CASE お客様からの口コミ

ラクスル株式会社(RakSul)

仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる 仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる

ラクスル株式会社
「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」という企業ビジョンのもと、
印刷や物流、広告といったデジタル化が進んでいない伝統的な産業に、
インターネットを持ち込み産業構造を変えることで、より良い世界にすることを目指しています。
現在、印刷・集客支援のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」と、
物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」、広告のプラットフォーム「ノバセル」のサービスを提供しています。

ノバセル
2020年4月にサービスを開始した「ノバセル」では、
ラクスル独自の広告手法とクラウド型 テレビCM効果測定ツール「ノバセルアナリティクス」の活用により
“運用型のテレビCM”を提供しています。企画・制作・放映・分析まで一気通貫して行い、
特許取得済みの効果分析ツール「ノバセルアナリティクス」を活用することで、
従来、難しいとされていたテレビCMの広告効果測定可能にし、
広告投資の最適化を通して、企業の成長を実現しています。

中野さん

ノバセル事業本部マーケティング部
NAKANO RYUTARO
中野 竜太郎

『スピード』『プランニング』
『コミュニケーション』の早さ

—ビックマックをパートナーに選んだ理由を教えてください
弊社では印刷・集客支援事業の「ラクスル」、物流事業の「ハコベル」、広告事業の「ノバセル」の3事業を展開しております。今回運用型テレビCMサービス「ノバセル」において、急成長のドライバの一つの要素としてデジタルマーケティングの強化を考えていました。元々は他代理店様と運用を進めていましたが、デジタルマーケティングの拡張に一番必要な「スピード感」、「コミュニケーション」に課題を感じておりました。そんな時にビッグマックの徳山社長に課題解決の相談をしたところ、運用前段階から『スピード』『プランニング』『コミュニケーション』の早さをコミットしていただけたのでパートナーとしてお願いさせていただきました。広告運用をただ行うだけではなく、事業への解像度を高めるアクションを自発的に行っていただけたことを魅力に感じています。パートナーとして正式にタッグを組ませていただいてから、即座にディレクターの私と阿吽の呼吸でやり取りが出きており、当初の目的だったデジタルマーケティングの拡張と高速PDCAを実現しています。

ラクスル

改善への素早さ

—他運用型代理店との違いを感じる部分は?
一番の違いは広告運用者がフロントに立っていただけることでミスコミュニケーションが生まれづらく、改善への議論が素早くできることです。従来の代理店だと営業、クリエイティブ、ディレクター、広告運用者とポジションが分かれていることが多く、情報伝達からアクションまでにかなりの時間がかかります。細かい修正依頼であっても直接運用者とやり取りできないため、スピード感のある運用ができないことがありました。ビッグマックさんではフロントに広告運用の知識の深い方がいらっしゃり、ダイレクトにやり取りができるため、素早いPDCAを回すことができています。またチャットベースでこまめなフィードバックをいただけるので日々改善を進められています。

話し合い

最新情報への適応を
スピーディに

デジタルマーケティング業界は日進月歩で目まぐるしく変化をしてるため、最新情報へのアップデートや適応をスピーディに伴走していただけたらと思っています。単にコンバージョン数を追うのではなく事業へのインパクトを議論した上での運用ができることを今後も期待しています。

TOP