デザイナーに必要不可欠なコミュニケーション能力とは?

どんな仕事をしていてもコミュニケーション能力は必要不可欠ですが、企業がデザイナーに必要だと考えるコミュニケーション能力について今回書きたいと思います。

コミュニケーション能力向上で仕事の仕方が変わる

「コミュニケーション能力が低い」と聞いて個人的に想像するのが、孤立していて協調性がなく目を合わせないという人物像なのですが、デザイナーのコミュニケーション能力が低い人は違います。デザイナーのコミュニケーション能力が低い人は情報量が少ない人のことを指します。

しかし情報を多くいただけるクライアント様は稀で、ざっくりとしたデザインや内容を思い描いていらっしゃるクライアント様が多く、いただける情報量が少ないのは仕方無いことだと思っています。情報量が少ないとクライアント様が思っていたデザインと違うものになってしまって戻りが多くなってしまうので、仕事をスムーズに進めるためにもできるだけ情報は多くいただきたいものです。

また社内で仕事を他の人に頼む際にも、情報が少ないと仕事を振られた側も曖昧なものしか制作できず、無駄な時間を使うことになってしまいます。

聞き出す能力をつける

無駄な時間を使わないためにもまずはクライアント様がどんなデザイン・サイトの構成を思い描いているのか具体的なイメージを聞き出すことが重要です。

罠にご注意

ただクライアント様の中には「デザインはよくわからないから任せるよ」とおっしゃる方もいらっしゃいます。ですがそこで「はい、わかりました」と勝手にデザインをして提出をすると「いやー、少し方向性が違うんだよねー」と言われ矛盾に苦しんだ経験がある方も少なくないと思います。この一例が起こった原因は「聞いていない」ことです。

罠にかからないためにはまず聞く

「聞いていない」と言われても何も言われていないのだから聞けないじゃないか!と思う方もいるかと思いますが、クライアント様の心の中には「言わなくてもわかるだろう」「デザインにはこだわりは無いけど◯◯みたいなデザインがいいな」という心の声があります。私たちはその見えない心の声に気づき、あえて聞かなければならないのです。

理解する能力をつける

全てのクライアント様がグラフィックデザインやWebデザインに詳しいわけではありません。むしろ全くわからない方のほうが多いと思います。そんなクライアント様に私たちが専門用語を並べてお話ししてもいい意見や返事はいただけないのではないでしょうか。もし私が逆の立場になったら黙ってしまうか知ったかぶりをして適当に流します。

ですので提案の際は非デザイナー・非コーダーでもわかりやすい言葉を使って提案することが大事です。そうすることでクライアント様が意見を言いやすい環境を作ることができ、クライアント様の考えを理解することができます。

 

伝える能力をつける

伝える能力というのはどこの場面でも非常に重要な能力です。伝え方一つで相手の捉え方が変わりますので注意しなければなりません。

専門用語を使わずわかりやすく伝える

前述にもありましたが、クライアント様はグラフィックデザインやWebデザインにすごく知識があるわけではありません。ですのでプレゼンテーションをする際、デザイナーやディレクターがクライアント様にわかりやすく伝えることが非常に重要です。いくらデザインセンスが良くてもサイト制作の技術が優れていても、相手にデザインや構成の趣旨が理解されなければ意味がありません。わかりやすい伝え方はスタートアップだけでなく、その後の仕事を円滑に進めてくれます。

同じイメージを持つためにも伝えることは大事

伝える能力というのは社外だけでなく社内でも重要な役割をします。同じプロジェクトチームの中で共有がうまくいっていないと各自ばらばらのテイストが混じったデザイン制作やサイト制作になってしまいます。テイストがばらばらにならないならないためにも「どんなデザインをイメージしているのか」「どんなサイト構成をイメージしているのか」をしっかりすり合わせをすることが重要です。

まとめ

Webデザイナーになった当初、デザイナーやコーダーはコミュニケーション能力がなくても仕事に支障は無いと考えていましたが今ではとても重要なスキルだと思います。特に聞き出す能力は他のデザイナー様から「クライアント様の心の声をあえて聞かなければならない」とアドバイスをいただいた時は目から鱗でした。

今までの自分の仕事を振り返ると今回書いたコミュニケーションスキルが乏しく、一緒に仕事をしてきた方たちに迷惑をかけていたなと反省しました。ここ最近は、わからない情報があればどんな些細なことであってもクライアント様に確認したり、社内でも相手を理解するよう、また相手に理解してもらえるよう心掛けています。今後も仕事をスムーズに進められるよう必要なコミュニケーション能力を意識していきたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

Y.Urushizaki

1日を100%全力で生きるをモットーに毎日すごしています。幸せだなと思う瞬間は仕事終わりに「今日も頑張った」と思いながら駐車場まで歩く時と、近所の野良猫と遊んでいる時です。最近自覚したことは周囲も驚くほどの雨女だったことで、過去に行ったテーマパーク(ディズニー・ユニバ・富士急・ナガスパ)はほとんど雨の思い出がしかありません。たまにテーマパークで晴れると自分より強い晴れ男・晴れ女が存在する事実に少しテンションがあがります。

筆者が最近執筆した記事