Twitter広告の使い方 3種類の広告で効果的に配信

記事公開日:2018.05.14

最終更新日:2018.05.11

731 PV

twitter_three_kinds_ads

Twitterは10代・20代の半数以上が利用する有力なSNSとなっており、国内でも有力なプラットフォームになっています。(総務省 2016)
今回はマーケティングに欠かせないTwitter広告の使い方についてお話させて頂きます。

広告の目的と課金タイミング

Twitter広告の主な目的は「ツイートのリーチ数の増加」「フォロワーを増やすこと」「情報の拡散」「外部サイトへの誘導」です。
Twitterのタイムライン上に広告のクリエイティブ(ツイート)を挿入し、掲載される仕様になっています。

使い方として文字のみのツイートはもちろん、画像や動画を添付することもできます。
Twitter広告の成功事例ではユーザーの注目を集める画像や動画も多く見受けられます。

課金されるタイミングとしては、広告のクリックやリンク先への遷移など、指定した行動をTwitterユーザーが行った時のみ課金されます。
エンゲージメント課金と呼ばれる「Twitterユーザーが反応した場合のみ課金」といった課金方法も選択できるため、
広告費を効果的に使用することができます。

 Twitter広告は3種類

Twitter広告には3種類あり、表示される場所も異なります。

twitter_your_favorite

プロモアカウント

プロモアカウントはTwitterアカウント自体を宣伝する広告です。表示場所としては、タイムライン右上にあるおすすめのユーザー枠に、対象のアカウントが表示されます。

プロモアカウントの目的・使い方

プロモアカウントの目的としては主に3つあり、1つ目に、「購入、リード、ダウンロード、及び登録の数を増やす」ことがあります。
Twtterユーザーが会社のアカウントをフォローすることで、会社にある商品に興味関心があることを示しています。使い方として興味を持ったユーザーに向けてサイト誘導を促すツイートをし、商品の購買行動を促すことが出来ます。

2つ目に、「ブランド認知度を高めて口コミの共有を促進する」ことです。広告主がTwitterで価値のある情報をツイートすることで、フォロワーはリツイートを使って簡単に自身のフォロワーと共有できるため、より幅広いユーザーに情報が届き、認知度がさらに向上します。

最後は、「ウェブサイトへの訪問数を増やす」ことです。

有料のプロモアカウントによってフォロワーを獲得したら、無料のオーガニックツイート(通常のツイート)によって毎日フォロワーと関わりを持つことが出来ます。

オーガニックツイートをフォロワーは見ている可能性があり、ツイート内にURLを掲載することでウェブサイトを閲覧する可能性もあります。

プロモアカウントのターゲティング

プロモアカウントは「興味関心」「地域」「性別」によってターゲティングを設定することが出来ます。

興味関心については、旅行や映画/テレビと言った大きなカテゴリーからコメディ、アニメなどの細かい分野まであわせて350以上のジャンルでユーザーの興味を絞り込むことが出来ます。

twiter_daily_life_ads

プロモツイート

プロモツイートは、アカウントを宣伝するのではなくツイート単体を宣伝するもので、ユーザーによるエンゲージメントが期待できます。

プロモツイートはTwitter上の検索結果に表示されるものと、タイムラインに表示されるものの、2種類があり、ユーザーのツイートと一緒に表示されるためインフィード広告とも呼べます。

プロモツイートの目的・使い方

プロモツイートの目的としては、大きく分けて「Twitterを通じて、Twitterユーザーに特定の行動を促すこと」と「認知度を高めること」です。

 

Twitterを通じて特定の行動を促すことを目標にする場合の使い方

  • ユーザーが一番良い情報をクリックできるように促す事でウェブサイトへのアクセス数を増やす
  • ツイートでクーポンや特典を提供する
  • 販売や特典などの情報をプロモーションする

ビジネスに対する認知度を高めることを目標にする場合の使い方

  • 投稿したブログやイベントや新製品の発売などの情報をより多くのユーザーに配信できる
  • ツイートした内容を、広告を使うことによって確実に見てもらうようにすることで、影響力の強いユーザーや広めたいブランドを支持する人と繋がることができる
  • リツイートをしてもらうことで、メッセージを更に幅広いオーディエンスに届けることができる

という2つの目的があります。

プロモツイートのターゲティング

プロモツイートでは「キーワード」「興味関心」「地域」「デバイス」「性別」「既存のフォロワーとの類似性」のターゲティングが可能です。効果的なターゲティングの使い方によって、高いエンゲージメント率を出すことも可能です。

プロモトレンド

プロモトレンドはトレンド(もっと探す欄)の最上部に、キーワード、ハッシュタグを宣伝することが出来ます。便利な使い方として、話題になっているキーワードのところに、キャンペーンを宣伝するようなハッシュタグや新製品を紹介するキーワードが入っていると、ユーザーの注目度も高めることができます。

プロモトレンドの目的

プロモトレンドの目的は、プロモツイートと同様に、イベントや販売促進のための宣伝等をトレンドとしてアピールする使い方が可能です。

プロモトレンドのターゲティング

プロモトレンドはキーワードなどの細かいターゲットではなく、指定された地域のユーザー全てのトレンドに表示されます。

twitter_ads_types

効果的なTwitter広告を目指して

Twitterの利用者は年々増加傾向にあり、Twtterの利用者としても10代~20代で半数以上を占めています。
若年層をターゲットとするSNS広告はTwtterを活用すると大変効果的だと考えられます。Twitter広告の使い方を熟知し、効果的なターゲティングと配信方法で、成果の出る配信を目指しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

N.nakatsuka

Bigmac株式会社 メディアマーケティング事業部 所属。2018年3月入社。教員やIT系企業での勤務経験を経てBigmacに入社。プライベートで開催しているイベントを宣伝したいという理由から、WEBマーケティングに興味を持つ。上司の脛をかじりながら勉強中。

筆者が最近執筆した記事