Yahoo!アドバンスドURL、もう大丈夫?

アドバンスドURL形式にもう切り替えましたか?

従来のURL形式の入稿物は、2016年10月より順次掲載停止になってしまいますのでアドバンスドURL形式へ早めの移行が必要です。ただ、そんな中でも「アドバンスドURLに移行するのは面倒だから」と、先延ばしにしている方も多いのではないでしょうか?そんな方に朗報です!^^

アドバンスドURLに変更できるツールが2016年6月29日(水)にリリースされます。広告管理ツール上で、従来のURL形式の広告・キーワード・クイックリンクを、アドバンスドURL形式へ移行できるみたいです。正式リリースされないと全貌が分からないものの、一括機能も搭載されているそうなのでGoogleキャンペーンエディター並みの処理能力は期待できそうです。

そんな、今話題?のアドバンスドURLですがそもそも、何故このタイミングでアドバンスドURL形式に移行したか、ご存知ですか?そもそもアドバンスドURL形式って?という部分を含めご紹介させていただきます。

Yahoo!の目的

Yahoo!側の目的は、大きく2つです。

誤解を与える広告をなくし、広告市場の健全化URLの管理方法を変更することにより広告主様の運用工数削減

誤解を与える広告をなくし、広告市場の健全化

つまり何が言いたいかと言いますと「なりすまし広告を無くす」という事です。

これまでのYahoo!では、広告掲載された際に表示されるURLはリンク先とは全然関係の無いURLでも大丈夫でした。ただ、この機能を悪用する広告主やアフィリエイターの方が増えユーザーに不利益を与えかねないということでこの「なりすまし広告を無くす」という処置が下ったようです。

今回の一件は、特にアフィリエイターさんに対してメスが入りアフィリエイターさんの出稿されている広告が大量に審査落ちしているようです。

URLの管理方法を変更することにより広告主様の運用工数削減

広告効果測定ツールなどを利用して、クリック情報などの広告効果をトラッキングを実施している場合、URLに含まれるリンク先情報やトラッキング情報と広告をクリックしたときに表示されるページのURLを分けて管理することが可能になります。上位階層での管理により、構造的なURLの管理が可能になり運用工数削減が期待できるとのことです。

 

個人的にアドバンスドURLのいいところ

ここまで説明してきましたが個人的には、アドバンスドURL形式だと広告文の文字数が増えることが良いところです。

今までGoogleとYahoo!では文字数に若干の違いがありました。それは、半角の文字を「1」と数えるか、「0.5」と数えるかの違いです。アドバンスドURL形式では、Googleと同じ半角文字は0.5文字とカウントされるので実質テキストの文字数が増え、訴求のバリエーションが増えるのでうれしいです。

 

まとめ

10月までと、まだ移行期間がありますが広告文のテキスト量が従来形式より増えるのでどちらにせよ早めにアドバンスドURL形式に変更した方が良いでしょう。最後に、アドバンスドURLに移行されていない広告の見分け方をご紹介して終わりに。
Advancedurl

なお、「表示URL」「最終リンク先URL」「スマートフォン向けURL」のドメインの一致が必須となります。PC用URLとスマートフォン用URLのドメインが別の場合は、同一広告で入稿できませんので注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加