉が使われて久しいですが、メールについてもモバイルファーストで考えるべき時代になっているといえるでしょう。

メルマガの主流はHTMLメール

皆さんも登録したサイトからメルマガが届くといったような経験がきっとありますよね?テキストメールではなく、写真があったり、色鮮やかなメルマガは読んでみたくなるものです。最近では、スマートフォンなどの普及で、デザイン性のあるHTML形式でのメルマガが主流となってきています。

HTMLメールとは

テキストのみではなく、文字の色やフォント、文字の大きさに変化を出すことが出来、画像などを入れて、自由に表現することが出来ます。会社によってイメージカラーなども違いますよね?HTMLメールでは、イメージカラーに合わせてメルマガを作成することが可能です。下記のサイトでは、海外の企業のおしゃれなHTMLメルマガをご紹介しています。ぜひ、ご参考にしてみて下さい。

海外のオシャレなHTMLメルマガ20選【スマホ版】

また、HTMLメールでは、リンクやパラメータを埋め込むことが出来る為、コンテンツマーケティングを行うことが出来ます。

Bigmac inc.のメールマガジン

当社のメルマガも以前まではテキストメールでしたが、2017年社内で話し合いHTMLメール対応に変更し、メールマガジン配信を行っています。下記を見ても分かるように、HTMLメールになり色鮮やかで読みやすくなりました。

・テキストメール

 

・HTMLメール

 

当社のメルマガは自社サイトより登録して頂くと、どなたでも無料で購読することが出来るようになっています。当社のスタッフが作成した記事、Webトレンド情報やマーケティング情報などの有益な情報を、週1回程度お届けさせて頂いております。ぜひ、ご登録してみて下さい!

HTMLメールの配信機能

上記で見て分かるように、HTMLメールは視覚的効果はとてもいいのですが、テキストメールのように手軽にスタートできるというものではありません。デザインを考える力やコーディングの知識などが必要になります。

知識がないという方でもHTMLメールを作成するには、他社のメルマガ作成のメールソフトをダウンロードして作成していくか、メルマガ制作代行を行っている会社に制作してもらうというのも1つの方法でしょう。モバイル化してきている現代に合わせて、テキストメールで配信しているという会社様は、HTMLのメール配信システムに変更してみてはいかがでしょうか。

 

 

メルマガを活用してコンテンツマーケティングの効果を高める

メールコンテンツの質を高めて、メルマガの開封率を増やすことにより、多くの方に訴求をすることが出来ます。「どうすればより多くの方に見てもらうことが出来るか」を常に考え、コンテンツマーケティングを行うことがメルマガ配信に必要となります。

コンテンツマーケティングとは

製品を購入された方や購入を検討している方に、説得力のある情報(コンテンツ)を発信することで、ターゲットをひき寄せ、企業への興味や購買意欲を促進させる為の、マーケティング手法を指します。

効果を高める方法

・コンテンツ内容を確認する
メルマガを読んでいる人に発信したい、最新の情報の紹介やおすすめしたいサービスを用意し、情報へ促すようなメルマガの件名をつけるなど、情報に合わせたメルマガ配信を行う。

・読者の行動を解析する
Googleアナリティクスなどでパラメーターを付けてメール配信をすることによって、「サイトの訪問者数」や「どこから来た訪問者なのか」や「どのページがたくさん読まれているか」などのクリック率を計測することが出来ます。アナリティクスで計測したデータを元に、どのようなメルマガを作成すれば顧客の興味を集めることが出来るのか参考にすることが出来ます。

配信ルールとコンセプト設定でブランド化状態を作る

読まれるメルマガを作るためには、配信する際のルールとコンセプトを明確に設定することが大切です。「なんとなくやってるよ」では好循環は作れません。

例えば、

・何のためにメルマガを運用するのか

・数値化できる事例や参照元、具体的なゴール

・客層、年齢層といった誰に向けて書くのか

・いつ、何を書くのか

などです。

ルールとコンセプトをしっかりと決めてお客様へメッセージを届けることで、自分の理念や価値観に共感してもらい、読者との関係性を深化し、ブランディングを構築していきましょう。

 

まとめ

信頼残高が高いメルマガを作るためにまずやるべきことは、配信ルールとしっかりとしたコンセプトの設定です。そして、定期的に配信しているだけでなく、相手側の立場になって一通一通心を込めて、信頼関係を築けるメルマガを作成することが非常に大切なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

C.Shimauchi

所属は総務部です。パート社員として9時から5時で勤務させてもらっています。おかげ様で結婚していても家庭と両立出来て、毎日とても充実していて楽しいです。旅行や海にいくことが好きなので、夏は特にこんがりしています。私にとっての幸せは、仕事とプライベートの両方が充実していることなので、プラス思考を心掛けて会社に貢献できるように頑張っていきたいです。

筆者が最近執筆した記事