SEOに強い文章作りは「恋愛」に似てる?

SEO対策はモテ期狙いの恋愛モード

SEOについて調べていたら、「モテ期狙いの恋愛モード」に繋がるところがあると思えてきました。
下記のポイントをおさえた、SEOに強い文章作りを心がけて、視覚的にも気をひく。

コレって、人間の異性の気をひく行動に似てませんか?
WEB用語に全然詳しくない方にもイメージがつきやすいように、恋愛に置き換えて説明を進めさせて頂きます。

SEOとは?

SEOとは、「Search Engine Optimization」「検索エンジン最適化」という意味です。
つまり、WEBでの検索エンジン(検索サイト)で、特定のキーワードで検索した際に上位に表示されるための対策のことです。
キーワード上位に表示されるということは、それだけ検索サイトでキーワード検索するユーザーから選ばれやすいことになります。

人間でいうとモテるため要素をおさえているため、モテ期状態となり、頻繁にお誘いの声がかかるというわけです。
恋愛成就の可能性はSEO対策がされているのといないのとでは格段に上がります。

タイトル命

いろんなサイトやブログを読んでみて思うことは「タイトル命」という事です。

どれだけ素敵なフレーズや間違いない情報を分かりやすい文書でまとめていても、気にとめて読みだしてもらえなければ、一生懸命書いた文章も、沢山あるWEB情報の片隅に置かれてしまいます。

そこで、まず人が読もうと思うきっかけとなるのが「タイトル」です。

タイトルがなぜこれほどまでに重要視されるのか?

こちらをゆっくり考えていきましょう。

タイトルは検索の表示画面上で、一番に目に飛び込んでくるものです。

つまりブログタイトルは一番人の目にとまる確率が高いアピールポイントになります。

必ずキーワードを入れるよう工夫しましょう。
狙いたいキーワードをまず決めます。

そしてできるだけキーワードをタイトルの左側タイトルの頭側)に持ってくることが何よりのポイントです。
キーワードを詰め込み過ぎてしまうと内容が伝わりなくくなります。

少しでもブログの中身を気にしてもらえるためには?

中身を開いて読んでもらうためには、どのような点に着目してタイトルとキーワードを考えたらいいのかまとめてみました。

1.タイトルは含みを持たせる。

素直でストレートなタイトルもそれはそれで素敵です。
しかし、分かり易すぎるタイトルではなかなかサイトを開いて、中身に興味を持ってもらうことは難しいのが実情です。

興味を持ってもらえないということは、読んでもらえない!になるのです。
自分が読んで、少しでも心に響けば人間の心理で人に伝えたくなります。

これが情報拡散に繋がります。

2.イメージで繋がる工夫

インターネットで検索をするということは、検索したくなるほどの気になる欲求を満たすために、キーワード検索でキーワード入力するのです。

例えば、ヘアスタイルをイメージチェンジしたくて、「ヘアスタイル モテ髪」と検索をし、自分のイメージに近いヘアスタイルがあった場合、

そのヘアスタイル画面に出てきた「ショートボブ」というキーワードみて、モテ髪とは?と気になりながら、もっと自分のイメージに近いヘアスタイルを今度は「モテ髪 ショートボブ」
というキーワードに変えて探しだしていくのではないでしょうか?

気になる欲求は、検索の輪を広げます。

3.嘘はつかない

確かに中身に興味を持ってもらうためには、タイトルに中身を、気にしてもらうような含みを持たせることはとても大切です。
ただ、含みを持たせ過ぎて嘘をつくと、読者は離れていきます。

キーワードを作り文章を考えるのも人間ならば、それを読むのも人間です。

4.誰でもわかりやすく

大事なのは「盛りすぎない」という事です。
わからないから、調べたい。
気になるから検索する。
伝えたいから、伝わりやすい情報を探す。

こんなときにWEBでの検索を活用するのではないでしょうか。

話を変え過ぎたり、難しすぎると読んでいて残念な気持ちになります。
それは恋愛と通じるところかもしれません。
タイトルで盛り盛りの含みをもたせても、中身が全然ともなっていない場合、すぐにページを閉じられて「平均滞在時間」が下がります。

その結果、SEO効果もマイナスになってしまいます。

わかりやすさはとても大切です。

滞在時間とは?

滞在時間とは、どれだけの時間このウェブサイトを積極的に閲覧していたかという値になります。
WEBサイトを訪問したユーザーの行動から、検索エンジンロボットが、WEBサイトの優劣をしていくシステムです。

平均滞在時間とは?

