ライティングスキルを一気に上げる記事の構成ポイントとは

記事公開日:2018.04.11

最終更新日:2018.04.12

1,034 PV

記事の構成

Webサイトやブログ記事が読みやすくなる、記事構成のポイントを解説します。読者に「読まれやすい記事を書くのって難しい」と思ってしまう方も多いと思いますが、文章校正のポイントを抑えるだけでユーザーは読みやすくなります。

webページで読みやすいライティングの構成とは

webページのコンテンツの基本構成は、雑誌や書籍などの紙媒体のメディアは大きく変わります。ライティングが初心者の方はWEBサイトでは、どのようなライティングを構成すれば良いのか?サイトコンテンツやブログ記事などのWEBメディアは、下記のように分類されます。

  • トップ・フック(サイトの導入部分・タイトルなど)
  • ボディー(コンテンツ部分)
  • ボトム(締めくくり部分)

webサイトでのコンテンツライティングでは、コピーライティング力必要です。サイトコンテンツのライティングを行う場合、「いかに多くのユーザーに記事を見て貰うか」「途中でユーザーを離脱させずに、いかに最後まで記事を見て貰うか」がコピーライティングでは文章力と同様に必須条件です。

ユーザーにとって最適な記事構成は上記で紹介した点です。ライティングが初心者の人やライターへ、記事構成のノウハウを以下で詳しく解説します。

トップはユーザの興味を惹くパート

webサイトでのコンテンツライティングのトップは、以下の2つの構成で分けられています。

  • 記事タイトル
  • フック文章

「どれだけ多くの人にブログ記事やサイトに興味をもらえるか?」が決まるので大切です。

確実に読みたくなる記事タイトル設定

webライティングにおいて、最も重要なのはタイトルです。約80%の読者はタイトルだけを見て、記事を読み進めるかどうかを判断します。記事が読まれる場合のパターンは、大体2つに分かれています。

「検索エンジンで検索した時に記事のタイトルが目立っていた」「ソーシャルメディアのTwitterやFacebookなどで、友人が記事をシェアしており、記事のタイトルに興味を惹かれた」という理由があります。ユーザーに「読みたい」と興味を惹かれるような記事タイトルにする必要性があります。

遷移率を高めるフック(書き出し)の方法

フック(書き出し・最初)の文章作成は、記事の遷移率を大きく高めるための大切なパートです。記事を読み進めて行く上で、続きが気になり読みたくなるようなフック(書き出し)を用意できるかどうかで、ユーザーの遷移率が大きく影響してきます。

フックを書く際には以下の例を参考にして下さい。

  • 問題提起
  • 結果の明示
  • 結果の根拠・説得力

上記を意識して、webサイトのコンテンツを適切な構成にする事によって、ユーザーの疑問解決に役に立ちます。

記事で伝えたいポイントを伝えるボディー

ボディーは、記事で伝えたいポイントを伝えるパートです。ボディーの内容の質次第で「どれだけ多くのユーザーが、記事をいいねしてくれるか?」「どれだけ多くの人が、お問合せなどのCVに到達してくれるか」が決まります。

また、本当に役に立つ情報をボディー内でユーザーに提供していれば、書き手が持っているライティングスキルや専門性が伝わりやすくなります。また、画像を上手く活用する事により記事の内容が伝わりやすくなります。

ボディーは見出しが大切

読者が検索したサイトで確認する事は、求めている情報が正しいかという事です。多くの人は、プラグイン(ワードプレス)が生成している目次を見る場合が多いようです。目次は「見出し」を集めたものですよね。見出しを適切に設置していない場合は、記事全体の流れがおかしくなっている可能性があります。

ボディーの書き方のコツ 根拠をしっかり

googleの検索エンジンは記事の評価にあたり記事の信頼性や根拠を持って記事を執筆する事は、SEOにとっても大切な要素となっています。

求める行動を取ってもらうボトム

「ボトム」は「トップコピー」や「ボディコピー」と違い、ユーザーのお願いを聞いてもらえるパートです。お願いやオファーとは、あなたが読者に求める行動です。つまり、記事を読んで貰ったターゲットに、どのような行動を取って貰いたいかを記述する事が大切です。

ボトムパートには、「まとめ部分やクロージング文章」が重要です。

文章のレイアウトにこだわる

記事内では、文章の改行が大切になります。webサイト改行を多用すると文章が読みにくくなる可能性が高いです。みやすいように文章を改行するようにしましょう。また、スマートフォンとwebサイトでは改行の表示方法が違うので注意が必要です。

ユーザーに伝えたい情報をキレイに見せるためには、改行や見出しのレイアウトはとても大切です。また、サイト内の画像サイズも統一したほうが、見やすさという意味では望ましいです。ユーザーに読みやすい文章を読ませるには、まずは良いレイアウトを作成する事を心掛けましょう。

書いた記事は何度も読み返そう

自分で書いた記事は「何を伝えたいのか ・誰に」の部分から、ターゲット・ユーザーが求めている適切な答えになっているのか、作成した構成で伝わるのか、何度も読み返して文章を確認をしましょう。文章の違和感は誤字や脱字、文章の流れによる影響が大きいので、修正箇所の文章の前後だけ読み返しても見落としてしまう場合があります。文章を声に出して読んでみるのもいいかもしれません。

まとめの目的はCTAに繋げる事

まとめの目的は、最後に記事の内容を要約して伝えることにより、ユーザーの満足度を上げた上で、スムーズにユーザーのCTA(行動喚起)に繋げる事です。

注意して欲しいのは、まとめの文章が長すぎると、CTAへの誘導率を下げてしまう可能性が高いです。まとめの文字は15〜20行以内に収まっている場合が、最もCTAのクリック率が高くなる傾向にあります。

記事はターゲットを決める事が重要

記事の構成を考える中で「ターゲット」を具体的に、想定する必要があります。例えば同じ 料理人に関する記事であっても

  • 料理人になりたくて勉強している人
  • 料理人として働いているが、経験が浅い人
  • 料理人として既に活躍している人

上記のどのユーザーに向けて書くかで、文章構成や書き方は全く異なってきますよね。書いた記事がユーザーの役に立つ情報を提供しているかは、 “ 誰か ” をしっかりとイメージしましょう。

ライティングのコツは先に結果の明示をする事

ライティングや記事構成で最も大切な事は先に結果を提示することです。提示した結果ユーザーが(読むことで得られるもの)に興味を持ってくれればユーザーは読み進めてくれます。

検索ユーザーに記事を読んでもらう為にはが記事が興味を持てる結果を意識して執筆をしましょう。

記事校正を柔軟に使いこなしましょう

記事を正しく構成してユーザーに訴求したい内容をいかに印象強く伝えられるかが大切になります。どのようなキーワードを使い、構成であればユーザー伝わりやすいのかを決めておくと、記事は格段に読みやすくなります。読み手を常に思い浮かべながら、ブログ初心者の方も最適な記事の構成を練ってみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

k.uomi

Bigmac株式会社 メディア事業部所属 2017年11月入社。入社前に三か月間、WEBデザイン、コーディングを学んだ。たまたま行ったWEBセミナーでBigmacに出会い、この人達の下で働き「成長したい」と思い熱望した。現在はSEO対策、ライティングの業務を行っている。毎日、教わる事は多く勉強出来ている。あだ名は「さかなくん」趣味は魚釣り 水泳 熱帯魚観賞 冗談です。

筆者が最近執筆した記事