今、注目の「ジオフェンシング」とは

世界的にポケモンGOが流行っていますが、皆さんは遊んでいらっしゃるでしょうか?

このポケモンGOのアプリにも「ジオフェンシング」という機能が使われています。さて、この「ジオフェンシング」とはどのようなものなのでしょうか。

ジオフェンシング「Geofencing」とは

ジオフェンシングとは、2004年にミズーリ大学コロンビア校(アメリカ)で開発された技術になります。地図上に仮想的なフェンス(柵)を設置する技術を指し、ユーザーのチェックイン、チェックアウトを判定することが出来ます。

ユーザーがそのフェンス内に入ってくると、あらかじめ設定しておいたメッセージやクーポンなどが送れる技術です。2014年ごろから国内の商用アプリで試験導入がされ、アプリで新しいビジネスの形をこのジオフェンシングAPIは、GPS、Wi-Fi、Beaconなどで取得できる位置情報を利用してつくられました。

ジオフェンシングの利用

スマートフォンを持っているユーザーの現在地にあわせて、あらかじめ指定されたフェンスの中に入った場合、その近くにある店の情報など最適な情報を配信できます。そのため、O2O(Online to Offline)と呼ばれる分野で、つまり、ネット上でのオンライン(Online)の情報接触からオフライン(Ofline)の実店舗への行動を促す施策として、商業上の利用が良くされます。

マーケティングとしての活用例

ある店舗に近づくとスマートフォンに割引クーポンが届いたり、あるいは店舗内では売り場ごとにフェンスを張り、オススメ商品の情報を表示したり、というような使い方ができます。ジオフェンシングを使ったスマートフォンへの情報配信の実例としては、2012~2013年にかけてビックカメラが行っていた「ビック・スマートクーポン」の試験配信があります。

ポイントカードを持っているユーザーが、専用スマホアプリを使うと、入店時にクーポンが配信されるというもので、ユーザーのポイント履歴から、おすすめ商品に対応したクーポンや翌日の天気に合わせて雨の日限定のクーポンも配信されました。

ジオフェンシングの普及の背景

スマートフォンの普及にあわせて、企業が位置情報のマーケティング活用がすすみました。それまで、GPSなどのモバイル位置測定機能を活用した「位置情報サービス」は多数存在していましたが、代表的なサービスはFacebookのチェックインです。

これは、ユーザーによる「チェックイン」を通じて、周辺の友人に今自分がいる場所を知らせたり、店舗から割引クーポンを入手する機能を備えています。また、この「位置情報」をゲームにしているいわゆる”位置ゲー”も存在します。

位置情報のチェックインでポイントをためて、オリジナルの街を作れる『MYTOWN』や、『コロプラ』がそれに該当します。冒頭にもふれた、『ポケモンGO』も、このジャンルのゲームです。

まとめ

とても便利なジオフェンシングですが、位置情報はきわめて高度なプライバシー情報なので、取り扱いには最新の注意を払わなくてはいけません。他にも、ジオフェンシングを活用するために常に位置情報をONにしていなくてはいけないので、スマートフォンなどの端末の電池の消耗が激しい。

また、GPS技術の精度がそこまで高くないのでどこまでマーケティングに活用できるのかという心配点もあります。しかしながら、スマートフォンなどの高度な技術をもつモバイル端末を誰もがもつ現在、ジオフェンシングを活用した位置情報のマーケティング活用には大きな可能性があります。

アプリ以外にもドローン対策や自転車の盗難防止など様々なビジネスシーンでジオフェンシングは活用されています。企業にとってもマーケティングを扱う仕事に関わる人にとって、ジオフェンシングは重要なテーマになることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

C.Tada

Bigmac株式会社 メディア事業部所属。 広告の楽しさと文字がもたらす可能性の広さに惹かれ、2016年にBigmac株式会社に参画。 SEOの奥深さと面白さを感じながら業務に行い、より面白く読みやすい記事をライティングすることをモットーに、日々日本語と格闘中。 趣味は読書と史跡巡りと水族館に行くこと。好きな食べ物は焼肉とコーヒー。高校野球観戦が大好きでよく見に行くが、ルールはまだいまいちわかっていない。

筆者が最近執筆した記事