類似オーディエンスで広げて探す!Facebookの潜在顧客

記事公開日:2017.02.15

最終更新日:2017.10.18

788 PV

Facebookで広告を出す最大の長所は精度の高いターゲティング力です。ご存知の通りFacebook広告にはたくさんのターゲティング方法がありますが、その中でもカスタムオーディエンスリストと言うリストを使用することにより、潜在顧客を見つける出すことが出来ます。

カスタムオーディエンスリストとは

カスタムオーディエンスリストとは類似オーディエンスを作成するための基となる重要なリストです。(他にも類似させることのできるリストがあります)カスタムオーディエンスのリストの溜め方には4種類あり、必要に応じてリストの使い分けを行います。

カスタムオーディエンスの種類

  • カスタマーファイル
  • Facebookでのエンゲージメント
  • ウェブサイトトラフィック
  • アプリアクティビティ

上記がカスタムオーディエンスの種類となり、用途によって使い分けをします。カスタマーファイルはユーザーのメールアドレスや電話番号などの顧客情報を所持している際に使用できます。Facebookを使用しているユーザーとの情報を照らし合わせ、もし所持していた顧客データ(メールアドレス等)がFacebook上でも同じ情報で登録していた場合にそのユーザーに広告を出稿することができるリストです。Facebookでのエンゲージメントで貯めるカスタムオーディエンスは自分の所持しているビジネスページ内でアクションをおこしたFacebookユーザーのリストを作成することが出来ます。

ウェブサイトトラフィックでは、指定したURL(ピクセルがあるサイト)に訪問したユーザーをターゲットとし、リストを貯めることができる機能です。Googleで例えるならばユーザーリストのことであり、Facebookのリマーケティング広告という認識になります。他にも、スマホアプリからのリストを貯めることのできるアプリアクティビティなどがあります。商材毎にマッチしたリストを作成して、類似オーディエンスに使用していきましょう。

類似オーディエンスとは

類似オーディエンスとはソースオーディエンス(上記で説明した、カスタムオーディエンス)などから類似したユーザーに向けて出稿するターゲティング機能です。実際に商材に高い興味、関心を持っている精度の高いユーザーと同じ傾向を持っているターゲット層に広告を配信することが出来ます。実際に商品を購入した既存顧客リスト(CVピクセルトラッキング)などから類似させ広告配信することによってCVにつながりやすい優良顧客が見つけ出せるかもしれませんね。類似オーディエンスを作成するにあたっての注意事項

1.類似オーディエンスは基となる
ソースオーディエンスに含まれるユーザーは除外されます。

上記でもお話しした1度CVされたユーザー(CVピクセルトラッキング)から作成する類似オーディエンスではちょうどいい具合にCV期待値が下がったユーザーが除外されますが(商材による)CV見込み客からの類似オーディエンスを作成する場合では獲得できるはずのユーザーも除外となってしまうため気を付けて運用しましょう。

2.類似オーディエンスを作成するには
基となるオーディエンスのリスト数が100人以上でなければなりません。類似オーディエンスの精度を高めるためにはソースオーディエンスの人数をできるだけ多く集めましょう。

類似オーディエンスの設定方法

1.広告マネージャから「三」のような印があるので、そこをクリック

S.H_recommend1

2.すべてのツールにカーソルを合わせてから、アセット欄にある「オーディエンス」をクリック

S.H_recommend2

3.「オーディエンスを作成」をクリックし、「類似オーディエンス」をクリック

S.H_recommend3

4.「ソース」から類似させたい既存のオーディエンスを選択します

S.H_recommend4

5.類似させたいサイズを選択し、「オーディエンスを作成」をクリックし、類似オーディエンスを作成します。

S.H_recommend5

これで類似オーディエンスが作成され、広告作成時にセットできるようになりました。※類似オーディエンスリストは使用できるようになるまでに数時間~24時間かかります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?まだFacebook広告を初めて間もない方や、類似オーディエンスの存在について知識が浅い方の助けになれば幸いです。Facebookの類似オーディエンスはリスティング広告より効果的にターゲティングすることができます。広告主や広告代行の私たちの力になってくれる機能と思われるので、ぜひ類似オーディエンスターゲットを使用してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

S.Hatta

前職はWeb業界とは程遠い系統ではあったが、ある一つのWeb広告に心を惹かれ広告業界に興味を持った。その中でBigmac inc.と出会い、主にFacebook広告の運用に携わっている。最近はスプラトゥーン2というゲームが発売したことにより、精神的に疲労(負け続けるなど)しながらもウデマエS+50を目指して日々努力している。最近の悩み事は一年近く伸ばしてきた横髪を家族に「横髪がうざったいから切れ」と言われ切ってしまうか悩んでいる。

筆者が最近執筆した記事