平均滞在時間とは、
セッション(積極的に閲覧していた)時間の平均値のことです。

人間でたとえるなら、デートで一緒に過ごしたいと思う時間とでもいいましょう。

いざ初デートまでこぎつけても、残念、3分で帰りたくなるデートと、3時間なんてあっとゆう間!!
時間が過ぎるのが早過ぎる!!と思わせるデートでは、記憶に残る情報量はもちろん、優先順位の差も大きく差が出ます。

しかも良いイメージで残れば、もっと一緒にいたいと次のデートを期待し、もっと彼を知りたい願望が湧き出てきます。

アイキャッチ画像の下の文章は読みたくなる

難しい文章がぎちぎちに詰まってる文章と、素敵な写真の下にある文章と、どちらの文章を読んでみたい!と思うでしょうか?

インパクトのある画像の下に文章を置くことで、イメージが繋がり、文章を読んでみようかなと、

視覚的なポイントからも気を引く事ができます。アイキャッチ画像を有効活用しましょう。

やはり見た目も大切です。

SNSで拡散したくなる心理をつこう

人間は「視覚的に情報を得るハンター」です。
せっかく素敵な文章をいれても、読み始められなかったら報われないです。
もし、これがブログ内容良い!写真も素敵!と思ったら、口コミと一緒で情報を拡散したくなります。

自分が少しでも心に響けば人間の心理で人に伝えたくなります。

記事の書きはじめ要点を書く

導入部分がポイントです。
集中力がない状態でネットしていることって多いかと思います。
流し読み感覚と思ってください。
そのメンタルで「お!コレは気になる。面白そうだな。ちゃんと最後まで読んでみよ」と思ってもらえるように心がけましょう。

人間は、出会ってわずか4秒で、その相手の第一印象を無意識で決定していくそうです。

何事も最初が肝心です。

文字数は多いほど良い2000~4000字

文字の量は多ければ多いほど良いとされています。
しかし、いくらしっかりとした情報量でも、長いだけの文章でメリハリが感じられない場合、先が見えないマラソンのように、読む側はペース配分が難しいです。
1.自己紹介簡単に
2タイトルに見合った問題提起
3.解決案の提供
4.解決案が正しい根拠づけ

読みにくさが勝たないよう、テンポよくまいりましょう。

見出しを有効活用しよう

いかに最後まで読んでもらえるかが大事です。
話の内容が変わるタイミングで、見出しをうまく付けていくといいです。
見出しは少し装飾されて目立つもののほうが良いとされています。
見出しで目がとまる事により、わかりやすさとともに、考える時間【気にする時間】が設けられます。

WEB上の文章は流し読みする人が多いです。
目にとまる工夫は大切です。

見出しを階層分けすると読みやすい

しっかりと階層を付けて書く事も重要だと考えています。
「見出し2」の段落の中で、さらに階層を付けられる場合は「見出し3」を使うと、さらに分かりやすくなります。

とにかくわかりやすく、だれにでも伝わる簡単な文章を書く中学1年生でも分かる文章を書くことが最適と言われています。
1.難しい言葉は、簡単な表現にかえる
2.具体例を使う
3.専門用語はできるだけ控える
4.メリハリをつけるために
ひらがなとカタカナを使う
5.一つの文をできるだけコンパクトにする

文章を読んでくれる方は、学者さんばかりではありません。
本を読むのが苦手な人だっているし、中学生の女の子もいるかもしれません。

資料で根拠づけ

かならずクオテーションマーク例えば「アプリ」を検索する場合『”アプリ”』『””』で囲ってみましょう引用のルールだけ、
しっかりと守れば記事の信頼性は高まります。
読者からはもちろん、検索エンジンの評価アップも期待できます。

実体験(ケーススタディ)をプラス

1.あなたの意見、考えを入れる
2.読者目線に立つ
3.公開する前に、文章の見直しをする

実体験を交えて会話をすると、相手との距離が少し身近に感じれますしね

まとめ

上記のポイントをおさえた文章作りをすれば、いつもより人の目に留まるため最適な状態がキープされていることになります。

モテ要素を兼ね備えた男性【SEO】は、女性の気を引くポイントを兼ね備えているため、ハートを射抜くまでに時間はかかりません。
そのためユーザー【女性】あっという間にもっと彼のことを知りたいと虜になるわけです。

最後にご挨拶

WEB用語に全然詳しくない方にも、イメージがつきやすいように、恋愛に置き換えて説明を進めさせていただきました。
少しでも、こちらのブログを読んでSEOとは何かと興味を持っていただけたら幸いです。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加