食べログは時代遅れ!?検索はInstagramが常識

Instagram(インスタグラム)は、写真や動画を撮影して共有できるSNSとして爆発的にユーザー数が拡大している無料アプリです。Instagramの最大の魅力は、豊富にアップされている画像や動画の中から、必要な情報をリアルタイムに検索できることではないでしょうか。今までは、食べログやぐるなび、Rettyなどの口コミサイトで検索していた飲食店情報が、Instagramを活用する方法に移行しつつあります。そこで今回は、Instagramの特徴と魅力について徹底解析しながらご紹介します。

Instagramの優れた検索機能

飲食店情報を検索する際には、GoogleやYahoo!などの検索エンジンや、食べログやぐるなびなどの口コミサイトを活用する方法が一般的です。しかし、Instagramの登場によって、情報検索に大きな変化が見られるようになりました。Instagramは、ユーザーが投稿したさまざまな画像や動画、店舗情報と共にSNSで共有できます。投稿されている画像や動画のなかから、必要とする情報をスマホで確認できる利便性が特徴です。表示される画像と紐付けされているリアルな感想を比較しながら、最適で最新の情報を得ながら店選びをすることが可能なのです。

一方で、食べログは豊富なレビュー機能が特徴ではありますが、投稿者の年齢層や収入がバラバラ、また地方では投稿する人が少なく、偏りが有り投稿自体の信憑性も不確かで参考になりにくいというデメリットがあげられます。Instagramのユーザーは比較的年齢層が低く、若い世代を中心に共感できる部分が多い点から自分と似たようなユーザーの投稿だと感じるようです。また、投稿自体の信憑性も高いと言えるのではないでしょうか。

ハッシュタグの活用で検索範囲を絞り込める

Instagramでは、TwitterやFacebookと同様にハッシュタグで検索できる機能が搭載されています。ハッシュタグとは、投稿内でタグとして使用されるハッシュマーク(#)の付いたキーワードのことです。ハッシュタグで検索は、TwitterやFacebook 、InstagramなどのSNSで活用され、同じキーワードの文言を一度に検索することが可能となります。飲食店を探したい時には、Instagramを立ち上げて検索エンジン代わりにハッシュタグ検索を行います。食べたいメニューやジャンル、料理や食材など、ハッシュタグを付けて検索することで、画像や動画が一覧で表示されるのです。さらには、ほとんどの投稿者がお店の位置情報やアカウントをタグ付けしています。希望に合った画像をクリックすると、お店の場所までがひと目で確認することが可能です。

例えば、うにの美味しいお店を探している場合は、Instagramの検索画面で「#うに」とハッシュタグ検索を行います。すると、「うに」をキーワードとした全ての画像が表示されます。その中で、目にとまった画像をクリックすると、投稿者がタグ付けしているお店の所在地を含めた詳細な情報を得ることできるのです。目的のエリアやメニューなどをハッシュタグの項目として追加することで、検索内容をさらに絞り込めます。

IMG_9907

他には、Instagramで「#○○屋」「#○○部」「#○○スタグラム」といった検索方法も有効的です。「#○○屋」は、「#パン屋」「#蕎麦屋」、「#○○部」は、「#スウィーツ部」「#ホットケーキ部」などがあげられます。「#○○スタグラム」では、「#丼スタグラム」「#麺スタグラム」とハッシュタグ検索することで、期待以上のお店、グルメ情報を見つける可能性が高まります。この様に、ハッシュタグ検索にちょっとした工夫を加えるだけで、Instagramの活用の幅は無限に広がるといえます。

若い世代を虜にするInstagramの魅力

加入者数が増加の一途を辿るInstagramは、若い世代を中心に世界中で受け入れられています。食べログやぐるなびで店検索をするより、Instagramでのハッシュタグ検索が「スマホネイティブ世代」と呼ばれる若者たちを虜にしています。スマホネイティブ世代とは、パソコンを必要とせず、スマートフォンでTwitterやLINE、Instagramを自在に使いこなす10代から20代の若者のことです。特に女子大生からの絶大な支持があるのは「スマホネイティブ世代」であるためでしょう。

