ランディングページとホームページの違い

記事公開日:2017.11.01

最終更新日:2017.11.02

234 PV


ホームページ制作とランディングページはわかりますか?どちらもweb上で表示されるものですが二つは全く異なります。ホームページとランディングページ、二つの特徴をお話ししていきます。

ホームページ、ランディングページのそれぞれの特徴

まずは基本的なホームページとランディングページ二つの特徴をそれぞれ確認しましょう。

ホームページの特徴

Webサイトには、コーポレートサイト、ECサイトなどの分類がありますがそれらはどれもホームページの一種です。ホームページは、複数のページが存在します。複数のページの中に様々な情報が盛り込まれています。

Webサイトを閲覧しに来る訪問者(ユーザー)や会社の取引先が気になる情報が準備されていて必要な情報を揃えておくことが必要です。
基本的には「コレ!」といった限定された目的がなく、情報を提供することがホームページの目的です。

ランディングページの特徴

ランディングページは集客に特化した縦長1ページで完成されているページのことを表します。
一般的なランディングページは、メインビジュアル、キャッチコピー、購入などの誘導バナー、特化して紹介しているものの(商品など)の詳細説明、お客様の声で成り立っているものです。
下の方まで見ていくと、購入用のフォームや、ページによっては、資料請求や会員登録などのフォームが存在します。

一般的にはデザインも主張されている目立つものが多く設置されている誘導ボタンやバナーもホームページと比べると押しやすいサイズやデザインになっています。
特化している商品などの説明など以外の余計な情報は入れず、ページの訪問者に対し、その商品に集中させ、コンバージョンを出すことが目的のページです。

ホームページ、ランディングページのメリット・デメリット

つぎはホームページ、ランディングページのメリットデメリットを簡単に説明します。

ホームページのメリット・デメリット

ホームページのメリットは、検索エンジン(GoogleやYahoo!)から多くの利用者が訪問してくることです。ブログなどでページ数を増やしたりSNSを利用することにより、訪問者が増えホームページ全体で自社の知名度をあげることができます。

デメリットとしては、ページが複数あるため制作に時間がかかってしまうことや、せっかく作ったページも必要とされないページ、役に立たないページでは被リンクを得ることができない、ホームページの維持費などのコストがかかる、集客に一定の時間がかかってしまうことなどです。

ランディングページのメリット・デメリット

ランディングページのメリットは1ページで完結しているため、伝えたいことを明確に伝えることが可能になり、ユーザーがサイト内で迷子になることがありません。また、ランディングページに誘導することで成約率の管理もしやすくなります。

しかしデメリットとしては、1ページしかないので、複数ページのあるホームページとは違い検索エンジンからの流用はあまり期待できません。検索エンジンからの流用がすくないため、そのランディングページに誘導するための動線も必要になってきます。

ホームページとランディングページ、どう使い分けるの?

それぞれ構成が違うホームページとランディングページ…。どのように使い分けられているのでしょうか?

ホームページとランディングページはそもそも役割が違います。ホームページの役割は、情報の提供です。会社の基本的な情報(業種やサービス内容、商品の詳細など)やブログなどの全てがWebサイトに訪れるユーザーのためへの情報提供です。ホームページは複数のことに対し、長期的な集客効果がありません。サイト内のコンテンツを改善していき品質の良いコンテンツにしていくことで、SEOにつながっていき、フェイスブックやツイッターなどのsnsを利用することでより集客率をあげることができます。

一方、ランディングページの役割は、コンバージョンを得ることにあります。コンバージョンとはそのLPに対しての成果です。定義されているものがお問い合わせならば個人情報、商品を購入してもらうことを定義しているのであれば、実際に購入された数です。

ランディングページは個に対し、短期間の集客での効果が期待できます。検索エンジンからの流用は期待できませんが、例えば、期間限定のキャンペーンや、商品の販売に対しリスティング広告を打つことによりSEOは関係なくコンバージョンをあげる期待が持てます。

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、検索エンジンでキーワード検索した際に、その結果とともに表示される広告のことです。

まとめ

簡単に説明したホームページとランディングページですがどちらも導線が重要です。
作っただけで何もしなければ誰もそのホームページ、ランディングページに訪問してくれません。
目的に合わせて戦略を練り、使い分けることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

A.Haraguchi

Bigmac inc. 制作部所属。2016年3月に入社しました。 ほぼ未経験の状態で入社し、戸惑うこともたくさんありましたが、会社のメンバー達に支えられながら今に至ります。 2児の母なので休日は子供との時間にしています。一緒に料理したり、家事を手伝ってもらったり、娘達が自分でできるようになっていく姿をみることが最近の楽しみです。

筆者が最近執筆した記事