キーワードを設定して記事を書こう

今まで検索ユーザーにサイトを見て欲しい。アクセス数をアップしたいと思って記事を書いても検索上位にアップされなくて埋もれてしまっている記事コンテンツがあると思います。検索ユーザーの目に留まるようにロングテールSEO対策する手順方法についてご紹介します。

キーワード検索でユーザーの目に留まる記事にリライトするには?

新しく記事を書くのも良いです。しかし、過去にアップした記事を検索時に引っかかるようにすることもコンテンツ全体の品質向上に繋がります。そのためにもキーワードを設定して記事を書くことが重要となってきます。それでは、ポイントついてご紹介します。

上位サイトを読んで見る

自分の書きたい内容設定、検索ワードで上位検索させていてブログSEOしている記事コンテンツを確認してみると良いです。上位表示させている記事、QAサイトを読んでみることで上位サイトがどのような機能や特徴、関係性があるのかを分析してみましょう。

過去に書いた記事をもう一度読み直す

作成したサイトの主旨に、この記事は必要は必要では無いかの選別作業をする必要があります。検索ユーザーがなんでこんな記事がこのサイトに載っているの?と感じないように、まず自分でサイトのテーマや目的を見直し、それに当てはまっている記事をピックアップします。

自分の記事内容確認

下記の文章内容を確認しましょう。

    • この記事は検索ユーザーが検索してまで知り得たい情報が記載されているのか?
    • この記事は何について書いている記事なのか?
    • この記事は自己主張をしすぎていないか?
    • この記事にニーズに見合ったキーワードとは何か?
    • 文字数が足りているか?

(テキスト量:3,000文字程度)

SEO対策ツール・検索数調査の無料ツールでキーワード選定をする

SEO対策ツールとして
「キーワードプランナー」
「Google検索」
「キーワードウォッチャー」
「フェレットプラス」
「Googleサジェストワード」

といったツールから関連度の高い検索数と関連検索語共起語検索を洗い出し確認して、月間平均検索ボリュームアップを目指しましょう。

タイトルの見直し

上記のような見直し作業をしていくとアップ時につけられたタイトルに違和感を感じたり見直す必要がでてきます。そのなかで重要なことは文章内に散りばめられた共起語の大元のキーワードがタイトルに含まれているかどうかです。例えば、修正前のタイトル「今日受験だけど、頭が痛いから合格する気がしない…。」のようにつぶやきのようなタイトルより「合格体験記頭痛時でも集中できる3つの対処法」みたいに記事を書きたいと思った最初のイメージは同じでも、タイトルを明確にするだけで、ひとりのつぶやきから検索されやすいタイトルになります。

そして、タイトルを変更するメリットとしてキーワードで検索がされやすくなります。この場合だと、「合格体験記 頭痛 対処法」と検索エンジンでキーワード検索されやすくなり検索者にもわかりやすいため検索数アップSEO効果の可能性も期待できます。

記事を書き直す(リライト)

上記でお話したキーワードが本文の内容とマッチしているかということです。タイトルをみて「合格体験記 頭痛 対処法」とキーワードを決めたとしても、修正前の記事の内容が「受験 頭痛 」では内容にブレが生じます。タイトルと内容の意味合いが違えばより良いコンテンツになりません。そのために、検索ユーザーに選ばれやすい状態に修正したタイトルから決めたキーワード「合格体験記 頭痛 対処法」で記事を書き直します。この際に検索ユーザーに対して最終的な答えが記載されているかも大切なポイントになります。

この2点に注意してリライトするだけでも記事の価値は上がります。説明するにあたって足りない箇所や、共起語を文章内に散りばめるために必要な箇所は追記しましょう。

念のために、Fetch as Googleをする

記事を書き直したことをGoogle検索ロボットに確認しにきてもらいましょう。一応、なにもしなくても、いつかのタイミングでかはGoogle検索ロボットが巡回してくれて、リライト内容などを読み取ってくれます。しかし、できるだけ早く変更、追記箇所を反映して月間検索ボリュームアップと検索上位表示欲しいと思うので、このFetch as Googleを使います。キーワード検索の際に上位検索される順位を決めているのは検索エンジンです。サイトの検索上位表示されるためには、なによりこの検索エンジンの仕組みを知り理解する必要があります。

その中で覚えておきたいのはこの2つです。クロールとインデックスという用語についてご紹介します。

クロールとは?

