アドワーズ初心者が覚えるべきこと

リスティング広告の運用をするにあたり、専門用語や管理画面の操作、クライアントの商品、サービスの情報など覚えることがたくさんあるかと思います。そこで簡単にですが運用初心者が覚えておくといいことをまとめていきます。

リスティング広告とは

Yahoo!やGoogleのような検索エンジンの検索結果に表示される広告のことでYahoo!プロモーション広告やGoogleAdWordsが有名です。
検索連動広告の場合、検索結果画面の上部または下部に表示され、ディスプレイ広告の場合webページ内に表示されます。これはPCやスマートフォンなど、どのデバイスでも同じように表示されます。また、これらの広告がクリックされると課金され、クリックされなかった場合は料金が発生しません。また飛ばし先は公式サイトから商品ページまで様々なページへ飛ばすことが出来ます。

Google AdWordsとは

Googleが運営する広告出稿サービスで、予算が少なくても広告掲載することが出来き、効果が悪ければすぐに広告をやめることも出来ます。出稿もGoogleのアカウントさえあればすぐに出稿できるので手軽にできます。

Yahoo!プロモーション広告とは

Yahoo!JAPANが運営する広告出稿サービスで、AdWordsと同じように低予算で始めることが出来ます。AdWordsとの大きな違いは、検索連動のスポンサードサーチ(YSS)とディスプレイ広告のYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)で分かれており、各広告管理画面から広告を配信する必要があることです。

覚えるべき基礎用語

AdWords広告に限らずですが運用を開始する際必要最低限覚えておくべき用語があります。広告管理画面だけでも様々な用語があります。

表1

管理画面の初期表示だけでも上記のようになります。
アカウント構成では

表2

管理画面の操作

広告の管理画面は実際に触ってみると意外と簡単に使えるものです。タブなどにはちゃんと「キャンペーン」など階層の表示もありますし、新規でキャンペーンや広告グループを作る際も、「+キャンペーン」と書かれた赤いボタンを押すだけなので迷うことはないでしょう。

AdWordsヘルプを読む

わからないことがあったらまずは調べる、これが一番の解決策だと思っています。おそらくヘルプが出てくるのではないでしょうか。まずはそれを読みそれでも、解決方法がわからない場合は、もう一度調べてみましょう。するとわかりやすくまとめてくれているサイトが出てくるので、そこで、実際に操作をし、覚えていけばいいのです。
また、お問い合わせ窓口もありますので、電話やメールなどでGoogle AdWordsのサポートに直接問合せすることも可能です。最近ではチャットで問い合わせることもできるので問い合わせにかかる時間や難易度が劇的に減ったのではないでしょうか。また、AdWords以外にもAnalyticsやYoutubeの動画広告、Merchant Centerなどの問い合わせもできるので私もよく利用しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。初めて広告を出すのは不安なことも多いかと思いますが、基本を押さえておけば広告を出すことはできます。ただ、改善提案などはある程度の期間のデータや、経験なども必要になって来るので難しいかもしれません。サポート窓口も親切に対応してくれます。初心者だけではなく経験者の方も今一度初心に戻ってみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

R.Kato

Bigmac inc. マーケティング事業部 所属。2016年8月入社。 マーケティング事業部の頭脳と呼ばれる切れ者。分からない事についてはとにかく自分で調査し、実践に移せる行動力を持っているので、周りからの信頼も厚く、とても頼られる存在。オーダーメイドで30万円以上の特注イヤホンを作ってしまうほどのポータブルオーディオ好き。その他オーディオ機器についても詳しく、休みの日には動画編集や音源編集などに没頭中。

筆者が最近執筆した記事