クリック率を高める!読まれる記事タイトルのつけ方・決め方


スマホの普及率に伴い、ちょっとした空き時間にいろいろな記事を読む機会は多くなったのではないでしょうか?その際に、ついつい最後まで読んでしまう記事とタイトルだけで終わってしまう記事と二極化に分かれてしまっているように感じます。書き手側にしてみると、内容が良い記事を書いても誰にも読まれなくては意味がありません。そこで、ブログや記事作成をしている書き手側の方のために、アクセス数が増えるようなタイトルのつけかたについてご紹介します。

読む価値があるかどうか瞬時にわかる

人は、タイトルを読んだ瞬間に、読む価値が自分の読む時間を上回る価値があるかどうか瞬時に見極めます。これは、忙しい現代社会において、1つの記事を読むのには貴重な時間を割かなければいけないためです。読む価値がある!と瞬時に判断する心理は、タイトルが自分にとって役に立つかどうかが大きなポイントとなってきます。そのためには、「~方法」「~のコツ」などの言葉を使用すると自分の悩みや問題が解決できるかも?と思い、読む価値がある!と脳内で判断されやすいです。そのため、タイトルを決めるときは、瞬時に読む価値がある!と思われるようなタイトル作成を意識しましょう。

数字が入っている

広告業界では、キャッチコピーや本のタイトルに数字を入れると売り上げが上がると言われています。なぜなら、形容詞で表されるタイトルよりも数字のほうがイメージがわきやすく説得力が増すからです。

例文
最短1か月で体重-5kg!無理なくダイエットを可能にするサプリメント!

など、具体的な数字をいれることで具体的なイメージをわかせることができます。そのため、タイトルをいれるときは、具体的なイメージがわく数字をいれましょう。

簡単に実現できそうと思わせる

目的を達成するために、多くの人は簡単に問題解決できる方法を探しています。

例文
1日2時間の有酸素運動で、3か月後体脂肪率マイナス5%の体になれます!

などと、記事タイトルにあっても多くの人はめんどくさいと思い実行しようとは思いません。しかし、

例文
1日10分だけ!家事の合間にできる楽痩せ法

とでていれば、多くの方が簡単に実現できそうだな、と思い後者を選びます。そのため、タイトルをいれるときは、従来の方法よりも簡単に実現できそうと思わせることをいれましょう。

読者目線のことばを使う

タイトルを見て、クリックして読むかどうかを決めるのは、グーグルではなく読者です。そのためには、記事内容をふまえて読者が検索しそうなことばを使うことが重要です。たとえば、「SEO」の内容の記事を書いたときに、タイトルにSEOの正式名称「Search Engine Optimization」を入れても、専門用語のため敷居が高くなってしまい読もう!という気は起こりにくくなってしまいませんか?それよりも「上位表示」や「検索結果」のほうが一般的に使いやすいことばであり、一般の読者が検索しそうなことばのため、読まれる可能性は高くなります。

もし、記事内容が専門分野や研究者に対しての記事であれば、専門用語や正式名称は入れたほうが良いです。しかし、一般人に対しての記事ならば、会話ででてくるような単語にしたほうがよいでしょう。自分の記事がどのような読者に読まれるか?を意識して、タイトルにはその人が検索しそうなことばを使いましょう。

メインキーワードを複合キーワードにしたタイトルにする

メインキーワードが検索数が多い言葉ですと、ひとつのキーワード選定では検索結果の上位記事に表示することは難しいです。例えば、「ダイエット」で検索エンジンで検索順位の上位に表示しようとすると、競合が多いためかなり難しいです。しかし、競合を減らすために、キーワードを複合すると検索エンジンで上位に表示されやすくなります。例えば、「ダイエット 歩く」などの複合キーワードです。タイトルをつける前には、競合相手はどのようなタイトルをつけているのか?「関連キーワード取得ツール」というサイトがありますので、メインキーワードで検索して関連キーワードをみつけてからにしましょう。そして、複合キーワードにしたタイトルをつけましょう。

タイトルをつけるには32文字以内

タイトルをつけるときには、28~32文字以内が理想です。なぜなら、グーグルなどで検索した際の検索結果の画面に表示される文字数が約32文字のためです。それ以上に長いタイトルをつけても、途中で「、、、」と表示され全ては表示されません。それでは、短い文章のほうがいいのかというとそうではありません。「最短1ヶ月 ダイエット 可能」という単語を羅列しただけのタイトルでは、記事タイトルが上位にくることはありません。なぜなら、グーグルが文章として成り立っていない、と認識するためです。

絶対に32文字以内におさめなければならないということはありませんが、簡潔でインパクトがあり検索画面におさまるタイトルのほうがひと目でわかり、読者からは読まれやすいかと思います。

まとめ

記事内容と同じくらいタイトルのつけ方は重要です。読まれなくては意味がないため、ターゲットはどのような読者か?を考えて、読者目線を持ちグーグルの機能も理解したうえでタイトルをつけていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加