指名キーワードの検索連動広告は必要か?

記事公開日:2016.02.29

最終更新日:2017.08.29

396 PV

Search or linked advertising the need for private-label keyword

リスティング広告の運用を行っている際に
クライアント様から度々ご指摘を頂くところ。それが
「指名での検索連動って広告費がもったいなくないですか?」

確かに、そういった考えもわかります。
特に指名で検索した際にSEO1位に表示されているような会社様。
「広告かけなくたって、SEO1位だし」
上位表示されていれば買ってくれるだろうという考えです。
しかし、屋号、商標で検索連動型広告を出稿するには訳があります。

画面上の占有面積

検索結果に表示される場所、面積が違います。
屋号での検索連動をかけず、SEO1位に表示されていた場合。

自社名での検索連動広告は必要か

 

キャプチャ①

検索結果で表示されるのはこの赤枠部分です。
(弊社屋号の検索をしたので、全項埋め尽くされていますが…)
SEO1位だと、1番上に表示されます。

しかし、この場合2位、3位、4位と他の結果も同時に掲載されております。
ということは、「Bigmac」で検索して頂けたとしても
他の企業様サイト、ブログなどが1ページに表示されるのです。
自社をアピールする場で、他のサイトが表示されるのは気分よくありませんね。

しかも、他社さまが「Bigmac」というキーワードで検索連動型広告を出稿していたとしたら…

Search or linked advertising the need for private-label keyword2

 

キャプチャ②

このように表示され、自社のサイトが1段下がってしまいましたね。
という事は、ユーザーが1番に目が行く場所が「他社さまの広告」です。

これでは集客効率が下がってしまうのではないでしょうか?
では、この場合に屋号での検索連動型広告を出稿することによりどうなるでしょうか?

Search or linked advertising the need for private-label keyword3

 

キャプチャ③

1番上が自社の広告になりましたね。
そして、SEOの1位も自社なので検索結果画面のほぼ全てを自社が占めています。

しかもこの場合、検索結果画面上部には広告が1社しか掲載されない場合もあります。
そうなると、他社広告は無くなり自社のサイトだけを表示できます。

キャプチャ①と比較してもらうと、良くわかりますが
ユーザーに表示される画面での占有面積が明らかに違います。
それだけ自社のアピールが可能で
しかも、他社広告を枠外に押し出す効果もあります。
占有面積を考えると、自社名キーワードで検索連動型広告も出稿すべきだとわかりますね。

飛び先ページ

もし、あなたがハンバーガー屋さんを経営しており、「Bigmac」という商品を販売するとします。
(弊社はハンバーガー屋さんではありません)
ユーザーが「Bigmac」と検索した際にはBigmacの商品購入ページを表示させたいはずです。
それも、検索結果のなるべく上部で。
しかし、自然検索の結果は自分で全て操作することは不可能です。

では、逆の立場で考えてみましょう。
あなたは、ハンバーガー屋さんのECサイトで「Bigmac」という商品を購入しようと思います。
検索窓に「Bigmac」と検索し、表示されたサイトへ移動します。
しかし、そこはBigmacの購入ページではなくハンバーガー屋さんの説明ページでした。
あなたはそのサイト内で、またBigmacを探さなくてはいけません。
2度の手間がかかるサイト、使いやすいでしょうか?

ここでもう一度、経営者側で考えてみましょう。
「Bigmac」という商品名で検索連動型広告を出稿します。
その際の設定で飛び先をBigmacの購入ページに設定しておきます。
そうすれば、ユーザーが移動した先は購入ページになります。
しかも、検索結果の上部に表示させることも可能なので流入数も増加させることができます。
購入目的のユーザーの利便性を考えた設定です。

購入したい商品名を検索し、表示されたサイトへ移動するとそこは購入ページでした。
あなたなら目的に合ったいいいページだと思いませんか?

自分の目的、ユーザーの利便性を考える

どうだったでしょうか?やはり検索連動は表示させるべきだと思いませんか?
サイトを運営するあなたの都合だけではなく、
ユーザーの利便性も考えた設定を行いましょう。

あなたの目的は、広告費を抑える事でしょうか?
売り上げ高の向上でしょうか?
目的を見失わずに、適した設定を行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加