画像や映像が情報として受け入れやすい

以前は、文章で綴られたブログなどの言語系コミュニケーションが情報収集の中心でした。Instagramを代表とする画像や映像で表現される非言語系コミュニケーションは、ストレスを感じることなく、スムーズに受け入れやすいメリットがあります。食べログやぐるなびなどの口コミサイトでは、複数の画像とレビューを確認しつつ、次のお店を次々と検索していくという作業が必須となります。多くの口コミサイトで表示される文字情報に対して、抵抗を感じるユーザーが増えていると言えそうです。

一方で、Instagramは、検索によって表示される飲食店の画像や動画で雑誌感覚で情報を得ることが可能となります。スマホネイティブ世代にとって、Instagramはストレスなく活用できる最適なツールなのです。

インスタジェニックで高まる信頼性

インスタジェニックとは、フォトジェニックから変化した造語で、インスタ映えする画像を表しています。Instagramに投稿された画像や動画は、インスタジェニックされることで、投稿者の満足度とお勧め度を判断できるのです。ハッシュタグ付けされた情報を基に、検索した他のユーザーの投稿とを比較し信頼性の高さを判断し口コミ評価とします。Instagramでの検索結果は、写真や動画で表示されるため、ユーザーが予想するイメージに合わせやすく、一瞬で記憶に残りやすいメリットが考えられます。

飲食店予約機能が搭載される?進化し続けるInstagram

驚異の伸び率を記録しているInstagramに、店舗の予約機能サービスが新たに追加される見通しのこと。予約機能とは、掲載されるお店のプロフィールページに追加されたボタンをクリックすると、リアルタイムに予約が完了できるという機能です。予約機能は、2017年3月時点において、数か月以内の導入が予定されています。(予約機能はビジネスプロフィールを使用している場合のみとなります。)

さらには、世界に先駆けてアメリカで提供される「Explore」ページの追加にも大きな期待が寄せられています。Exploreは、リアルタイムにキュレーションやコンテンツを閲覧できる優れた機能のことです。日本国内での利用はできませんが、今後の新たな機能追加が待たれます。

投稿のみ行っている企業アカウントは損

今後は企業アカウントでただ投稿するだけではなく、ユーザーにいかに自社に関する投稿を促せるかが重要となります。#指定のハッシュを付けて投稿すると○○プレゼント♪などのPOP等を設置したり思わず写真を撮りたくなるような状態にすることもおすすめです。お店に対しての投稿にお礼のコメントをする事は時間や工数はかかりますが今すぐにでき、お店の印象を良くするため効果的です。

まとめ

スマホネイティブ世代を中心に活用が拡大しているInstagramは、単なる画像共有アプリではなく、リアルタイムな画像検索サイトとしての重要な役割を果たしています。世界を舞台にInstagramの加入ユーザー数は、Twitterを凌ぐ勢いを見せています。飲食店を検索するのなら、食べログやぐるなびなどの口コミサイトは時代遅れなのかもしれません。検索者の検索スタイルに合わせ、この機会に優れた機能を搭載しているInstagramを活用してみてはいかがでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

S.Takeda

Bigmac inc. メディア事業部所属。 2014年4月入社。会社設立時の初期メンバーとして、現在まで会社を支え続ける。とにかく明るく賑やかで会社全体の雰囲気を良くするのが得意。家庭と仕事の両方を大事に考えており、常に思考がポジティブなのが特徴的。時に優しく、時に厳しく、状況に応じて感情を使いこなせるので周りからの信頼も厚い。趣味は美味しいご飯を食べに行く事で、InstagramなどのSNS媒体で常に情報を探している。

筆者が最近執筆した記事