日本人にピッタリなバンドワゴン効果

小学校のころなどに「クラスのみんながもっているからあれ買って」と親におねだりしたことはないでしょうか。最近の同じような話だと例えばポケモンGO。みんなやっているからやってみようかな、と始めた方もいたのではないかと思います。

このような心理的現象をバンドワゴン効果といいます。このバンドワゴン効果、日本人にとても相性がよい心理的現象なので、理解していて損はないでしょう。

しかし、そもそもバンドワゴン効果とはどのようなものなのでしょうか。

バンドワゴン効果(Bandwagon Effects)とは

アメリカの経済学者、ハーヴェイ・ライベンシュタイン(Harvey Leibenstein)が提唱した、消費外部性理論のひとつです。

ある製品やサービスを支持する人が多ければ多いほど、消費者がその製品やサービスにから得る満足・安心感が増加する効果のこと。

群集心理における同調現象の一つです。また、流行しているという空気を作ることによって、その製品やサービスへの支持は一層強くなります。

多くの流行やヒット商品にも

バンドワゴンとは「行列の先頭の楽隊者」を意味し、勝つ馬に乗る、時流に乗る、多勢に与する、といった意味があります。バンドワゴン効果の背景には、個人の判断よりも集団の決定が正しい(多くの人が買っているものはいいものに違いない)という思い込みがあることが考えられます。

多くの流行やヒット商品にはバンドワゴン効果が作用している、と言えるでしょう。

政治学でのバンドワゴン効果

また、政治学でのバンドワゴン効果は、マスメディアなどの選挙予測報道などで、優勢とされた候補者に有権者の投票が集まる傾向にある現象を「アナウンスメント効果」の一つとしても用いられます。

優勢だとされた国保者を支持するように態度が移っていく「なだれ現象」の例として用いられます。

日本人は流行に弱い

さて、今までのお話ししたことに納得とした人も多いのではないでしょうか。

日本人は流行にとても流されやすい傾向の民族です。たとえば、2つのラーメン屋があり、Aのお店は行列、Bのお店はガラガラだとしたら、多くの人が「Aのお店のラーメンの方が行列ができているからおいしい」と判断します。

一口も食べていないのにです。日本人は特に流行するものに弱いので、『みんながやっていることなら安心』『みんなが持っているなら自分もほしい』と考える傾向が強いのです。

ビジネスにおけるバンドワゴン効果の使い方は?

さて、このバンドワゴン効果。どのように使うと効果的なのでしょうか?

1・行列を作る

1つは、上記でも述べましたが、わざと行列を作ることです。パン屋やラーメン屋などで、席数やレジを少なくすることで行列を生み、「あの店は流行している」と思わせることです。

2.広告文の変更。

広告文やキャッチフレーズなどを「自分もその流行にのろう」という心理が働くようなものに変えることです。よく見る文体としては、「○○部門第一位!」「当店人気ナンバー1」「5秒に1人が申し込んでいます」「半年後まで予約いっぱいのレストラン」など、多くの人が利用しているというアピールをすることで「買うのは普通」という印象を与え、購入につなげる使い方です。

また、通信販売の番組で、申し込み数をテロップで表示して「ただいま申し込みが殺到しています!ご注文はお早めに!」と注文を促している番組がありますが、あれも消費者に”この商品を購入する人が多くいるんだよ”と思わせることで商品に対する安心感を与えて、購入を促す、という狙いがあります。

購入率や売上に直結する、非常に効果的な働きをするのが「バンドワゴン効果」です。

今後の企業のこれから

FacebookやTwitter、そしてInstgram。これらのソーシャルメディア、SNSの利用者数は年々増加しています。

企業側は「製品やサービスの作り方や見せ方の工夫」、TVや雑誌などのメディアや店頭等を通じた情報の発信や伝達だけでなく、「消費者の間でいかに語られるか」が重要なポイントと言えるでしょう。

「友達」の影響

2013年のニールセンの調査によれば、「テレビ広告を信頼する」と答えた人は全体の62%にとどまった一方で「友人・家族のからの口コミを信頼する」と答えた人は84%にも上りました。いかに「周りの評価」や「流行」に左右されているがわかります。

消費者の「情報」に対する向き合い方が従来とは変わってきた今、流行に弱い日本人の性質をみて、これらSNSを上手に使って改めて自社製品の製品やサービスをアピールしていくということ、そして「外部要因性」が適切に働いているかを見直すことが必要ではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

C.Tada

Bigmac株式会社 メディア事業部所属。 広告の楽しさと文字がもたらす可能性の広さに惹かれ、2016年にBigmac株式会社に参画。 SEOの奥深さと面白さを感じながら業務に行い、より面白く読みやすい記事をライティングすることをモットーに、日々日本語と格闘中。 趣味は読書と史跡巡りと水族館に行くこと。好きな食べ物は焼肉とコーヒー。高校野球観戦が大好きでよく見に行くが、ルールはまだいまいちわかっていない。

筆者が最近執筆した記事