サイト制作の流れ

サイト制作(ホームページ作成)の流れ

webサイトをつくるためにはどんな工程があるのか…webサイト制作の簡単な流れを説明していこうと思います!
※流れや手順はサイト制作する会社によって違うと思いますので必ずしもこの工程ではないのです。参考までにどうぞ。

1・サイトの方向性を決める

方向性を決めるのはとても大切です。クライアント様と念密にお話し、確認していく必要があります。
ではどんなことを決めていけば良いのでしょう?
(1)Webサイトを新規制作、またはリニューアルしたい理由
(2)どんな人にWebサイトに訪問してほしいか
(3)そのWebサイトのコンテンツにどんな情報を公開するか

2・Webサイトで伝えたい内容をヒアリングしながら考える

ユーザーに対し、何を一番伝えたいか、他どんな情報をWebサイトにて公開するかを考えていきます。
内容の例としては
・そのWebサイトで一番の強み、売りにしたいこと。
・サイトに訪問してもらうためのきっかけとなる為の情報。
・他社との差別化できるサービス面など。
クライアント様の伝えたい内容(公開したい情報)が決まったら、その情報をどのように表現するかなどのユーザーへの伝え方を考えます。

4・サイトマップやサイトの設計図を作る

契約書などの取り決めが終わったら、伝えたい情報をわかりやすいようにまとめていきます。どんなページを作成し、どの階層にページを置いていくかなどのサイトの構成考え、サイトマップを作成します。
ヒアリングした内容に漏れがないかの確認なども行います。

5・サイトを知ってもらうために宣伝方法を考える

サイトが完成しweb上で一般公開したあとに、どのようなアクションでユーザーへの認知度を高めるか、サイトに訪問してもらえるようにするか考えます。
例として…
・グーグルなどの検索エンジンから検索してもらい訪問してもらう。
・リスティング広告や、バナー広告などを出し、訪問してもらう。
・sns(Facebookやツイッターなど)のアカウントを使用し、会社や、お店、商品などの情報を発信し認知度をあげ、訪問してもらう。
・名刺やDM、フリー冊子などの販促物にwebサイトのURLを掲載し訪問してもらう。
など…

6・Webデザイン作成

ページにどんな情報を公開したいかがまとまったら、Webデザイナーがサイトのデザインします。
まずトップページを作成し、クライアント様に確認をしていただきます。トップページのデザインを見ていただき、デザインはもちろん、コンテンツの中身など掲載する情報を確認してもらいOKが出た後、他ページのデザインを作成していきます。

7・コーディング

デザインの提出、クライアント様からOKがでたら、デザインをもとにコーディングしていきます。お問い合わせなどのシステム部分の設定なども組み込んでいきます。

コーディングとは?

コーディングとはデザインをもとに、web上でHTMLやCSSというコーディングのための記述言語(マークアップ言語)を使用し、デザインされたものをブラウザ(webサイト、webページ見るためのソフト)で見えるように組み立て、形にしていく工程を指します。

8・検証(確認)

コーディングが終わったら、制作した全てのページに対し、デザイン通り作られているか、不具合がないか、誤字脱字はないかなどの検証(確認)を行います。修正箇所や、不具合がある場合は修正し再度検証し確認します。

9・ドメイン・サーバーの準備

サイト公開のためにネット上に制作したサイトの置き場所を作ります。そのためにはドメインとサーバーが必要なので、準備します。
ドメインは無料のドメインもありますが、ビジネスとして、サイト制作を行う場合は独自ドメインをおすすめします。
サーバーは購入することも可能ですが、費用がかさむため、一般的にはレンタルサーバーを契約し利用します。

10・公開(リリース)

検証(確認)しクライアント様の確認が完了し、不備や不具合などの問題がなくなったら、制作したサイトをネット上に公開します。(クライアント様の方で公開作業を行っていただく場合はファイルを一式納品します。)

11・SEO対策、最適化

Googleのサーチコンソールなどでサイトの登録をします。

Googleサーチコンソールとは?

Googleが無料で提供しているサイト管理用の解析ツールです。サイトのインデックス状況や、セキュリティ、検索に関する事など、サイトに関する管理ができ、サイト改善のための分析などができます。

12・納品

ドメイン・サーバーの契約が終わりサイトの置き場所が決まったら、公開に必要なファイルをアップロードします。アップロード後、いろんな人が訪問・閲覧することが可能になります。
納品の際に、必要であれば、運用マニュアル(ログイン・記事作成・記事投稿・商品登録方法など…)なども作成しお渡して納品完了となります。
以上がざっくりとしたサイト制作の流れとなります。

まとめ

サイト制作(ホームページ作成)の流れを簡単にまとめましたが、全ての工程がとても大切です。制作→納品→完了ではなく、その後どのように運用していきユーザーへの認知度を高めていくか、どうすればより良いサイトになるのかなど、サイトを作った後にもたくさんすることはあり、作って終わりではありません。
より良いサイト制作ができるよう努めていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

A.Haraguchi

Bigmac inc. 制作部所属。2016年3月に入社しました。 ほぼ未経験の状態で入社し、戸惑うこともたくさんありましたが、会社のメンバー達に支えられながら今に至ります。 2児の母なので休日は子供との時間にしています。一緒に料理したり、家事を手伝ってもらったり、娘達が自分でできるようになっていく姿をみることが最近の楽しみです。

筆者が最近執筆した記事