ショッピング広告のメリットとは

Google AdWords の「ショッピング広告」を知っていますか?今回は、ECサイトをお持ちの企業の方は必見のショッピング広告のメリットについてご紹介したいと思います。

検索連動広告とディスプレイ広告

検索連動広告では、webを利用するユーザーの検索キーワードにマッチしたテキスト広告を配信することができますが、視覚的なクリエイティブでのアプローチにおいてはディスプレイ広告には及びません。
一方で、ディスプレイ広告では、画像によって商品やサービスの印象を伝えることは可能ですが、ユーザーが求めている商品やサービスのバナー広告や検索語句に合ったバナー広告を判別しだし分けることは難しいといえます。

そんな時に利用できるのが、ショッピング広告です。

ショッピング広告とは

簡単にいうと、Googleショッピング広告とはユーザーの検索内容に合わせて商品画像で訴求する広告です。検索連動広告とディスプレイ広告を合算させた広告とも言えるでしょう。

さらに、ショッピング広告のユーザーが検索した内容に合わせて表示されるという仕組みには、商品アイテムのデザインや色、価格といった情報が同時に掲載されるため、サイトに訪れたユーザーは比較的購買するというモチベーションが高い傾向にあります。

つまり、ショッピング広告とはディスプレイ広告の1つでもありながら、ユーザーの検索キーワードに合わせてクリエイティブを出し分ける事ができる検索連動広告とディスプレイ広告の良い所どりを実現させた、費用対効果の高い広告です。

ショッピング広告の表示場所と設定内容

広告が掲載される場所

Google で自然検索を行った場合に、検索結果の上部に、表示されるカタログのような画像とテキストがショッピング広告です。例えば、「通勤用 バッグ」と検索すると下記ショッピング広告が表示されます。

赤枠の部分がショッピング広告です。


また、下記のようにショッピングタブをクリックすると全容を見ることが可能です。

赤枠に表示されている広告はユーザーの検索語句によりクリエイティブの選別がされています。

設定できる内容

商品画像やブランド、価格、在庫の数などの詳細な情報まで掲載することが可能です。ディスプレイ広告でもありますが、検索キーワードにより、テキストを変更できるリスティング広告と仕組みが一緒なので、不思議に思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、ショッピング広告のキャンペーンには一切キーワード設定をおこないません。検索母数等を調査しなければいけないキーワード設定を行わずとも広告配信ができることもショッピング広告のメリットの1つとも言えます。

ショッピング広告のメリットとは

クリックの質が良い

商品画像はもちろん、ブランドや商品の詳細、はたまた価格までクリックする前に分かるので、クリックしたユーザーのほとんどは購買意欲の高いユーザーと言えるでしょう。検索連動広告、ディスプレイ広告共に言えるのが、ユーザーが実際に想像していた商品と違うという事ですが、ショッピング広告ではユーザーとサイトとの相違がほぼありません。

広告感が少ないためユーザーに警戒心を与えにくい

気になった内容でも、広告と言うだけでクリックをしないユーザーがいることは事実です。その点、ショッピング広告は検索画面上に掲載されても一見して広告だと思うユーザーは少ないといえます。つまり、ユーザーに最小限の警戒心しか与えず広告をアピールできるため購入ににつながりやすいのです。

クリック単価が低い

商品データを登録したデータフィードを使用し広告作成を行うため、広告とサイトの関連度が高くなり、品質スコアも上がりやすくなります。そのため、他のリスティング広告と比較すると、ショッピング広告は、クリック単価が低くなる傾向があります。

また、品質スコアが向上し、クリック率が高くなることで広告ランクも上がりやすくなることも、クリック単価が下がるひとつの理由と言えます、

広告の占有面積が広い

ショッピング広告では、複数の商品を広告として配信することが出来るため、広告の占有面積が非常に広いです。通常の検索連動広告ですと、「通勤用 バッグ」で調べた時に個別ページに飛ばしたとしても1商品、もしくは、バッグのカテゴリに配信される事となります。

しかし、ショッピング広告の場合、通勤用 バッグであれば、複数であってもその1キーワードに何商品でも掲載できるため、おのずと占有面積が広くなります。また、検索連動広告も利用している場合は、ショッピング広告にプラスして検索連動広告も同時に掲載される可能性があるため、占有面積がかなり広くなり、クリック数を増やすことも期待できます。

効果的なショッピング広告の配信方法

詳細な商品カテゴリを設定する

ショッピング広告の商品フィードには「google商品カテゴリ」と言うものが備え付けてあります。このgoogle 商品カテゴリとは「ファッション・アクセサリー」「ファッション・アクセサリー・ジュエリー」といったように商品情報のカテゴリをより細かく分けることが可能な設定です。google 商品カテゴリーを細かく設定するだけで、ユーザーの検索語句にマッチした広告を配信することが出来ます。

また、google 商品カテゴリではなく、「商品カテゴリ」といった設定もあり、サイズや年齢層、素材といった商品に対する細かな設定が出来ます。

「商品カテゴリ」を設定することでもユーザーにマッチした広告を配信することが可能になりますし、その他には、商品名を入れることでもよりマッチした広告を配信出来ます。必須属性はもちろん商品属性をもとにして関連性の高い検索に対し広告を表示させることでより広告の効果を見込めます。

まとめ

ショッピング広告はGoogle Merchant CenterアカウントとGoogleアカウントを同期させ広告配信を行いますが、設定は比較的簡単にできます。商品の追加もフィードに反映させアップロードすることで簡単に行えますので、まだ導入されていない方が、ぜひショッピング広告を活用してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

M.Hatanaka

Bigmac「皆の妹決定戦」No.1に輝きました、まいまいです。趣味は読書で自称本の虫です。好きな食べ物はピクルスとチーズで、Bigmacだけにマクドナルドへよく行きます。食べる物はダブルチーズバーガー一択です。チーズとピクルスの組み合わせに毎回感動しています。2017年4月に新卒第1期生として入社し、インターンで培った知識、経験をいかしながら日々奮闘中。これからも日々の努力を欠かさず、お客様を笑顔にできるように頑張っていきたいです。

筆者が最近執筆した記事