フラット35の審査は厳しい?審査に通過する条件まとめ
Pocket

住宅ローンの中でも「フラット35」は人気です。最長35年間借りることができ、なおかつ全期間固定型金利なので途中で金利が高くなることがありません。しかし、利用するためには審査に通過する必要があります。フラット35の審査とはどのようなものか、また、通過のための条件について紹介します。

フラット35の審査とは

フラット35の審査とは

フラット35を利用する場合には、必ず所定の審査を通過しなくてはなりません。審査のためには以下の書類を提出してください。なお、申し込む金融機関によっては、以下の書類に加えていくつかの書類提出を求められることもあります。

<新築建設の場合の提出書類>

  • 借入申込書
  • 住民税納税通知書などの公的な収入証明書
  • 工事請負契約書などの建設費を確認できる書類
  • 土地の登記事項証明書

<新築住宅・中古住宅購入の場合の提出書類>

  • 借入申込書
  • 住民税納税通知書などの公的な収入証明書
  • 売買契約書などの売買金額を確認できる書類
  • 住宅の登記事項証明書
  • 土地の登記事項証明書

審査結果は、申し込んだ金融機関から1~2週間ほどで通知されます。

申し込み条件を満たしているか

審査では、申し込み条件を満たしているのかがチェックされます。フラット35の申し込み条件は以下の通りです。

建物条件:一戸建ては70平方メートル以上、マンションは30平方メートル以上であることが必要です。店舗付き住宅の場合は、居住空間が非居住空間よりも広くなくてはいけません。

年齢条件:申込時の年齢が満70歳未満であることが必要です。親子リレー返済の場合は、満70歳以上でも借りられることがあります。また、完済時の年齢が80歳以下である必要もあります。

収入条件:年収400万円未満の方は、住宅ローンも含めたすべての借入に対する年間返済額が年収の30%以下でなくてはいけません。年収400万円以上の方は、年間返済額が年収の35%以下であることを確認しておきましょう。

例えば年収が500万円の方ならば、年間返済額は175万円以下である必要があります。住宅ローン以外にすでに月10万円のローン返済がある場合、フラット35で借りられる融資金額は55万円以下となってしまいます。借入金額を増やすためには、現在のローンを繰り上げ返済もしくは完済する必要があるかもしれません。

十分な返済能力があるのか

申し込み条件を満たしていたとしても、フラット35の審査に通過できない可能性があります。フラット35の審査では「十分な返済能力があるのか」を調べるため、返済能力がないと判断されると、購入したい物件が決まっていたとしてもお金を借りられないかもしれません。

返済能力とは、返済し続けていくことができる力のことです。収入が安定していることや、他のローン返済が多すぎないことなどを総合的に判断します。ご自身に返済能力があるかどうかは、以下のポイントをチェックして見ることで、ある程度判断することができるでしょう。

  • 安定した職業に就いている
  • 転職したばかりではない
  • 現在、複数のローンを利用していない
  • ローンの返済額が多すぎない

保証人に関する審査はない

フラット35は保証人不要で利用できる住宅ローンです。そのため、保証人に関する審査はありません。

ただし、申込者本人の返済能力が不十分と判断される場合には、連帯債務者を立てることがあります。連帯債務者を立てる場合には、連帯債務者の審査が行われる可能性もあるでしょう。審査に関しては、申込者本人と同様、収入証明書の提出が必要になることがあります。

フラット35の審査は厳しい?

フラット35の審査は厳しい?

フラット35は全期間固定型金利のため、借入時に返済総額や返済期間が分かり、計画的に返済することができるというメリットがあります。また、親子リレー返済も可能なので、50代、60代になってから住宅を購入・建築する場合に使えるという点もメリットです。

しかし、「フラット35を利用したいけれど、審査が不安だ」という方も多いのではないでしょうか。実際のところ、フラット35の審査はその他の住宅ローンの審査と比べて厳しいのでしょうか。

民間金融機関と住宅金融支援機構の提携によるローン

金融機関が提供している住宅ローンは、金融機関が独自に提供しているローンです。一方、フラット35は、民間金融機関と政府組織である「住宅金融支援機構」が提携して住宅を建築・購入したい個人に提供しているローンです。

そのため、民間の金融機関が提供している一般的な住宅ローンと比べて、特別に審査が厳しいということはあまりないと考えられます。元々住宅金融支援機構は「住宅金融市場における安定的な資金供給を支援し、我が国の住生活の向上に貢献します※」という理念の下、誕生した政府機関です。そのため、審査が厳しすぎて国民が利用できないのでは理念に反することになるでしょう。

※出典:住宅金融支援機構「経営理念」

審査前にシミュレーションをしてみよう

フラット35の公式サイトでは、各種シミュレーションを提供しています。フラット35を無理なく利用できるのかのシミュレーションや、毎月の返済額から借入可能な金額を調べるシミュレーション、ローンプランを比較するシミュレーション、年収から借入可能額を割り出すシミュレーションなどがあります。ぜひ活用して、審査前の不安を軽減しておきましょう。

セルフチェックをしてからフラット35の審査に臨もう

フラット35の審査は通常の銀行住宅ローンよりも特別に厳しいというわけではありませんが、誰でも通るというものでもありません。希望する金額を借りられるかどうか、ぜひシミュレーションや紹介したチェックポイントを活用して調べておきましょう。