ライターの仕事とは?

「ライターにはどうしたらなれるでしょうか?」

ライターという職業は一般の仕事と違い特殊です。ライターは特定の検定や資格が必要なわけではありません。よって専門の学校も特に存在しません。(養成スクールなどはあります。)異業種からライターを目指す方にとっては養成スクールも基本を学ぶことができる他人脈を得ることにも役立つ可能性があるため良いかもしれません。

ちなみに、自称ライターにはいつでも誰でもなることができます。ただ、実力が伴っていなければ稼げるライターにはなれません。結果としてお小遣い稼ぎ程度となってしまうでしょう。

フリーのライターの年収も幅が広く、10万円~1,000万円以上と様々です。

ライターの素質

  • 文章を書くこと、読むことが好き
  • 自分の言葉で文章を書くことができる
  • 調べることが好き

ライターの仕事として最低限上記を満たしている必要があります。裏を返せば上記の内容を満たしていればライターの素質があるということです。経験からですが、読書量が多い人はやはり文章を書くことも上手だと感じます。スキルは後からついてくるため、なんだかんだ最も大切なことは「仕事が好き」という気持ちだと思います。何事も相手の想いに応えるために全力で行う事が重要です。

また、自分で一から作成するということには気力が必要です。そして、自分では素晴らしい出来だと思っても発注者にも同じように思ってもらえるとは限りません。複数回に及ぶ修正が必要な時もあります。修正箇所が多くとも応じる精神力の強さも必要です。

ライターの仕事内容

ライターの仕事は、簡単に言えば記事を書く仕事です。依頼者からの指示書を元に正確に間違いのない事実を誰にあててどういった意図で記事を執筆するのか、何のために書くのかの目的を捉え
データや内容収集を元に自分の言葉でWebや雑誌、フリーペーパーなどに掲載する記事の作成を行います。

文章はただ作成すれば良いというものではありません。分析力・表現力も求められます。社会が今求めているもの、熱量を感じその中で自分の思いもしっかりと文章に落とし込めるライターこそ今後も求められるライターであると考えます。

弊社もそうなのですが、インターネットの飛躍的な発達により、ホームページ内のコンテンツ記事の作成、メールマガジンの執筆やブログ記事の作成の仕事が多くなっているようです。文章だけでなく、キャッチコピーの作成もライターの仕事となります。ライターの仕事が多岐に渡ることがわかっていただけたでしょうか?

ライターが仕事を探す方法

ライターになることを決めてもどうやって仕事を見つければいいのかわからない方も多いようです。

  1. オンライン型クラウドソーシングに登録
  2. ハローワークなど求人から探す

ライターを本気で本業としたい場合の近道は出版社や編集局への入社と言えるでしょう。目で見て肌で感じながらライター業を一から学ぶことができます。ですが、出版社や編集局への入社は大変難しいことです。

福井県でいうと、2のハローワーク、企業のホームページなどからの求人はほとんど存在しません。都市部であればライターの求人も多いのですが…。それでも即戦力を求められる可能性が高いため未経験者の採用は難しいでしょう。

1の例として、クラウドワークスランサーズなどが挙げられます。ここでクラウドワークスでのシステム利用料をご紹介します。

screenshot-docs.google.com-2017-01-17-14-49-15

50,000円の仕事を行った場合、受け取る報酬は40,000円となります。
(※タスク形式の場合にはシステム利用料はかかりません。)

思いのほか手数料がかかることがお分かりいただけるかと思います。また、実際にオンライン型クラウドソーシング内を検索するとわかりますが、ライティングの需要が高まっているのに対し、
単価報酬が低い事が現実です。

例に50,000円を出しましたが、実際は案件単価が低く設定されていることが多く50,000円を稼ぐことはとても難しく大変です。もちろん仕事が正当に評価されれば、継続した案件を受注することも可能です。

そして…。2の求人、実は弊社で行っております!
基本的なパソコン操作は必要ですがライター歴は未経験者も大歓迎です♪私達と一緒に頑張ってくれる方をお待ちしております。気になった方はお気軽にご連絡・お問い合わせくださいませ。

Bigmac採用情報
後に独立し、フリーライターになりたい方も大歓迎です!

採用されるライター応募文章の書き方

ライターー以外の応募の場合も同じですが、履歴書や応募フォームなど、目に見えない段階で自分を売り込めなくてはなりません。オンライン型クラウドソーシングでの応募を例として採用されやすい応募文章の書き方をご紹介します。

自己紹介でメリットを伝える

相手に自分のことを知ってもらうために自己紹介をしましょう。最後まで読んでもらうために、わかりやすく簡潔にを心がけましょう。そして意外にも挨拶をせずして応募してくる方も多いです。内容には一応目は通しますがやはりはじめの時点での印象は良いとは言えません。挨拶と応募する案件、名前、ペンネーム(あれば)を冒頭に記述しましょう。

副職であれば現在の仕事内容、ライターのみであれば、ライターになる前に行っていた職種を知らせることでライティング内容の想定や強みを提示できたり人物像をイメージさせることができます。

(例)
「初めまして。【育毛剤に関する記事のライター募集】に応募させていただきましたペンネームは○○こと●●です。日中は医療事務をしております。コミュニケーションスキルの高さと多少の医療知識もございます。」

上記の場合、相手に他の仕事も対応可能といったメリットを提示することも可能です。

実績を伝える

応募文章の中で実績の記述が最も重要であるといっても過言ではありません。今まで行ってきたライター業務・実績を提示することでリアル感が増します。多数ある場合は応募内容に近いテーマをメインにして記述すると良いでしょう。サンプル記事などの添付も参考になります。

ライター未経験の場合、執筆経験がないことを隠すことはせず、正直に伝えましょう。未経験者でも仕事は受注することは可能です。数をこなすことにより着実に力はついていきます。ライティングの力が向上すれば単価の良い仕事を受注できるようになるでしょう。

経験者の場合、SEOを意識した記事の執筆の経験の有無や勉強したい気持ちを伝えることも効果的です。

疑問点の解決でコミュニケーション

どんな仕事にも疑問点は出てきます。双方のためにも、この疑問部分を確認することで理解を深めましょう。メリットとしては応募した業務についての姿勢を見せることができます。質問する場合のポイントとして、疑問点・不明点を一旦、わかりやすく箇条書きに書き、整理してみることをおすすめします。

(例)

  • 納品期日についての確認
  • 納品データの受け渡し方法
  • テーマの有無
  • 文字数、見出し。構成の確認
  • 報酬
  • 報酬支払日。締め日の確認

ライターの仕事はおもしろい

情報収集から知識が増えるだけでなく、人脈が広がります。そしてとても自由な職業とも言えます。自由な部分としては時間の融通がきく他、仕事内容を選ぶことができます。あなたもライターになってみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

S.Takeda

Bigmac inc. メディア事業部所属。 2014年4月入社。会社設立時の初期メンバーとして、現在まで会社を支え続ける。とにかく明るく賑やかで会社全体の雰囲気を良くするのが得意。家庭と仕事の両方を大事に考えており、常に思考がポジティブなのが特徴的。時に優しく、時に厳しく、状況に応じて感情を使いこなせるので周りからの信頼も厚い。趣味は美味しいご飯を食べに行く事で、InstagramなどのSNS媒体で常に情報を探している。

筆者が最近執筆した記事