スタッフ紹介

太田 亜佳里

Akari Ota

コンテンツデザイン部
係長

未来を創造する仕事はお金以外に得るものがある

profile

Bigmacおすすめポイント

働くメンバー全員がスキルや得意分野を発揮しリーダーシップを取っている会社です。 世の中の将来的な自動化や発展に伴い、仕事も人も流動的になっていくと思います。 状況に応じて必要な行動がとれる、という可能性が各々に備わっているので、 充実した仕事ができる環境が整っていると感じます。

仕事のやりがい

働く面白さです。 自分の仕事が経済的なものになりえた時、仲間と分かち合える喜びが働きがい・面白さになると思います。伝えることを考える時には必ず学びがあり、 人と一緒に仕事の方向性を考える事が楽しい。 そこに醍醐味があり、学び続けながら楽しく仕事を続けたいと思っています。

働く上で一番大切にしていることは?

会社のミッションをしっかりと理解し、自分を含めた一人一人が目指す方向性について日常的に語り合い、 会社をブランディングできることが大切だと思っています。 そのためにコミュニケーションは必要であり、方向性を一緒に考える仲間との人間関係はとても大切です。

discussion

Q1どんなことを意識して仕事をしていますか?

当たり前のことになりますが、時間を意識しています。 成果を出して休養して次に向けての改善に費やす。 このサイクルが仕事の効率を上げると思っています。 そのための工夫はとても大切で、 数ヶ月単位から1日のタスクまで制限時間を設け、常に目標を設定してその場に臨み、時間の使い方のバランスから仲間と共通認識を持って仕事を進めること。 そのリズムをうまく作り皆がそのリズムを意識すると仕事の目的も明確になり効率も上がると思っています。

対談風景

Q2Bigmacに入って学んだこと、感じたことは何ですか?

自分はまだまだ作業レベルの人間だなと感じました(笑)。 人と一緒に仕事を進めていく難しさを痛感しております。 滞りなく仕事ができるようまずは会社の仕組み・流れを学んでいる最中です。

スタッフ写真

Q3仕事に対する意気込みは、
やりがいは何ですか?

自分の仕事が世の中に影響を与えている事を理解し働いていきたいです。

Q4これから挑戦したいことは何ですか?

日常的な学びは必須だと思います。 自分のスキルや生産性を高めるために、多くの人やものに出会い学びのアンテナを増やしたいです。仕事の中にももちろん学びの要素はあると思います。 すぐに結果が出なくても、一定の学びを続けていきたいです。

message

しなやかに

「しなやかに・誠実に・美意識をもっている自分」。 私はそういう自分でありたいと常に意識しております。 なぜかといいますと、デザインする上で大切なのは伝えたい本質的なものの伝えかたが本当に正しいのか、常に問うことだからです。 その柔軟な姿勢こそが自分にとっての「しなやかさ」で、常に自分を客観的にみて、しなやかで、誠実な自分であるか問いかけること。 それが働く姿勢につながっていると思います。