Googleがウェブクローラーというソフトウェアを使用して、世界中に存在するWEBページの情報収集する作業をクロールといいます。最もよく認知されているのがウェブクローラーです。ウェブクローラーとはGooglebotという巡回してまわるためのロボットです。

検索エンジンの大元、組織のボスはクローラーという巡回ロボットを手下に従えています。クローラーロボットの仕事内容は、検索エンジン(組織のボス)の命令を受けて世界中に存在するWEBサイトの情報を仕入れてくることです。その動きは、蜘蛛に似ていることから、Spider(スパイダー)とも言われます。このように、這いずりまわって世界のウェブサイトの情報収集をする仕事をCrawl=クロール:(這うという意味)と呼ぶようになりました。

そして、そのロボット自体を「クロールする者」という意味でクローラー=Crawlerと呼びます。実は、クローラーロボットがWEBページに一度だけチェックしにきただけでは正確な情報を持ち帰れないという特徴があります。クローラーロボットは、そこまで優秀じゃないので一回巡回しただけでは、ページ情報の限られた箇所しか情報収集することができないです。そのため、ページの情報を正確に読み取ってもらうためにも、何回かクローラーに巡回してもらう必要性があります。

クローラーが情報収集の際に確認するポイント

過去にクロールが情報収集したWebページのリスト所有者からWebサイトに情報提供されたサイトマップに含まれる情報をもとに巡回を始めます。クローラーロボットは、一度パトロールし情報収集したことのあるサイトサイトマップで提供されているサイトを訪れ、そこから他のページへのリンクを探し移動していきます。

その中でも情報収集の際に重要視するポイントがあります。
・新しいサイトの使い方、内容
・今あるWEBサイト内容の変更箇所
・無効なリンクがあるか

このことを理解しておきましょう。クロールの頻度を上げることが大事クロールを沢山してもらった方が、より確実な情報を最新版で持って帰ってもらうことができます。その結果、クオリティーの高い記事コンテンツが正確な評価をされ、検索結果の上位表示を狙いやすくなると言われております。そのためにも、頻繁にクローラーに巡回依頼は重要です。

インデックスとは?

インデックスとは検索エンジンに情報として記録されたWEBサイトという意味です。英語では「索引(さくいん)」「見出し」という意味になります。ロボットクローラー(手下)の仕事内容としては、世界中のWEBサイトの情報を収集して組織のボスとなる検索エンジンのために持って帰ってくることです。そして、集められた情報を仕分けをし記録する作業です。このように、クローラーロボットが持ち帰ってきた情報を整理してインデックスに登録することを「インデックスされる」とも言います。インデックスには、クローラーロボットが組織に持ち帰った情報が綺麗に仕分けされ記録されています。

インデックスに登録される際のポイント

どのWEBサイトがどんな情報を持っていているか扱っている話題とは何かという内容です。検索ユーザーが実際に、Google検索を使用する際に使われるデータとなります。もしWEBサイトがインデックスに登録されていない場合、どんなキーワード検索法でもヒットしません。

まとめ

新たに記事を作成する場合も、リライトする場合も同じことが言えますが、このツールを必要としているであろう人のことをよく考え記事の内容軸となるキーワードを決めてSEOツールで検索候補のキーワード選定をしないと作業が困難になります。コンテンツ作成の下準備をしっかりしたうえで作業を始めましょう。

Googleが求めるコンテンツとキーワード検索ユーザーの検索意図を理解しキーワードの出現率を上げましょう。検索条件に関連性のあるリンクを貼るなどの関連ワードのリンク対策をして検索回数を増やし、かゆいところに手が届くコンテンツに仕上げて、アクセスアップ検索順位アップを目指しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加