ランディングページでのポイントと重要性

みなさんランディングページという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
ランディングページとは検索結果やリスティング広告などをたどってユーザーが最初にアクセルするページのことです。LPとも呼ばれています。

なぜこのランディングページが重要なのでしょうか?
もし、訪問者がサイトを訪れた目的とランディングページとの内容が違っていた場合、きていただいたユーザーが離脱してしまいます。

では今からランディングページの7つのポイントを見てましょう。

ランディングページの構成

ランディングページの構成は大きく7つに分けられます。

1.キャッチコピー

キャッチコピーは、ランディングページでのコンバージョン率を、大きく左右します。なぜかというと、キャッチコピーは、一番最初にサイトに訪問してくれたユーザーの目に入るからです。つまり、そのキャッチコピーで何を伝えるかにより、ユーザーの興味を引けるかどうかが決まります。

さらに、キャッチコピーの下にメリットを簡単に書くことにより、精読率があがります。これを使用すれば、コンバージョン率はあがります。
その理由は3つあります。

  1. 見やすい
  2. 具体性が出る
  3. 簡単にメリットが伝わる

以上の3つによりユーザーは、その商品やサービスから得ることができるメリットが、一目でわかります。

また、コピーはホームページの左に置き、右に写真を置くのが基本です。これはユーザーの視点では、左画面から下へ流れていくからです。ランディングページは、文章量が必要なので、読みやすいように左寄せにします。写真は、注目を浴びやすいので人の顔写真を使うことが多いです。

キャッチコピーの役割は以下の2つです。

  • 着地力: 検索してきたユーザーが正しいページに来たことを知らせる。
  • 興味力: ランディングページを読みたいと思わせる。

キャッチコピーは、ランディングページの一番最初にあるので、ページが開いた瞬間に目に飛込んできます。キャッチコピーで自分が探しているページと違うと、ユーザーは直帰してしまいます。コンバージョン率に直結するためキャッチコピーひとつとっても大切です。なので、制作会社ならキャッチコピーのABテストを繰り返すと思います。

2.共感

なぜ始めに商品を見せずに、共感させるような言葉が必要なのかわかりますか?それはランディングページの目的が、情報を提供するだけでなく、資料の請求や商品の購入に関係しているからです。

商品やサービスをきていただいたお客さんに与える側としては、自信があるものはを早く紹介したいと思うものです。しかし、まだしてはいけません。その理由は、顧客が商品を購入するということは、何かしらの問題や悩みがあり、その解決のために購入することが多いからです。
その悩みがその人にとって結構深ければ、他に同じ悩みを持つものが現れると安心でき、共感が生まれます。そしてその共感がだんだんと信頼になってきます。
このような顧客の心理を考えることで、「もう少しここに滞在してみよう」という気にさせます。

3.商品の提示

商品の説明を書くときは、その商品をイメージできるように書くことが、作成するときのポイントです。商品だったら商品の写真、サービスだったらサービスを提供している人の写真がいいですね。
具体的にイメージできるように、動画をのせるのも良いです。

4.ベネフィット

ランディングページにおいて、ベネフィットはとても重要です。
ベネフィットとは、商品を購入することにより得られる利益のことです。要するにメリットのことです。
なぜベネフィットが必要なのかというと、顧客は商品やサービスを買うことにより得られる利益を想像し、購入を決めます。
金額も大きな理由ですが、もたらされる利益が金額を上回れば、顧客は簡単に購入します。
ランディングページのコンバージョン率はこのベネフィットである程度決まります。なぜかというとお客さんはベネフィットを求めて、商品を購入したり資料の請求をしたりするからです。ベネフィットが魅力的か魅力的じゃないか。
この魅力度で、お客さんが商品を買ってくれるかどうかわかれます。

5.お客様の声

ランディングページで重要な部分、お客様の声の部分。商品を紹介するときに、実際に購入して使ったリアルな体験談は大切で必要不可欠です。
ベネフィットを説明しながら、すぐ下にお客様の声を書くと説得力が増します。ランディングページの下の方に「お客様の声」という場所もあるといいと思います。しかし最近はパソコンではなく、スマホで見るユーザーの方が多いので下の方まで見る人は減ってきているかもしれません。だからなるべくランディングページの上の方でユーザーに「これ買ったらメリットあるぞ!」と思ってもらったほうがコンバージョンにつながると思います。

6.CTAを目立たせる

CTA(Call To Action)とは、ランディングページのゴールの部分です。商品を販売することが目的の場合、購入ボタンがCTAです。
作る人によっては、CTAボタンを目立たせることを好まない人もいます。
しかし、自分の意見を押し通すより、ちゃんとお客さんを増やしたいなら、CTAボタンは出来るだけ目立たせるようにデザインし配置したほうがいいでしょう。

色は周りと同系色を使うとボタンが周りと同化し、ボタンだと気づかないことがあります。また扱う商品によっても、どの色を使えばいいのかある程度決まります。セミナーやビジネスの商材ではオレンジなどの色を、高価な商品は黒がいいでしょう。

大きさも小さいよりかは大きい方が目立ちますし、形も周りが四角の角なら縁を丸くしてみたりしたほうが目立ちます。
また、余白やフォントにも気をつけパディングをあけたり太字にしたりする方がいいです。

7.差別化

差別化は、競走上の優位性や強みなど、いろいろなところで重要性が指摘されています。商材がレポートや冊子のような情報系のものだった場合、他のサイトでは手に入らないことを説明しなければなりません。
このご時世多くの人は、ネットで調べれば様々な情報が手に入ると思っています。実際は一番大事なポイントが、ネットに書いてあることはないのですが、多くの人は何でも書いてあると思っています。なので、他のサイトでは手に入らない理由を、説明しないといけません。

以上の7つが基本的な構成です。

まとめ

ランディングページの作り方の重要な7点に絞ってみました。
いかがでしたか?重要なポイントがわかりましたでしょうか?

ランディングページは、ネット上での利益や顧客の獲得数にとても大きく影響を与えます。少しランディングページを修正するだけで、コンバージョン率が倍になったりします。
なので、ランディングページを作ったあとの検証が、とても大切なのです。

しかし、1つの施策で、大きな結果が一気にが出るものではありません。コンバージョンを左右する要素は、小さいものから大きいものまで数多くあり、その数多くのもの1つ1つを、どれだけ根気よく、素直に改善していけるかが問題です。
そして、1つ1つの小さいポイントを直していくことで、全体で驚くほどに結果に差が出てくきます。

また、ランディングページを作る上で、最も大切なのは、CVR(成約率)です。
ユーザーに購入などのアクションを促すためのページなので、成果を上げることが大事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

Y.Morishita

Bigmac inc. 制作部所属 所属。2017年4月にBigmac inc.に入社。 主にコーディングを担当しています。 一人前にはまだまだ程遠いひよっこですが、早く一人前になるために勉強の日々です。 これからもっともっと知識を増やし、周りに頼られるような存在になりたいです。 趣味は、音楽鑑賞でライブやフェスが生きがいです。 この前行ったフェスでは、左足を負傷したけどとても充実した二日間でした。漫画も大好きです。

筆者が最近執筆した記事