スタッフ写真

デジタルマーケティング部 主任

スタッフ英語

村上 純一

メッセージ

子供のころから新しい事に取り組むことで成長でき、前へ進むことができるとおもっている。
日頃から「なぜ?」「どうして?」を考えると「これしてみよう」「あれしてみよう」と考えが沸いてくる。
仕事も同じで相手の立場に立ち「なぜ?」「どうして?」「どうしたらいいか?」を考え「次はこれをしよう」「次はあれをしよう」とアイデアが浮かんでくる。
アイデアを実行して成功すれば、相手の喜びに繋がり、相手の喜びが自分の喜びになる。
これからも相手のことを考え、相手の喜ぶ顔、その先の相手の喜ぶ顔を想像できるようにしていきたい。
「もういい」「これで十分」と思ったらそこで成長が止まる。成長が止まれば老化が始まる。
いつまでも若い自分であり続けるために新しい事に取り組み、前へ進んでいきたい。

デジタルマーケティング部 主任

スタッフ英語

村上 純一

STORY
スタッフ写真

パートナーとしての寄り添うこと

ただ言われた仕事をするのではなく、事業拡大のためにどうすればいいのかを考えないといけない。
クライアントの事業を知り、クライアントと一緒に悩み相談し合うことで業績を上げていけるのだと感じる。
一社員であるという風に思ってもらえるように、日ごろから連絡を取り合い、提案をいろいろ考えていく。

「忙しい」「出来ない」など弱音は吐かず、やり遂げること。

スタッフ写真

常に考えること、逃げないこと

「考える」がコンサルティングでは一番必要な事。簡単なようで実は難しい。
しかし、考えるだけ達成感が生まれ、結果が出ると次は何しようと思えるようになる。

コンサルティングは提案力が求められるだけに、行き詰ったときの悩みは相当なもの。
でも必ず突破口はあるので逃げ出さずにいろいろ探求していきたい。
自分の中では「クライアントの立場で物事を考える」「逃げることはしない」を常に持ち日々業務にあたっている。

スタッフ写真

人を育てること

会社の規模が大きくなるにつれてコンサルティングの事業も拡大していくため、即戦力となる人材を育てていきたい。
自分が今までやってきたことを教え、さらにできることが増える人材を作ることが目標。
クライアントの笑顔を増やし、「任せてよかった」という声を一つでも多くしていきたい。

TOP