YouTube広告の種類とメリット


Web上の広告には、リスティング広告やSNS広告と様々な種類の広告があります。そんなWeb広告ですが、YouTubeにも出すことが出来ることはご存知でしょうか。今回はそんなYouTube広告についてご紹介していきます。

YouTube動画広告とは

YouTube広告とはYouTube上の動画などで表示される広告で、利用する方なら一度は見たことがあるかと思います。YouTubeの利用ユーザーは10億人以上のユーザーと言われ
(YouTube公式より~ https://www.youtube.com/intl/ja/yt/about/press/
世界中の人たちに自社サービスや商品をアピールすることが出来ます。
広告の種類としてはインストリーム広告、TrueView ディスカバリー広告、バンパー広告がありブランディングにはとても効果的な手段です。

インストリーム広告とは

インストリーム広告は、動画が再生される前に広告を表示し、5秒未満の再生ではスキップ不可能で5秒経過するとスキップすることが可能となります。
インストリーム広告は、YouTubeの動画再生ページとGDNの動画配信サイトに表示されます。課金のタイミングはユーザーが動画を30秒間(30秒未満の場合は最後まで再生されたら)再生したときと、動画広告をクリックした時のいずれかのタイミングで課金が発生します。またインストリーム広告の場合動画の再生数指標を見ることも可能です。

TrueViewディスカバリー広告とは

TrueViewディスカバリー広告は、YouTubeのトップページや検索結果や動画再生ページ、関連動画の項目付近にに表示され、視聴者がサムネイルをクリックして再生する形式です。視聴者がTrueView ディスカバリー広告のサムネをクリックするのは、少なからずその会社やブランド、動画に興味を持っているということになります。そのため、次の行動にインストリーム広告よりも繋がりやすいです。

バンパー広告とは

バンパー広告は、最長で6秒間のスキップが不可能な広告であるということです。6秒間でどれだけ的確にアピールし、いかにユーザーに興味をもってもらうかだと思います。なので動画のクオリティーがを高め、ユーザーを引き付ける必要があります。

また、6秒動画なのでユーザーに不快感を与える可能性が少なくブランディングにも最適です。課金方式はCPM 課金となっております。

YouTube動画広告のメリット

YouTube動画広告のメリットはその莫大な数の利用ユーザーから年齢・性別などのユーザー属性、地域・興味関心・キーワード・曜日・時間帯などを設定設定して配信することが出来ます。

また、インストリームの場合、動画広告をクリックまたは一定時間視聴することで初めて課金されるので広告主に取っては無駄な費用はかかりません。リマーケティングリストによる配信を行うこともできるので、サイト内の特定の記事などを観覧したユーザーのみに配信することなども可能です。

テレビCMなどと比べ価格が非常に安いのもメリットのうちの一つです。テレビCMの場合15秒1本が45,000円ぐらいしますが、YouTubeの場合設定にもよりますが1再生4~51円ぐらいで配信することが可能なので、少ない広告予算でも配信することが可能です。

ただ、5秒間の間でスキップさせない動画を作らなくてはならないので、印象に残るものや、5秒後の続きが気になるような引きのある動画を作る必要があるかと思います。

YouTube動画広告の出稿方法

ここではYouTube広告の出稿方法をご紹介してきます。

YouTubeに動画をアップロードする

まずは、広告に使用する動画をYoutubuチャンネルにアップロードをします。
Googleのアカウントがあれば簡単にできますので特に迷うことはないかと思います。
広告に使用する動画は、YouTubeの入稿フォーマット既定の範囲内であれば特に制限はありませんが、長くても30秒から60秒ほどが良い傾向にあります。

Google Adwordsの設定

実際の出稿設定はGoogle AdWordsの管理画面にて行います。

新規キャンペーン制作の手順と同じで、動画キャンペーンを追加することで広告出稿が行えます。新規動画広告の追加にはYouTubeの動画URLが必要なので準備をしておきましょう。インストリーム広告の場合は広告リンク先と表示URLを設定したら完了です。あとは審査完了後に動画広告の配信がスタートされます。

まとめ

最近はGoogle AdSenseの報酬を収入で稼いでいるYouTuberなどの登場で、動画広告の需要が増えてきております。YouTubeは日本でも老若男女多くの方が利用しているので、ブランディングなどを考えの企業の方にはとても効果的な広告ですので是非利用してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

R.Kato

Bigmac inc. マーケティング事業部 所属。2016年8月入社。マーケティング事業部の頭脳と呼ばれる切れ者。分からない事についてはとにかく自分で調査し、実践に移せる行動力を持っているので、周りからの信頼も厚く、とても頼られる存在。オーダーメイドで30万円以上の特注イヤホンを作ってしまうほどのポータブルオーディオ好き。その他オーディオ機器についても詳しく、休みの日には動画編集や音源編集などに没頭中。

筆者が最近執筆した記事