レンタルサーバーを比較してみた!おすすめサーバー3選

記事公開日:2018.04.20

最終更新日:2018.04.23

736 PV

レンタルサーバーを比較してみた!おすすめサーバー3選

サイト作成を学習する為に、サーバーのレンタルをする方も多いのではないでしょうか。今回は、普段利用している初心者におすすめのレンタルサーバーを比較しています。比較対象としては、機能・サービス・価格などす。

 

レンタルサーバーは機能も充実している

レンタルサーバーという言葉を耳にしたことがある人もいると思いますが、なぜお金を出してサーバーをレンタルするのでしょうか?

 

無料のレンタルサーバーも数多くありますが、お金を出してまでサーバーをレンタルするのは、無料のレンタルサーバーと比較すると、有料のレンタルサーバーには様々なメリットがあるからです。

女性の写真

独自ドメインが使える

有料のレンタルサーバーでは、独自ドメインが使用できます。サーバーを他社のものに変更したい時に、独自ドメインであれば、作成したブログやコンテンツなど、そのままの状態で引っ越しすることができます。独自ドメインを使用することによって、検索結果で1ページ目に表示されやすくなります。

広告が出てこない

無料のレンタルサーバーは、会社やオプションによって異なりますが、サイト内に広告がでてくるものがあります。サイトを見ている時に、広告が出てくることで不快に感じるユーザーは多いので、できれば広告のでないWebサイトを作成したいですね。

十分なデータ転送量

サイトにアクセスする際、サーバーには負荷がかかります。一人だけの閲覧ならまだしも、大勢が同じサイトにアクセスすると負荷は大きくなり、サーバーが耐えきれなくなるとパンクしエラーが出てきてしまいます。

 

無料のレンタルサーバーは、有料のものに比べると負荷がかなり大きくなりますので、転送量には余裕を持ったほうがいいです。

クラウドとの違いは、コストと手間

逆にクラウドにしないのでしょうか?クラウドとは、レンタルサーバーと同じくサーバーをレンタルしているサービスです。ただ、レンタルサーバーは使用できる容量などが決まっていますが、クラウドは容量の制限を気にせず使いたい分だけ容量を使えるサービスです。

運用料金が割高

同じ「サーバーをレンタルするサービス」なのですが、レンタルサーバーはサーバーを他の人とシェアしているの対し、クラウドはシェアしていないので、運用料金が高くなってしまいます。

難しいサーバー運用

レンタルサーバーは、サーバーの管理会社が運用をしてくれているので、Webサイトやブログなどを構築したらただアップロードすればいいだけなのですが、クラウドの場合、サーバーの構築や運用作業などを行わなければなりません。サーバーの知識がないと触れないので、初心者の方が運用するのは難しそうです。

コードの写真

3社のレンタルサーバーの管理画面を比較

困っている女性の写真

管理画面(コントロールパネル)が複雑であったり、使いづらかったりすると、作業に無駄な時間がかかってしまいます。個人的に管理画面が使いやすいと感じたレンタルサーバーをご紹介します。今回の記事では有料のレンタルサーバーを比較対象とし、WordPressのインストールが可能なレンタルサーバーを比較しています。

エックスサーバー

私の中では断トツで使いやすいと感じています。デザインがとてもシンプルで、作業したいジャンルのサービスがすぐ見つけられます。最初のログイン画面で「契約関連ページ」「コントロールパネル」「webメール」のページがタブで切り替えができ、いろいろな作業がまとめて行えるのが、個人的には使いやすいと感じるポイントの一つです。

さくらインターネット

ログインしてすぐ、容量が一目でわかるのがいいです。作業したいサービスも左側にメニューとしてありますので見つけやすいです。webメールの見やすさは一番いいと思います。コントロールパネルは使いやすいですが、コントロールパネルに辿りつくまでの順路が複雑でわかりにくいのが欠点です。どこのページに飛べばコントロールパネルにいけるのか、最初はすごく迷子になりました。

ロリポップ

さくらインターネット同様、使いやすい管理画面だと思います。左側にメニューがあり作業しやすいページです。契約関係のページとコントロールパネルが一緒で見やすいのですが、webメールで送受信の画面に行きたい時に迷子になります。どこからwebメールのページに飛ぶのか、わかりにくいです。

3社のレンタルサーバーの機能を比較

プランよって変わりますが、各レンタルサーバーの機能について比較します。さくらインターネット・ロリポップはスタンダードよりも安いプランがありますが、今回はWordPressを導入するという前提で比較していますので、スタンダードプランでご紹介しています。

エックスサーバー(プラン:X10)

月額料金:900円

初期費用:3,000円

容量:200GB

データベースの保有数:50個

マルチドメイン:無制限

他のオプション:独自SSL無料・更新費なし

 

月額・初期費用は、他社と比較すると割高です。しかし、サービスがすごく充実しており、気になっている容量やデータベース保有数などを、他2つのサーバー会社と比較しても2倍以上あります。

鍵の写真

私がとくに驚いたのは独自SSLが無料でできることです。SSLとはセキュリティーを高めるために行う設定なのですが、他のサーバーでは有料で行っているサービスですので、無料でできるのは本当にすごいです。しかも普通のSSLの作業よりも面倒ではなく、比較的簡単に設定できます。

 

さらに、マルチドメインが無制限で生成できます。1つのサーバーでたくさんのサイト制作をする際、強い味方になります。また、稼働率が99.99%と高い安定性と、サーバーの速度が他社と比較すると圧倒的なので、快適に利用できます。

さくらインターネット(プラン:スタンダード)

月額料金:515円

初期費用:1,029円

容量:100GB

データベースの保有数:20個

マルチドメイン:20個

他のオプション:WordPress以外にも350種類以上のさくらブログのテンプレートがある

 

月額515円とリーズナブルな価格ではないでしょうか。通信回線が高速でセキュリティ面も万全なサーバーですので、安心して使用できます。ドメイン・データベースが20個保有できるので、普通のサイトを構築するのであれば、スタンダードプランで全然問題ないと思います。

ロリポップ(プラン:スタンダード)

月額料金:500円

初期費用:1,500円

容量:120GB

データベースの保有数:30個

他のオプション:リアルタイムチャットでのサポートが可能

 

月額料金500円からと、さくらインターネットと同じようにリーズナブルな価格です。他の2社と比較すると、ECサイトに強いレンタルサーバーです。ロリポップの全サーバーが国内の自社サーバーで管理されているため、サポートが充実しており安心して使用できます。

ニーズに合わせてサーバーを変える

普段エックスサーバーを使用しているため、個人の主観も入ってしまいましたが、今回の記事で他社のレンタルサーバーと比較したことで知らなかったサービスが知れたり、それぞれの強みが知れました。お客様のニーズに合わせて。サーバーの会社も変えていくべきなのかと考えさせられました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

Y.Urushizaki

1日を100%全力で生きるをモットーに毎日すごしています。幸せだなと思う瞬間は仕事終わりに「今日も頑張った」と思いながら駐車場まで歩く時と、近所の野良猫と遊んでいる時です。最近自覚したことは周囲も驚くほどの雨女だったことで、過去に行ったテーマパーク(ディズニー・ユニバ・富士急・ナガスパ)はほとんど雨の思い出がしかありません。たまにテーマパークで晴れると自分より強い晴れ男・晴れ女が存在する事実に少しテンションがあがります。

筆者が最近執筆した記事