SEO(検索エンジン最適化)の基礎

記事公開日:2017.11.17

137 PV


自社Webサイトを運営するWeb担当者や関係部門の方ならば、『SEO』という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

『SEO』について知らない、または、学び始めたばかりのSEO初心者向けに、SEOの基礎をご紹介いたします。

『SEO』とは「検索エンジン最適化」という意味

『SEO』とは、「Search Engine Optimization」 の略で、日本語では「検索エンジン最適化」を意味します。検索エンジンとは、ここでは「インターネット上の情報を検索するシステム」を指します。

「検索エンジン」と聞いて馴染みない方でも、「Google」や「Yahoo」、日本のものならば「MSN」や「Infoseek楽天」の名称はご存知かと思います。検索エンジンを持ったサイトは検索サイトと呼ばれ、多くの方は何かしら検索体験があるのではないでしょうか。

検索エンジン上で、自社Webサイトがより良い成果を上げられるよう最適化を図るので、「検索エンジン最適化」=『SEO』と呼ばれます。

『SEO』の目的は単なる「上位表示を目指す」ことではない

自社サイトをできるだけ多くの方に見てもらおうとすれば、検索結果の画面で、検索ランキングの上位に表示されることを望まれるでしょう。誤解してはいけないのは『SEO』の目的です。『SEO』の目的は、単にページを検索上位へ表示させることではありません。

『SEO』の目的は、「検索エンジン経由でアクセスを得て、自社Webページの最終目標とされる成果を達成する」ことです。

単に検索上位を目指さないのは、検索者のニーズに無い検索キーワードや、検索数は多くても成果に繋がらないSEOキーワードで検索順位を上げても、自社Webサイトへのアクセスは得られないからです。

検索結果の画面でよく見られるのは、【広告】と表記されているサイトが上位にあることです。【広告】と表記されているのは「リスティング広告」と呼ばれ、有料で上位に表示されるものです。

『SEO』では、リスティング広告を除いた部分の「自然検索結果」(オーガニック検索)で、自社Webサイトがより多く表示され、ユーザーの獲得に取り組みます。取り組みの具体的な行為を、『SEO対策』(SEOを強くするための施策)といいます。

『SEO』のメリット

SEO対策を行うメリットに、以下のものがあります。

  • 有料広告と異なり、コストを抑えられる(広告費の面では無料)。
  • 検索行動からの集客のため、成果に結びつきやすいユーザーの流入が得やすい。
  • 上位表示されることで、高いブランディング効果を期待できる。

『SEO』のデメリット

SEO対策を行うデメリットに、以下のものがあります。

  • SEO対策を行っても、効果が現れるまでに時間がかかり、即効性に欠ける。
  • キーワードによっては、上位表示のSEO難易度が高く、難しい。
  • 検索エンジン側の仕様変更(アップデートやアルゴリズム変更)に順位が左右される。

『SEO対策』は基本的に「Google対策」

国内外における各検索エンジンの使用率は、「Google」と「Yahoo」の合計で8割を超えます。さらに、「Yahoo」の検索エンジンは「Google」のものを借りて使っているのが実情なので、「Google」への『SEO対策』ができれば「Yahoo」も対策できたことになります。

「検索エンジン」の仕組み

SEO効果を発揮するには、「検索エンジン」の仕組みを理解する必要があります。

検索エンジンではロボットが情報収集を行う

インターネット内では、数多くのウェブサイトが存在し、人間の目ではすべてのサイトを巡回・調査して評価することは不可能です。検索エンジンは人間ではなく、「クローラー」(情報収集ロボット)を使い、「クローリング」(情報収集)を行っています。

クローラーによって収集されたウェブページの情報は、インデックスと呼ばれる検索データベースに登録されます。蓄積された情報は、検索された単語に応じて、検索結果として表示されます。

「検索アルゴリズム」で情報に序列をつける

「検索アルゴリズム」は、データベースに蓄積された情報を、優先度や有益性などで精査された情報にした上で、ユーザーに提供するために機能します。

「アルゴリズム」とは、問題を解決するための方法や手順のことです。「検索アルゴリズム」は、検索結果に表示されるWebページに対し、200以上の指標を基にして得点付け(スコアリング)するための仕組みを指します。

『SEO対策』では、検索エンジンの仕組みを理解し、ユーザーにはもちろん、検索エンジン側にも高評価を得られるよう、施策を行います。

『SEO対策』する上で最も重要なこと

『SEO対策』する上で最も重要なのは、「良質なコンテンツを作成し、ユーザーに対して価値のある情報を提供する」ことです。

検索行動をとるユーザーに、満足感のある内容(問題の解決、新しい情報の習得、専門的な知識の獲得、など)を提供できなければ、どのような『SEO対策』でも上位表示には至りません。

さらに、Webサイトの内容の質を高め、「検索ユーザーに対して、分かりやすい文章にする」ことと「検索エンジンに対して、認識しやすい文章・記述にする」ことが求められます。

『SEO内部対策』と『SEO外部対策』

『SEO』には、良質なコンテンツを作成した後に行う対策として、『SEO内部対策』と『SEO外部対策』の2つがあります。

『SEO内部対策』は、サイト内容を検索エンジンにクロール・インデックスしてもらい、テーマ性に対し適切な評価を受ける施策です。テーマに応じた対策ワードを記事(テキスト)に盛り込んでいく・SEOツールで検索エンジンに働きかけるなどの施策があります。

『SEO外部対策』は、外部サイトから被リンクを受け、クロールの促進や、第三者からの評価を得ることで「検索エンジンがサイトコンテンツの価値を図る指標」に繋げる施策です。

内部SEO対策と外部SEO対策は、どちらか一方だけではSEOの効果は期待できません。2つの対策を両立して進めることが求められます。

SEOの知識を持って損はない

数多くのSEO用語やSEO事例、SEO要素を考えると、ホームページ制作会社にサイト制作を依頼し、SEO会社にSEO対策施策を行ってもらうほうが早い、という考えになる場合もあるでしょう。人件費や時間的コストの状況によっては選択肢となります。

専門のSEO担当者ならば、コンテンツSEO施策で潜在顧客の集客を行い、Webサイトに与えられた最終目標へのコンテンツマーケティングを促進していくノウハウやチェック項目を持っています。

しかし、専門家から円滑にSEOサービスを受けるに、SEOの知識の有無は大きな影響になるでしょう。成果を得るために、SEOの知識を持って損はないと言えます。

『SEO』でより良いコンテンツを作成しよう

時代や技術による検索スタイルの変化や、検索エンジン側の変更もありますが、「検索するユーザーにとって役に立つ・満足するコンテンツが評価される」ことは変わらずあり続けるでしょう。

地道で適切な『SEO』を続けることで、より良いコンテンツを作成していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

t.miyamori

Bigmac株式会社 メディア事業部所属 2017年10月入社。文章を書く関連の仕事に興味を持ち、畑違いの前職(接客・小売業)から一転、ご縁をいただいてBigmacへ入社。わからないことだらけの業務の中、新鮮な気持ちで勉強中。趣味は、ドライブ、ボードゲーム、映画鑑賞、読書。創作物は、おもしろそうなら何でも手を出しますが、フィクションをこよなく愛してます。 作り物の中でこそ表現できる真実もある、とかなんとか。

筆者が最近執筆した記事