リスティング広告は魔法の杖ではない。

先日、人生初のパラセーリングに挑戦した小玉です。今回は「リスティング広告は魔法の杖ではない」ということで、リスティング広告に向いていない商材やビジネスについてお話します。リスティング広告に向いていない商材やビジネスは、大きく分けて3つです。

1.ホームページが悪く、ユーザーが離脱する要因が多い場合

2.オファー(商材)が市場(ユーザー)とマッチしていない

3.リピートが見込めないオファー(商材)

詳しくは下記です。

1.ホームページが悪く、ユーザーが離脱する要因が多い場合

リスティング広告でアクセスを呼び込んでも、そもそもアクセスを呼び込むホームページに離脱する要因があれば、ザルに水を注ぐように、成約せず広告費だけがかかってしまいます。受け皿であるホームページの良し悪しの違いで、同じ商材を扱っていても効果は大きく異なります。これらのことから、リスティング広告の配信先であるランディングページ(LP)、ホームページ(HP)は重要になります。

2.オファー(商材)が市場(ユーザー)とマッチしていない

 一言で申しますと「ユーザーが欲しくない商品は売れません」ということです。リスティング広告でサイトにアクセスを集めることはできますが、ランディングページでいくら見せ方を工夫しようとオファー(商材)が良くないと、その先の購入という行動を起こさせることは難しいです。

3.リピートが見込めないオファー(商材)

 利益が薄くその後のリピートが期待できない商材・ビジネスは、1成約にかけた広告費をペイするのは難しい傾向にあります。それに対してリピートが期待できる商材・ビジネスであれば1成約に対して一時的に広告費がかかりすぎても、成約したユーザーがその後何度もリピートしてくれるので最初にかかった広告費以上の利益を残せることが可能です。

まとめ

 リスティング広告はあくまで「集客手段」でしかありません。リスティング広告でアクセスを集めればそのうち何人かが買ってくれるというほど、単純なものではありません。ただ、リスティング広告は運用者によって大きく結果が異なりますので、もし、現状のリスティング広告の結果にお悩みの方は、一度弊社までご相談下さい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加