ドメインとサーバーって?初心者にもわかる仕組みの基本

Webサイトを運営、または制作するにあたり、ドメイン・サーバなどという言葉をよく耳にするかと思いますが、ドメインとサーバーがどういったものでどういった仕組みなのかご存知でしょうか?そもそも何を指しているのかわからない!というような方に、ドメインとサーバーの仕組みについて簡単にご紹介したいと思います。

ドメインとは一体なにか?

「ドメイン」とは簡単に言うとインターネット上の住所のようなものであり、ホームページを見る際にインターネット上のどこにいるのか、を特定するためのものになります。具体的に言うと弊社のWebサイトの場合、サイトアドレスの一部にあたる「big-mac.jp」がドメインとなります。このドメインがなければWebサイトを公開することはできません。Webサイトを公開するにあたり、ドメインは必要不可欠なものであり、このドメイン名は好きなものを選ぶことができます。

同じものは二つとして存在しないもので、好きなものを選ぶといっても早い者勝ちとなります。ちなみに、ドメインの前につく「www」などの文字列は「ホスト名」と呼ばれます。また、このドメインは、Webサイトだけでなく、メールアドレスの@以降でも使用されます。会社名や何かの名前などをドメイン名で選び登録することによって、わかりやすく覚えやすいサイトURLやメールアドレスを利用できるのです。インターネット通信時には、DNS (ドメインネームシステム)という仕組みでドメイン名をIPアドレスに変換する作業が裏側では行われています。

IPアドレスとは?

IPアドレスという言葉が出てきましたがIPアドレスとは何かご存知でしょうか?インターネット上のコンピューターにはIPアドレスという数字が割り振られています。このIPアドレスは数字の羅列のため、パソコンなど機械では処理しやすいのですが、人間には大変わかりにくく、理解しやすい文字列であるドメイン名をIPアドレスに変換して通信されているという仕組みです。

IPアドレスはアクセスしたいサイトごとに異なる数字が割り振られています。先ほどドメインとはインターネット上の住所のようなもの、と説明しましたが、掘り下げるとIPアドレスは「住所」、ドメインは「表札(名札)」と思うと、ピンときやすいかもしれません。

IPアドレスとドメインを結びつけるDNS(ドメインネームシステム)

よく「DNS設定」などという言葉で耳にするかもしれません。DNSとは「ドメインネームシステム」という、ドメインとIPアドレスを紐づける仕組みを指します。インターネット上でドメイン名を管理・運用するためのシステムで、インターネット通信時にドメイン名とIPアドレスを相互に変換する作業を行なっています。

たとえばユーザーが、「big-mac.jp」とWEBブラウザに入力すると、「big-mac.jp」のサーバーを探すため、「big-mac.jp」のDNSサーバ名とIPアドレスを問い合わせます。そこで、「big-mac.jp」のDNSサーバーに接続してドメイン名をIPアドレスに変換して数字の羅列を返します。そのIPアドレスを得て「big-mac.jp」を運営しているWEBサーバーにアクセスし、ホームページを表示させるという仕組みです。

文字にするととてもわかりづらいかと思いますが、つまりは、普段ホームページをユーザーが閲覧している際、表向きはドメイン名でURLなど表示されていますが、裏側ではDNSでIPアドレスを探してきて表示している、というわけです。

メールではどういう関わりがあるの?

先ほど、ドメインはWebサイトだけでなく、メールアドレスの@以降でも使用されると述べましたが、メールでもWebサイトと同じようにDNSで結びつけが行われています。

例えば、info@big-mac.jpに電子メールを送ると、このドメインである「big-mac.jp」の情報を管理しているDNSサーバに問い合わせをおこない、対応するメールサーバのIPアドレスを取得し、そこにメールを送信する、という仕組みです。

ここまでで、ドメインについてはある程度仕組みがわかりましたでしょうか?次に、サーバーについて書いていきたいと思います。

サーバーとは?

