コンテンツ内の文字数とSEOの関係

「検索エンジンはどのようなページを上位に表示させるのでしょうか?」検索エンジンはユーザーにとって有益な情報が記載されている、ユーザーの役に立つページを評価します。では、検索ユーザーの役に立つページとはどのようなページなのでしょうか?文字数との関係も合わせてご紹介します。

コンテンツの質が重要視される背景

2012年7月にGoogleのアルゴリズムであるパンダアップデートが日本に導入され、そのパンダアップデートの影響により、検索結果の中で上位表示されるためにはコンテンツの質が重視されることとなりました。

パンダアップデートの詳しい情報は下記リンクをご参考下さい。
SEOの心得 パンダアップデート

質の高いコンテンツとは?

嘘・偽りのない、ユーザーが安心して正確な情報を得ることができるコンテンツを指します。ユーザーは悩みや疑問を持って検索窓にキーワードを入力します。そのユーザーの悩みを解決できるページこそがユーザーの役に立つコンテンツと言えるでしょう。Googleの公式発表では簡単に言うと、最低限必要な文字数や必要なページ数は存在しないと明言しています。

Googleはユーザーの役に立つ、有益な情報が記載されているページを検索上位に表示させます。そのため、上位表示を狙う場合、Google対策ではなく、質の高い記事を作成しユーザー対策を行いましょう。まず出来ることは質の高いコンテンツを作成することです。

質の高いコンテンツやSEOの基礎知識に関しては下記リンクをご参考下さい。
初心者に向けたSEO対策基本編

質の高いコンテンツを作るポイント

下記のような事をポイントとし、記事の執筆やコンテンツの作成を行うと質の高さを保つことができるでしょう。

  • 専門性の高い記事の執筆
  • 網羅性の高いコンテンツの作成
  • 説明書のような当たり前の事ばかり書かない
  • コンテンツ内にはオリジナリティを出す
  • 正しい日本語や文法を使用する
  • ユーザーが欲しい情報の答えを提供

SEO目線として文字数が多いほうが良い理由

結論として、文字数は少ないより多い方がSEO効果があると言えます。コンテンツ内の文字数が多ければ 、狙っているビックキーワード以外のキーワード(サブキーワードや複合キーワード)や、想定していないキーワードからもユーザーの流入が見込めます。

ビックキーワードでのアクセス数よりも、サブキーワードでのアクセス数が多いことから軽視することは出来ないでしょう。少ない文字数ではサブキーワードまで狙うことは難しいため文字数は多いほうが良いと言えます。上記の事を意識した対策は「ロングテールSEO」と呼ばれています。

ロングテールSEOの詳しい情報は下記リンクをご参考下さい。
ロングテールSEOとは SEOの基礎知識

ロングテールSEOによってアクセスが増え、ユーザーにとって必要な有益である情報であれば拡散されたり、被リンクを得られる可能性が高くなり、上位表示への近道となります。

文字数が多ければ検索順位は上がる?

コンテンツの質というものは文章量だけで評価できるものではありませんがコンテンツ内容が薄いページは、誰でも知っている情報や説明書のような記事で検索窓に入れた検索キーワードに対しての答えが記載されていないページです。Googlは検索順位と文字数についてか関係がないとしているため、やはり文字数が多ければ評価されるというわけではありません。

実際にSEOで上位表示されているコンテンツの文字数は?

コンテンツの質が高ければGoogleの検索エンジンから評価されるとは言うが、実際に検索し、上位表示されている競合サイトの記事傾向を見ると長文が目立ちます。Googleは建て前ではコンテンツの質が重要だと言っているが、本音は文字数を重要視しているのではないかと思ってしまいますよね。

そもそも、文字数は狙うキーワードと競合のライバルサイト次第です。検索順位というのは、あくまでもライバルとの比較評価となるため、ライバルのコンテンツの評価が低ければ上位表示が容易となります。

「調理器具 人気」など多くの情報量が必要なキーワード

「調理器具 人気」で検索すると、検索結果の上位に表示されているサイトは膨大な商品レパートリーを持つ大手通販サイトの楽天市場やAmazon、キュレーションサイト等です。

ユーザーは多くの情報の中から自分の求めている商品を探すために検索しているため利便性が良く、わかりやすいことはもちろんのこと、豊富な商品や、メリット・デメリットなど、しっかりとした商品情報を記載しているサイトが評価されることとなります。

「大さじ 何g」絞った情報を求めるキーワード

上位に表示されるページは表などを使用した、ひと目で見てわかりやすく簡潔なページです。これは、ユーザーが多くの情報を求めているのではなく、完結でわかりやすい情報を求めているためです。

そのため「大さじ 何g」でテキスト量として、2,000文字3,000文字と書くことはユーザーにとって役に立たないということです。(そもそも「大さじ 何g」で2,000文字以上を書くことは辛いですよね。)

長文テキストでユーザーニーズを満たしていれば上位表示される?

ユーザーの求めている情報が豊富なコンテンツの場合、長文のコンテンツを作成すれば上位表示させることができるのでしょうか?結論として、長文を書くだけでは上位表示されません。なぜなら、記事の作成者がみんな長文を書いてもどんぐりの背比べにしかならないからです。

例えば、上記のワード「夕飯 レシピ」ではユーザーは様々な情報を欲しているため、他のライバルサイトも文字数の多い長文のSEO対策を行います。その結果として、コンテンツ内容や情報量が同程度の似通ったサイトばかりになる可能性があります。同じようなページが並んだ場合、Googleは文字数やコンテンツ内容で評価することが難しくなります。そのためGoogleは様々な角度から評価を行います。

その他の評価ポイント

文字数が多く、ユーザー目線でコンテンツを作成しても上位表示されると限りません。やれば評価されるというわけではないのがSEO対策の難しいところです。競合にビジネスサイトが多いほど、他社サイトはコンテンツのみならず、リンク対策も万全にしているケースがほとんどです。

ホームページのSEO対策を初めて行う方は、ブログの文字数の多い記事コンテンツを増やすだけの長文SEOでは上位表示させることは難しいでしょう。SEO対策を行ったことが無い方でSEO対策を考えている場合は、キーワードの洗い出しや、実際に自社のビジネスを求めているユーザーの分析からコンテンツの作成方法、リンク対策まで行える会社に相談することをおすすめします。

まとめ

記事の専門性は確かに大切な事ですが、最も重要な事はサイト訪問者に寄り添い、ユーザー目線に立ちわかりやすく答えに導く事です。なぜなら、専門的な単語を並べて記事を執筆しても専門家なら「なるほど」と満足しますが、インターネットのユーザーの多くは自分の分からないことを解決するために、検索して記事を読みます。そのため記事が専門性の言葉ばかりでは、せっかく良い記事でもユーザーは評価してくれません。

記事の執筆は専門性のある言葉をつかうのはできれば控え、わかりやすい言葉で執筆することが一番だといえるのではないでしょうか。ユーザーにとって有益なコンテンツであれば自然と被リンクやはてなブックマーク、シェア等は自然に増え、サイトへの(トラフィック)流入数を多く獲得できるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

S.Takeda

Bigmac inc. メディア事業部所属。 2014年4月入社。会社設立時の初期メンバーとして、現在まで会社を支え続ける。とにかく明るく賑やかで会社全体の雰囲気を良くするのが得意。家庭と仕事の両方を大事に考えており、常に思考がポジティブなのが特徴的。時に優しく、時に厳しく、状況に応じて感情を使いこなせるので周りからの信頼も厚い。趣味は美味しいご飯を食べに行く事で、InstagramなどのSNS媒体で常に情報を探している。

筆者が最近執筆した記事