サーチコンソールはこんなことができる

サーチコンソールとは

Search Console(サーチコンソール)とは、IT用語で意味を訳すと、Searchは「検索」、Consoleは「制御装置」です。
合わせると「検索制御装置」となります。

以前は、「Googleウェブマスターツール」という名称でした。
2015年5月に「サーチコンソール」に変更されました。
もう1年半も経過したのですね。
弊社では、親しみを込めて「サチコ」と呼んでいるスタッフもチラホラ出てきて、だいぶん浸透してきました。

さてさて、「Search Console」が「検索制御装置」ということは、検索を制御するということになりますが、けっして、ユーザーの検索をおさえつけて支配するとかいうわけではなく、「Googleの検索サービスの情報を知ることができる」というシステムなのです。

 

サーチコンソールの機能

「Googleの検索サービスの情報を知ることができる」と1言でお伝えしましたが、いったいどんな情報を知ることができるのか、サーチコンソールの管理画面メニューにそってお伝えします。

まずは、管理画面メニューがコチラになります。
下記のメニューに記載した番号順にご説明します。

 

ダッシュボード

ダッシュボードでは、現在のサイト状態を確認できます。
サイトのエラーや検索アナリティクスのクリック数、サイトマップ等が確認できます。

また、メッセージにより、変更した情報やセキュリティの問題等が通知されます。

 

検索での見え方

検索の見え方では、構造化データ・リッチカード・データハイライター・HTMLの改善・AcceleratedMibilePageesという5つのメニューに細かく分けられています。

構造化データは、
サイトページ内のHTML文書が何を意味するかを検索エンジンやクローラーに伝えるようにタグ付けしたもののことです。
この構造化データは、リッチスニペットを表示させるためにも用います。

リッチカードは、
サイト内で行われるイベントやキャンペーン、販売される製品に関するデータをGoogleの検索サービスに提供できます。

データハイライターは、構造化データを記述してタグ付けするのではなく、各データフィールドをマウスで簡単にタグ付けすることができる便利な機能です。

HTMLの改善では、
タイトルを変更したり、ページを追加した時などに問題がないか確認することができます。
具体的には、タイトル等が長すぎたり、短すぎたり、重複しているものを発見できます。

AcceleratedMibilePagees
(アクセラレイティッド モバイル ページ)は、
略してAMP(アンプ)と呼ばれています。

こちらは、モバイル端末でのウェブページ表示の高速化プロジェクトです。

 

検索トラフィック

検索トラフィックでは、検索アナリティクス・サイトへのリンク・内部リンク・手動による対策・インターナショナルターゲティング・モバイルユーザビリティの6つのメニューに分けられています。

検索アナリティクスでは、どのようなキーワードでどのページが検索されているのか、また、サイト内の各ページがそれぞれ何位くらいで、何回くらい表示されているかやクリック数等を
知ることができます。

サイトへのリンクでは、サイト内ページの被リンクの状態、総リンク数やリンク数が最も多いリンク元や最も多くリンクされているコンテンツ等が数値で確認できます。

内部リンクは、サイト内のリンク、いわゆる「内部リンク」の状態を確認できます。

手動による対策は、普通にサイトを運営していれば関係ないのですが、サイト内にスパムが発見されたり、外部サイトからのスパムで悪影響を受けているとGoogleから「手動による対策」が行われます。
その対策結果がここに表示されます。

インターナショナルターゲティングは、特定の国のユーザーに向けてサイトの運営をしている場合に使用します。
地域と言語に基づいたターゲットを設定できます。

モバイルユーザビリティは、モバイル対応のサイトを運営している場合やモバイル対応予定の場合に利用します。
モバイルユーザーから見た場合のサイトの評価や問題を知ることができ、改善の手助けとなります。

 

Googleインデックス

Googleインデックスは、インデックスステータス・コンテンツキーワード・ブロックされたリソース・URLの削除という4つのメニューに分けられています。

インデックスステータスでは、登録されている検索ページ数の変動を時系列で確認できます。

コンテンツキーワードでは、サイト内でのキーワードが出現頻度順に表示され、想定どおりのキーワードで認識されているかを確認することができます。

ブロックされたリソースでは、CSSやJavaScriptを不用意にブロックしていないかを調べることができます。

URLの削除では、検索エンジンに登録したくないページを削除することができます。

 

クロール

クローラーは、クロールエラー・クロールの統計情報・Fetch as Google robots.txtテスター・サイトマップ・URLパラメータの6つのメニューに分けられています。

まずは、「クロール」という言葉。

聞きなれませんね。
検索エンジンからサイト内のページへアクセスすることを「クロールする」と言います。

クロールエラーでは、クロールした際に発生したエラーを確認できます。

クロールの統計情報では、1日あたりのクロールされた数や1日にダウンロードされるキロバイト数やPageのダウンロード時間が確認できます。

Fetch as Google robotsでは、サイトのページがGoogleでどのように表示されているかを確認できます。新しいページを追加した場合や更新した場合は、ここで登録をしましょう。

robots.txtテスターでは、記述のミスのチェックやURLごとのクロークの許可やブロック状況を動作確認できます。

サイトマップでは、検索エンジンのクローラー向けにサイトマップを作成できます。

URLパラメータでは、URLパラメータを設定できます。ですが、「現在のところ、Googlebot でサイトの検出に関する問題は発生していないため、URL パラメータを設定する必要はありません(パラメータを誤って設定すると、サイトが Google のインデックスから削除される可能性があります。

必要な場合を除き、このツールの使用はおすすめしません)。」と記載されているので、むやみに操作しない方が無難です。

 

セキュリティの問題

ここは、セキュリティの問題が検出されると表示されます。

 

その他のリソース

こちらでは、便利なツールやGoogle検索、Googleマップ、Google+などのサービスを紹介しています。

 

まとめ

管理画面メニューにそってご紹介いたしました。
このサーチコンソールを使用することにより、サイト運営の安定力を高め、SEOの改善に多いに役立ちます。
サーチコンソールを導入して、より効果的な集客をしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加