ドメインとはインターネット上での住所のようなもの、と説明しましたが、サーバーとはその土地のようなものだと思うとわかりやすいでしょうか?そしてその上に立つ家がWebサイトだと思ってください。つまりはドメインはそれだけあってもWebサイトの公開まで至りません。ドメインをおく場所、「サーバー」にWebサイトのデータをおいていくことではじめてWebサイトがインターネット上で公開されるのです。メールも同じく、実際にそのメールを受信したりして蓄積していく場所がサーバーとなります。

ドメインとサーバーはどのように紐づいているのか?

ここからは実際に独自ドメインを取得してサイトを運営する際の手順を説明していきます。まず、ドメインを取得したら、その置き場所であるサーバーを確保しましょう。サーバーも最近ではレンタルサーバーで十分といえる機能がついているので、特に独自でサーバーを持つ必要は何か特別な理由がない限りないかと思います。レンタルサーバーで独自ドメインを使用するには、取得した独自ドメインに対して、レンタルサーバーが使っているDNSサーバーを指定する必要があります。この作業を行うことで、サーバーとドメインの紐付けが行われているのです。

サーバーを取得するレンタルサーバー業者によっても異なりますが、一般的には、まずサーバー側で「この独自ドメインを使用します」というような設定を行います。ドメイン名を入力するだけで済むことが大半かと思います。そして、独自ドメインを取得したサービス業者の管理画面などで、「ここのサーバーを使います」というような設定を行なって紐付けは完了です。

Webサイトをリニューアルする際に生じる問題など

最後に、Webサイトをリニューアルする際よく起こる事例を挙げたいと思います。もともとのサイトを制作した会社にそのままリニューアルを依頼する際などには基本的に特に問題は起こらないかと思います。というのも、Webサイトを最初に作る際、上記で述べたようにサーバーとドメインを制作会社が取得する場合がほとんどです。もちろん、サーバーもドメインもたいていの場合は月額・年額が生じるので、「保守費」としてその部分を企業側が制作会社へと支払っていたり、もしくはサーバー・ドメインを取得する際に、もともとその管理会社として制作会社が入るわけではなくその企業側の情報で登録することもあるかもしれません。

どちらにせよ、サーバーやドメインは制作会社が管理していることが多く、最初に制作した会社と違う会社にリニューアルを依頼する場合は、現在使用しているサーバーとドメインの管理をどうしていくか?という問題が発生するのです。管理会社として以前の制作会社から今回リニューアルを依頼する会社に変更する場合は、サーバー移管・ドメイン移管という作業が生じるようになります。サーバーを移管する場合、そのサーバーを使用しているWebサイトだけではなく、メールアドレスの設定なども再度していくこととなります。ドメインに関しては「ドメイン移管」ということで管理業者を変更することができるので、従来の制作会社から今回の制作会社へとドメインを譲渡する手続きとなります。それを行うことで従来のドメインをそのまま使用することができるのです。

いかがでしたでしょうか?よく耳にする「ドメイン」、「サーバー」について仕組みがなんとなくわかっていただけたでしょうか?ホームページを表示させるにも裏側ではいろんな仕組みが働いていておもしろいですね。興味のある方は、ドメインのwhois情報や、SSL設定においてもドメイン認証があったり、DNSについてもDNSレコードなど、もっともっと掘り下げる内容があるのでぜひ詳しく調べてみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

M.Nakayama

Bigmac inc. 制作部所属。 前職でBigmacと出会い、2015年6月制作部の立ち上げと共に入社。オンとオフの切り替えをしっかりすることをモットーに、仕事の日はがっつり仕事、休みの日は子どもと目一杯遊び、家事に励むようにしています。 Webデザインからサイト構築まで幅広く携わっていますが、基本的には人が作った綺麗なデザインを寸法の狂いなくコーディングしていくことが好きで、難しいものができたときほど達成感・やりがいを感じます。シンプルでフラットなデザインが好物です。

筆者が最近執筆した記事