WordPressを利用するメリットとデメリット


利用者が多いWordPress…。WordPressのメリットとデメリットについて説明していきます。

WordPressを利用するメリット

WEBサイトのページ作成が簡単

サイトのページ作成が簡単です。WordPressは、ブログ形式でホームページが作成できるツールです。HTML・CSSなどの知識が全然なくても、ブログを投稿する感覚で簡単にページの作成や更新・編集をする事ができます。基本的には、「文字の入力」と「画像の挿入」でページが作成・更新できます。

文字の入力や画像の貼り付けはワードのような感覚で文字の大きさや色を変更したり、画像や動画を挿入することも簡単にできます。WordPressは、アメブロなどの無料ブログのようにブログ投稿としての利用も可能ですし、デザイン次第でホームページとしてページ作成されたように見せながら自由に情報発信することも可能です。

テンプレートが豊富

WordPressのメリットとして、公開されているテンプレートがたくさんあります。ダウンロードしただけのWordPressはデザインはされておらずとてもシンプルです。そこからテンプレートを選び設定していきます。テンプレートには無料のテンプレートから有料のテンプレートがあり種類がとても豊富です。日本で有料テンプレートの中に「TCD」というWordPressテーマがあり、これはとある制作会社が提供しているものです。

有料テンプレートですが管理画面も初心者でもつかいやすいようにこだわって作られています。カスタマイズも可能です。デザインも素敵なので興味があれば一度ご覧ください。いろいろなテンプレートがありますが、無料のテンプレートでも十分なサイトが作れますのでいろいろ検索して試しに利用してみるといいかもしれません。

プラグインが豊富

プラグインが非常に豊富です。プラグインとは機能を追加するもので、拡張機能のようなものです。管理画面から簡単に利用することができます。プログラミングの知識が全くの0でも簡単に利用できます。プラグインを利用すると、SEOの設定、フォームの作成が簡単にできたり、Facebookやinstagramとも連携できたりもします。こちらも無料のプラグイン、有料のプラグインがあります。基本的には無料のプラグインで十分なんでもできるかと思います。プラグインの使い方がわからなくても基本的には検索すると使い方やプラグインの説明や設定の仕方など情報がでてくるので初心者の方も簡単に利用できると思います。

カスタマイズできる

初心者の方では難しいと思いますがある程度の知識やスキルがあれば、WordPressの機能からデザイン構成までカスタマイズ可能です。カスタマイズして「こんなこと」がしたい、「あんなことできるのかな」と思った時に調べると出て来る情報が多いのもWordPressのメリットかと思います。WordPressは世界中に利用者がいるので、わざわざ本を買わないとわからないということもなくネットの検索のみで必要な情報がすぐ入り、カスタマイズするときの参考にもなるかと思います。

管理が楽

WordPress(ワードプレス)を使用するメリットは、ユーザー登録しそれぞれ違う権限を与えることができることです。例えば、Aさんはサイト全体を改良出来る人、Bさんは投稿だけができる人という人別で管理画面の触れる範囲が違う権限を与える事も可能ですし、出張先や旅行先での更新なども簡単に行えます。また、サイトを管理する担当者が変わった時にも引き継ぎが簡単にできます。

SEOに有利

WordPress(ワードプレス)を利用すればサイトで上位にあがるということではありませんが…WordPressはSEOに強いと言われているCMSです。Googleのエンジニアさんも推奨しています。WordPress(ワードプレス)のプラグインの中にはSEO対策に使えるプラグインもたくさんあるので、SEOの知識がなくても簡単に設定できます。

WordPressを利用するデメリット

たくさんのメリットがあるWordPress(ワードプレス)ですが、多少なりデメリットもあります。

初心者向きではない

WordPress(ワードプレス)でサイト制作するためには、インターネット上から無料ダウンロードして使用します。WordPress(ワードプレス)は、検索できる情報は豊富ですが、HTMLやCSSといった最低限の構築に必要な知識がないと、カスタマイズが難しいかと思います。

電話でサポートしてもらえない

WordPress(ワードプレス)のサポートは電話でのサポートは用意されていません。メールのみでの対応なのですぐに解決することができません。検索し出て来る情報が豊富でも自分が探している情報に出会えないときの解決が困難かと思います。

表示速度が遅い

サイトの表示速度はSeo対策にとって重要なことです。表示速度が遅くなるとサイトを利用する人の離脱率が高くなります。サイトの表速度は検索順位を決めるうえで重要視されているのでWordPress(ワードプレス)を利用するときのデメリットとなるかと思います。

セキュリティーの面

WordPressはオープンソースなので、WordPressテーマやプラグインなど無料で使用できています。しかしその反面で、ハッカーからの攻撃に対し脆弱性があるともいえます。世界中の人が利用しているシステムなので、その分WordPressで作成したサイトが狙われる可能性もあります。URLからサイトのWordPressログイン画面にアクセスしログインできる可能性のあるパスワードを全て入力しログインするというハッキングが度々おこっているそうです。

WordPressを使用するために必要なもの

WordPressの本体

これはWordPressの公式ページから無料でダウンロードします。

レンタルサーバー

WordPressを利用するために条件を満たしているサーバーかを確認した上でレンタルサーバーを利用します。

PHPのプログラミング言語とMySQLデータベースの動作が条件となります。PHPのプログラム言語にかんしては、現在の大手レンタルサーバーであればほぼ利用可能になっていますが、MySQLに関しては、レンタルサーバーの格安プランでは利用不可能となっていることもあるので、契約時注意してください。MySQLはWordPressで作成するサイト1つにつき、1つのMySQLを当ててください。いくつものサイトを1つのMySQLで動かそうとすると、不可がかかりすぎ、不具合がおこりやすくなります。

独自ドメイン

Webサイトのアドレス。ドメインを取得しなくてもレンタルサーバーを契約すると自動で割り当ててもらうことはできますがレンタルサーバーを乗り換えたりするときに手間がかかったりするので独自でドメイン取得することをおすすめします。

まとめ

以上でWordPressのメリットとデメリットについての説明を終わります。

今回の記事ではWordPressのメリットやデメリットを説明しましたが、実際に使用してみるとWordPressの便利さがわかるかと思います。WordPressのメリット・デメリットを理解し、サイトを構築してみてはどうでしょうか?カスタマイズしていくことは大変かもしれませんが、自分でカスタマイズして構築していくことは楽しいとおもいますのでぜお試しくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

A.Haraguchi

Bigmac inc. 制作部所属。2016年3月に入社しました。 ほぼ未経験の状態で入社し、戸惑うこともたくさんありましたが、会社のメンバー達に支えられながら今に至ります。 2児の母なので休日は子供との時間にしています。一緒に料理したり、家事を手伝ってもらったり、娘達が自分でできるようになっていく姿をみることが最近の楽しみです。

筆者が最近執筆した記事