スマホ対応はSEO効果においても重要である理由

最近では、スマートフォンからのアクセス数がパソコンを越えるウェブサイトも多いです。

これから更に大切になってくるスマートフォン対応にはどのような方法があり、何を注意すれば良いのでしょうか?

スマートフォン対応の必要性

スマートフォンに対応していないウェブサイトは非常に使いにくい為、スマートフォン利用者に敬遠されるだけでなく、SEO対策においてもマイナスの影響を与えます。

現在では、ウェブへのアクセスパソコン経由よりもスマートフォン経由の方が多くなってきています。思いついたらその場で調べ情報を得る利用スタイルが定着したことで、スマートフォンは持っていても、パソコンは持っていない人も増えてきています。

パソコンに最適化した表示は、スマートフォンでは見にくく、表示されない場合さえあるので、、スマートフォンに対応しなければ、ターゲットの半数以上を失うことになり、大きな機会損失につながります。

スマートフォン対応=SEO対策効果やクリック率向上

Googleはモバイルユーザビリティの重視を明言し、2015年の4月から、モバイル対応しているかを検索結果の評価基準に加えました。

また、Googleの検索結果では、スマートフォンに対応しているウェブサイトでは「スマホ対応」と表示されるので、検索結果に表示されたとしても、スマートフォンに対応していないとウェブサイトがクリックされない可能性もあります。

スマートフォン対応のポイント

次に、スマートフォンに対応させる際に気をつけるべきポイントを確認しましょう。

表示を端末の画面サイズに合わせる

スマートフォンには、様々な画面サイズがあるため、ウェブサイトも機種や表示に合わせて表示サイズを変える必要があります。そのため、ウェブサイトのデザインや設定は横幅の変化に柔軟に対応できるようにする必要があるのです。

<meta name=viewport content=”width=device-width, initial-scale= 1″>

※こちらのコードをHTMLファイルのhead内に記述すればOKです。

Googleも推奨している、デバイスのスクリーン幅に合わせ表示させるための記述です。

読みやすい文字サイズにする

ユーザーが見やすい文字サイズにすることも重要です。Googleは基本のフォントサイズをCSSで16pxに指定することを推奨しています。

基本的にはあまりに小さな文字サイズを使わず、しっかりと上記のコードを追加して、機種や表示の仕方が変わっても適切な表示がされるようにしていれば問題ありません。

モバイルに対応した技術を利用する

多くのスマートフォンのブラウザでは、Flashで作成されたコンテンツは表示されません。そのため、Flashコンテンツを多用したウェブサイトは、スマートフォンなどではまったく利用できません。パソコンでは利用できても、スマートフォンでは利用できない技術があるので、ウェブサイト作成時には、スマートフォンでも利用できる技術かどうかを確認しておくことが大切なのです。

スマートフォンへの対応状況をチェックする

スマートフォン対応をした場合、それが本当に利用者の使いやすい表示を実現できているのか。そして、検索エンジンに評価されるものになっているのかも大切です。

対応状況をチェックする方法

①ブラウザで「PageSpeed Insights」(https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja)にアクセスし、「ウェブページのURLを入力」して、「分析」をクリックします。

②分析結果が表示されたら、「モバイル」をクリックします。分析結果には「修正が必要な内容」と「修正を考慮すべき内容」、そして「ルールに合格した内容」が表示されます。

修正が必要な内容に関しては、「修正方法を表示」をクリックして修正方法を確認しましょう。但し、分析結果はあくまで参考とし、無理をして100点を目指す必要はありません。ウェブサイトは何かしらの目的を持って作成するので、決定した目的を達成することがもっとも重用なのです。目的を妨げてしまう修正であれば、勇気をもって対応しないことも大切です。

ポイント

スマホ対応していないWebサイトは、どんな検索数の多いキーワードにおいてもスマホの検索結果では検索順位が上がりません。こういった理由からも、チャンスを逃さずに上位表示を狙うために、しっかりとスマホ対応することが重要であると言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加