オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いとは?

そろそろ年賀状の季節になってきました。
年賀状を印刷する方法としては、自宅のインクジェットプリンターで刷っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

実は何気なく使っている印刷にも種類があり、メリットとデメリットがあります。
今回は代表的な印刷である、オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いについて書いていきたいと思います。

印刷の種類

印刷とは名前の通り、「版にインクをつかって紙などに刷る」ということです。
版を使わない印刷方法もありますが、基本は版を用いられます。
印刷版の種類により、平版印刷、凸版印刷、凹版印刷などがあります。

オフセット印刷

現在の印刷の代表的な平版印刷のひとつです。
商業印刷物や美術印刷の多くはこの印刷方式を用いられています。
一番ポピュラーな印刷方法です。
街中で見るポスターや書籍などは、ほとんどこの方法を用いられています。

特徴

実際に印刷イメージが作られている版と紙が直接触れないのが特徴です。
版につけられたインキを、一度転写用ローラーであるブランケットに移し(Off)、ブランケットから印刷用紙転写(Set)させ、紙などの被印刷体に印刷するため、オフセット印刷とよばれます。

オフセット印刷機には、紙1枚ずつに印刷をしていく枚葉機、ロール紙に連続的に印刷していく輪転機などがあります。
枚葉機は1枚ずつ紙に印刷するため、紙の選択の自由度が大きく、小ロット印刷に向いています。

ただし、取っては刷るという手間があるため、スピードは輪転機に負けてしまいます。
輪転機は1枚の紙に一気に印刷していくため、枚葉機より早く刷れます。

機上でインキ乾燥、用紙の折りと断裁ができるため、大ロットの印刷(大部数のチラシや新聞、雑誌など)に向いています。
ただし、紙の種類や大きさは枚葉機より自由度はありません。

メリット

・版を用いるため大量に印刷ができる
・大ロットほど安くなる
・品質が良く、写真や文字が綺麗に印刷される
・特色を使うことができる
・大きいサイズを印刷することができる
・使用できる紙の種類が豊富
(凹凸のある紙にも印刷することができる)

デメリット

・小ロットだと単価が高い(最初に作成する版のコストがかかるため)
・作業工程が多いため、納期に時間がかかる(版を作成する工程があるため)

オフセット印刷は時間がかかっても、綺麗に仕上げたい印刷物に向いています。
逆に、小ロットで短期間で仕上げてもらいたい場合は向いていないことになります。

オンデマンド印刷

「要求があったときに迅速にサービスを提供する(On demand)」方式ののことです。
パソコンからデータをプリンタに送り印刷するため、版の作成が必要なくデジタルデータを直接出力します。
短時間で印刷することができ、小ロットだと単価が安くなります。

特徴

トナーによるレーザープリンタ方式またはインクジェット方式で印刷します。
また、「カラーダイレクト印刷」ともよばれます。
トナー方式とは、会社などに置かれているレーザーコピー機やレーザープリンターとよばれるものと同様の仕組みとなります。

インクジェット方式も、多くの家庭で利用されている一般用のインクジェットプリンターと基本は同じ仕組みです。
一般用のプリンタとオンデマンド印刷機の違いはまずマシンの大きさです。
業務用なので一般用のプリンタとは大きさが全く違います。
マシン自体が大きいので適応する印刷用紙や印刷サイズも違います。

それだけでなく、印字を正確な位置に印刷するなど印刷することだけでなく、印刷物を作る上での精度さも求められます。
また、業務用として利用するため、マシンの耐久性や操作性など一般用とは大きな違いがあります。

メリット

・小ロットで単価が安い
・版の工程がないため、短期間で仕上がる
・版を必要としないため、多種類の印刷が可能

デメリット

・特色が使えない
・大ロットの場合オフセットより割高になる
・オフセット印刷に比べると質が劣る
・ベタやグラデーションにムラができる
・細かい字は滲むため、精密なデザインには向かない
・色が安定しない

品質より小ロットで早く仕上げたい場合は向いており、逆に大ロットで品質重視の場合は向いていないことになります。

まとめ

それぞれ特徴があり、メリットとデメリットがあることが分かりました。
一見、オンデマンドのデメリットが多い様に見えますが、オンデマンド印刷に向いていることは沢山あります。

また、最近のオンデマンド機種は印刷物の品質が向上しており、オフセット印刷の品質との差が縮まってきています。
縮まっていてもオフセット印刷が一番綺麗なことに変わりないですが、小ロットやコスト面からするとオンデマンド印刷に分があります。

目的に応じて、大きく綺麗に印刷したい部分はオフセット印刷、情報が変わるところはオンデマンド印刷など使い分けることが大切なのではないかと思います。
また、オフセット印刷とオンデマンド印刷のほかにも様々な印刷方法があります。
この記事を読んで興味を持っていただけた方は是非、他の印刷方法も調べてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

A.Yabe

Bigmac制作部に所属。まだまだひよっこなので、早く一人前になれるよう、勉強の日々です。覚えることは沢山ありますが、新しい知識が増えることがとても楽しいなと感じます。ぼんやりと空を見上げていると、気持ちがリフレッシュし、新しいアイデア浮かんだりするので好きです。好きなデザインに出会えると、恋をしたようにドキドキが止まりません。人の心を射止めるようなデザインができるように頑張っていきたいです。よろしくお願いします。

筆者が最近執筆した記事