インストール方法教えます!ワードプレス構築初心者必見

記事公開日:2018.04.12

最終更新日:2018.04.16

663 PV

ブログ初心者・Webサイト構築初心者のかたにとって、ワードプレスでサイトの構築をするのは技術的に難しいと思われるかもしれませんが、一つ一つ作業を行えば難しいことはありません。今回はワードプレスのインストール方法を書きたいと思います。

ワードプレスとは

ワードプレスとはWebサイトを作成するためのCMSです。初心者でも簡単にブログがサイトなどが作成することができます。携帯のアプリケーションもあり、どこでもブログや記事の更新ができるので、手軽にサイトを更新することができます。

ワードプレスをインストールする前の設定

事前にワードプレスがインストールできるレンタルサーバーと、データをネット上にアップロードするためのFTPクライアントをご用意ください。今回の記事では、エックスサーバー(レンタルサーバー)とFileZilla(FTPクライアント)を使用し、説明しています。

ワードプレスのダウンロード

まずワードプレスのダウンロードを行います。下記サイトでダウンロードできます。ダウンロードしたzipは解凍をしておいてください。

ワードプレスをダウンロードする

 

ワードプレスのバージョンは常に最新のデータを利用してください。最新のデータではない場合は、手動更新もできますので、最新のバージョンにアップグレードしておいてください。

FileZillaでアップロード

解答したワードプレスのデータを、FTPクライアントを使用してサーバー上にアップロードします。事前に取得しているサーバーのFTP情報でサーバーに入り、「ディレクトリ作成」で新規のディレクトリを作成し、作成したディレクトリの直下にワードプレスのデータをアップロードしてください。

 

事前にドメインを取得されて、サーバーパネルのほうで「ドメイン設定」をしているかたは、設定したドメイン名が表示されているファイルの直下に、ワードプレスのデータをアップロードしてください。

サーバーとワードプレスをつなげる

事前にドメインを取得されている方は、サーバーとワードプレスをつなげる作業を行います。

Mysqlの追加

サーバーパネル(コントロールパネル)からMysqlの追加とMysqlのユーザーを追加します。サーバーパネルにログインすると、「データベース」という名前の大カテゴリがありますので、「データベース」下の「MySQL設定」をクリックしてください。

 

タブで「MySQL追加」がありますので、選択します。MySQLデータベース名(任意)を記入し追加をします。同様にタブの「MySQLユーザ追加」を選択し、ユーザID(任意)とパスワード(任意)を記入し追加をします。MySQLデータベース名・ユーザID・パスワードは後から必要になりますので、メモ帳などに残してください。

 

「MySQL一覧」にデータベースとユーザーが反映されますので、「アクセス権未所有ユーザ」のセレクト部分から追加したMySQLユーザを選択し、追加ボタンを押します。

wp-config.phpを書き換える

FileZillaでアップロードしたワードプレスのデータの中に、「wp-config.php」というファイルがありますので、書き換えて再度アップロードします。書き換える項目は、「ワードプレス のためのデータベース名」「MySQL データベースのユーザー名」「MySQL データベースのパスワード」「MySQL のホスト名」の4つです。

 

「ワードプレス のためのデータベース名」「MySQL データベースのユーザー名」「MySQL データベースのパスワード」は上記「Mysqlの追加」で記入しました、MySQLデータベース名・ユーザID・パスワードに書き換えてください。「MySQL のホスト名」はサーバーパネルのMySQL設定ページの下の「ホスト名」を記載してください。

 

書き換えが完了したらネット上にアップロードします。以上の作業でサーバーとワードプレスがつながります。

ワードプレスの設定

ドメイン設定をしている方は、設定したドメインをネットで検索するとワードプレスの設定画面が出てきますので、設定していきます。

ワードプレスのインストール

ワードプレスのインストール画面に「必要情報」と書かれているセクションがありますので、その中の「サイトタイトル」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を記入してください。記入が終わりましたら「ワードプレスをインストール」というボタンをクリックします。「ユーザー名」「パスワード」は任意ですが、セキュリティ的にわかりやすいものは避けましょう。

 

画面に、「成功しました!」という文字が表示されたら、インストール完了です。設定した「ユーザー名」「パスワード」でログインできるか試してください。

 

ドメイン名の最後に「/wp-login.php」と入力すると、ログインページが出てきます。先ほど設定した、「ユーザー名」「パスワード」を入力し、管理画面が表示されましたら、ログイン成功です。

初期設定

ワードプレスに無事ログインできましたら後は、初期設定を行いましょう。サイドバーの「設定」を選択すると、一般設定の画面が表示されますので、「サイトのタイトル」「キャッチフレーズ」「ワードプレス アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」「メールアドレス」を設定します。

 

また、使用したいテーマがあるのであれば、「外観」からテーマの設定ができます。他にも、パーマリンクの設定やプラグインのインストール、投稿設定、表示設定など様々な設定がありますので、自分好みに設定していきましょう。

 

自動インストール機能

記事を読んだけど、やっぱり自分で行うのは難しそうと思っている方には、サーバーパネルでワードプレスをインストールする機能がおすすめです。私も最初は自分でインストールできなかったので、エックスサーバーの自動インストール機能に助けられました。ワードプレスのインストールにつまずいた時は試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

Y.Urushizaki

1日を100%全力で生きるをモットーに毎日すごしています。幸せだなと思う瞬間は仕事終わりに「今日も頑張った」と思いながら駐車場まで歩く時と、近所の野良猫と遊んでいる時です。最近自覚したことは周囲も驚くほどの雨女だったことで、過去に行ったテーマパーク(ディズニー・ユニバ・富士急・ナガスパ)はほとんど雨の思い出がしかありません。たまにテーマパークで晴れると自分より強い晴れ男・晴れ女が存在する事実に少しテンションがあがります。

筆者が最近執筆した記事