広告文を改善してクリック率をアップさせよう!

記事公開日:2018.04.25

684 PV

ユーザーの目にとまる広告文を作成できれば自然とクリック率は上がります。

クリック率は品質スコア(yahoo!では品質インデックス)、掲載順位にも関わるので重要です。最大の効果を発揮する広告文作成のポイントを考えてみました!

タイトルにキーワードを入れる

まずは視覚的に目立たせるために検索キーワードをタイトルに入れて、目にとめる基本的な方法です。

広告文にキーワードを含めることにより、広告が目立つようになります。タイトルの最初の方にキーワードを入れることで最もクリック率が高くなるという結果も出ています。ただし、何でもかんでもキーワードを詰め込まないようにだけ注意してください。タイトルと説明文の両方に、自然な形でキーワードを含め、クリック率を高めましょう。

近年では視覚的に目立たせる広告という点で、インフィード広告を使うというのも一つの手段だと思います。

インフィード広告については広告効果を上げる!インフィード広告のポイントの記事でもご紹介しています。

アピールしたいキーワードを目立たせる

目立たせたいキーワードに対して、《 》や「」などの記号を使用する事で広告自体を目立たせることができてクリック率を上げることができます。

広告文の見出し・説明文を、記号を使って目立たせることも重要なスキルの一つだと言えます。カッコをつける位置で、強調する訴求内容を変えて、ABテストを行いクリック率を改善していくのもいいでしょう。使用できる記号はgoogleアドワーズ、yahoo!スポンサードサーチによって異なるので、確認をしてください。

文字数制限のギリギリまで広告文を入れる

広告文には文字制限が設けられています。決められた文字制限の中で文章を作成するのは難しいです。うまく言葉を見つけられず、スペースを余らせてしまうという場合もあります。

しかし、広告文は文字制限ギリギリまで使うようにしたほうが、多くの内容が伝えられるのはもちろんですが、見た目にも目立たせ、クリックまで誘導しましょう。

例えば、2文字余っているなら上記事で紹介した《 》の記号を使用し、少しでも制限文字に近づけましょう。

他社との違いや、自社(クライアント先)の強みを表現する

リスティング広告のほとんどは競合他社の広告と並んで表示されるため、入札キーワードに対して、競合他社がどんなリスティング広告文を出稿しているのか調査しましょう。同じ商材やサービスだと、広告文が似てくるので差別化が難しくなります。

例えば、

・価格

・特典

・品質

・時間

・アフターサービス

・実績

などのクライアント先や自社の強みで他社に勝てるポイントを探してみましょう。具体的な数字を入れることで、反応が大きく変わるので、「100万人が利用中!」などのワードを入れるようにしてみてください。

極力無駄な言葉を省き、簡潔な言葉を並べる工夫も大事になります。

疑問形の広告文で訴えかける

検索を行うということは、ユーザーは何かの情報を得ようとしているということです。

「○○でお困りではありませんか?」「△△だと思っていませんか?」

というような疑問文の広告文に変えるだけで、広告文が目立つだけでなく、興味を抱いたユーザーは「疑問の答え」を知るためにクリックする可能性が高まります。

アクセスへのきっかけを作る

広告を見たユーザーをサイトへ誘導したとしても、実際の店舗での価格やサービスと変わらなければ、ネットを使う必要を感じなくなり、そのままサイトから離脱してしまうことも考えられます。

広告文に「ネット限定!」などの文章を入れ込み、Webからの申し込みをしようとユーザーに思わせることでクリック率を上げることに効果的になります。

「限定」「今だけ」感を出す

今すぐ行動してもらえる何かを前面に出すと印象の強い広告文が作れます。

例えば、

・〇月限定!

・県内唯一の・・・

・今だけ!

・〇日まで!

など。

広告文を目にして少し興味を持ってもらえたユーザーの大半が「とりあえず、まだいいかな」と結局忘れることが多いので、限定性が高い広告文を作成し、目に止まったときにクリックしてもらえるようにしていきましょう。

コンプレックスの刺激

人は誰しもが自分に対しての、何かしらのコンプレックスを持っていたりします。

そして、コンプレックスを解消したいと心から願っています。

コンプレックスを突いた広告文を作成することで、ユーザーを刺激し、クリックを誘導することができます。

・「あなたが痩せられない理由」

・「どうして彼女ができないのか」

・「サイトのアクセス数が伸びない原因とは?」

広告を見てもらいたいターゲット層が、どんな悩みを抱えているのか考えると、効果的な広告文が思いつくと思います。

リスティング広告は、競合と差別化させ、ユーザーの方に興味をもってもらうことが非常に大切です。
決まった文字数の中でどうやって広告を目立たせ、魅力を伝えていく方法はまだまだたくさんあると思います。
思わずクリックしたくなるような広告文が作成できるように、いろんな方法で広告文を考えていきたいですね。

広告表示オプションを使い、関連性を上げる

一般的に、広告表示オプションを使用する事で、クリック率を上昇させることができます。広告表示オプションはユーザーにとって有益な情報を示し、広告文に気付かせる助けになります。

今回紹介した方法以外にも、クリック率を上げる効果的な方法はたくさんありますので、自分に合った技術や得意な文章の作成方法などを見つけていく努力も必要です。

まとめ

リスティング広告は、運用する上でユーザーの方に興味をもってもらうことが非常に大切です。

クリック率をあげるために入札単価を引き上げて、掲載順位を上げるやり方やリスティングオートフライトを導入する方法もありますが、ユーザーが思わずクリックしたくなる広告文を自分で作成できるように考えていきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加