Googleで上位表示させるためのSEO対策とは

記事公開日:2018.03.27

163 PV

seo

seo対策とは、検索エンジン最適化とも言われ、Googleの検索結果でサイトを検索結果で上位表示させる対策を指します。

seo対策とは何か分からない人や、サイトの内部対策、外部対策をメインに解説致します。

seo対策とは

日本の検索サイトといえば、メインは「Google」と「Yahoo!」が代表的です。

Yahoo!の検索エンジンは、Googleの検索エンジンと同様の使用をしているのでGoogle同様にYahoo!のSEO対策も行う事が出来ます。

また、SEOの目的はサイトを検索上位に表示させる事だけではありません。

seo

Googleの検索結果でサイトを上位に表示させる事は、Webで集客するための一つの方法に過ぎず、最終目標であるコンバージョン(CV)に繋がることで初めてSEO対策が成功したと言われます。

seo対策のメリット

SEO対策はWebのマーケティングの施策の一つです。リスティング広告と違い広告費用が掛からないためコストが抑えられます。

また、検索結果でランキング上位に表示されるとサイトに安定した集客が低いコストで見込めます。

seo対策は検索行動からの集客の獲得を狙っているため、コンバージョン率が高い検索ユーザーの獲得の流入が得られる可能性が高いです。

また、企業によっては狙ったキーワードでの検索結果で上位表示により、ブランディング効果も得られる可能性が高いです。

  • リスティング広告広告とは違い、コストが抑えられる。
  • 検索結果で上位に表示されると集客が低コストで見込める
  • コンバージョン率が高い検索ユーザーの流入が得られる
  • 高いブランディング効果を得られる

セッション数

seo対策のデメリット

SEO対策を行っても、Googleの検索結果に反映されるまでに2~3ヶ月間ほど掛かります。

また、サイトの内容は1ページに対して1テーマ(1キーワード)が基本なのです。
幅広いキーワード狙った場合のコンテンツ作成には人件費が多く掛かる場合もあります。

また、キーワードによっては競合性が高く、検索結果で上位表示するためには難しい場合もあります。

検索アルゴリズムの変更や検索エンジン側のアップデートにより検索結果の順位が変動します。

tokei

外部対策とは

seoでの外部対策とは、サイト内やコンテンツの改善ではなく、外部から自社サイトの評価を高めるための対策を指します

外部対策を簡単に言えば「自社サイトに被リンクを集める対策」の事を指します。被リンク対策、バックリンク対策、外部リンク対策、の呼び方は様々です。

被リンクの調査

外部被リンクは、関連性のあるサイトや高品質なドメインから被リンクを獲得することは、SEO対策としては重要な事です。

しかし、低品質サイトからの被リンクがある場合は、検索結果での順位の動向を阻害する要因になっている可能性が高いです。

外部の被リンクを調査し、運営サイトのページとは全く異なるテーマのサイトから大量に被リンクが貼られている場合は、「バックリンクの否認」を行いましょう。

良質なサイトから被リンクを集める

検索エンジンは、「自然な被リンクを集めているコンテンツ」=「役に立っているコンテンツ・ユーザーから支持されている」と評価をしているようです。

Googleの検索エンジンは、被リンクを検索結果の順位を決める要素として大きく評価します。

seoではコンテンツ対策が重要

サイトのコンテンツ対策を行う事は「コンテンツSEO」とも呼ばれています。

Googleは専門性の高い内容のコンテンツを評価する傾向にあります。サイトのコンテンツ量(文字数)は、多い方が上位表示に有利と言われています。

seo対策では、コンテンツの文字数が多いだけでは意味がありません。クオリティーが高いコンテンツ内容を保ち、ユーザーにとって満足のいく内容を提供する事が重要です。

一般的には800~1,000文字程度あれば、十分内容の濃い記事のコンテンツ内容だと評価されます。競合性が高い検索キーワードでも、2,000~4,000文字程度の文字数が、検索結果の高順位化には効果的と言われています。

文章

ページ評価が分散していないかチェック

検索順位をチェックする際、対策キーワード検索順位だけを見ている人は多くないでしょうか?

webサイトに新規コンテンツを追加していくと、よく似たコンテンツが出来る場合がありますが、Googleからはコンテンツ(類似コンテンツ)と判断され、コンテンツの評価が分散してしまう可能性が高いです。

内部リンク対策

内部リンクはSEO内部対策において非常に重要です。
コンテンツ内に内部リンクを適切に設置することで以下のメリットが得られます。

  • 類似するコンテンツのテーマ性を関連付けることでGoogleに評価されやすくなる
  • クローラーのクロールを促す
  • ユーザーが必要な情報のページに行き着きやすい

また、類似度が高いコンテンツに関係のあるページへの被リンクは、クローラビリティの促進効果があります。

ページタイトルを最適化する

ページタイトルはSEO対策において最重要項目のひとつです。

ページタイトルには、対策しているキーワードを必ず含める必要性があります。ページタイトルは28~35文字程度で収めて下さい。またページタイトルを短く簡潔にまとめて記述する必要性があります。

狙っているキーワードはタイトル前方に配置し、タイトルタグが省略されてもユーザーに内容が理解出来るように工夫する必要性があります。

h1タグの重要性

h1タグは、タイトルと同様、Googleがページを評価する重要なポイントです。
できるだけh1タグには対策キーワードを含めるようにして下さい。

また、h1タグは1ページに対して一つだけ使用するようにしましょう。

また、hxタグ(h2~h6)も同様ですが、ロングテールワードであれば、出来るだけhxタグには、キーワードに関連する語句を入れておくことでホームページのテーマ性の統一・強調に役立ちます。

まとめ

seo対策には、内部対策と外部対策の2つがあります。狙ったキーワードでGoogleの検索結果から高順位を得られない場合は、seo対策を行う事が重要です。

記事の順位変動によっては内部対策を細かく行い、正しくseo対策を行う必要があります。

ホームページを運営している方は、seo対策を実践してみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

k.uomi

Bigmac株式会社 メディア事業部所属 2017年11月入社。入社前に三か月間、WEBデザイン、コーディングを学んだ。たまたま行ったWEBセミナーでBigmacに出会い、この人達の下で働き「成長したい」と思い熱望した。現在はSEO対策、ライティングの業務を行っている。毎日、教わる事は多く勉強出来ている。あだ名は「さかなくん」趣味は魚釣り 水泳 熱帯魚観賞 冗談です。

筆者が最近執筆した記事