Instagram広告の成果が出やすい理由を徹底解説!

Instagram広告の成果が出やすい理由を徹底解説!

Instagramを使用するユーザーは年々増えてきており、Instagram広告を出稿する企業も増えてきています。

また「Instagram広告は効果が良い!」と耳にすることも多いのではないでしょうか?今回はInstagram広告がなぜ成果が出やすいと言われているのか、効果が良いと言われる理由について徹底解説します。

Instagram広告が成果が出やすい理由とは

Instagram広告はFacebookに登録されている情報を元に、興味関心を見極める精度が高いことが最大の特徴です。

ユーザーの「どんなアカウントをフォローしているのか」、「どんな投稿をしているのか」を分析し、ユーザーの興味関心にあった広告を表示します。では具体的に説明していきます。

1.ビジュアルでイメージを表現できる

Instagramは写真を投稿する媒体であるため、画面占有率が7~8割を高いことも特徴です。TwitterやFacebookと比べて、Instagramほど画面の占有率が高い媒体はありません。テキストだけではなく、画像やバナーのビジュアルで商材のイメージを表現することができ、よりユーザーに広告を見て貰うことができます。

出所:フェイスブック ジャパン

2.若年層のマスメディアである

18〜29歳の若年層が1ヵ月間でInstagramに接触している総利用時間は、1億時間以上になり、2017年と比較して201%の伸びとなっています。また、起床から就寝までほぼすべての時間帯でInstagramは利用されているというデータも出ています。

出所:フェイスブック ジャパン

【参考記事】資生堂がInstagramを中心としたブランディング戦略を公開 ストーリーズ広告の新常識とは?

3.利用者の85%が投稿を見て何かしらの行動をとっている

若年層の検索行動は、“ググる”から“タグる”が主流になってきています。Instagramは自分の好きなことに関連する情報を発見し、出会う場に変わっていっているのです。ビジュアルから入ることで、自分の感性に合うものを見つけやすくなりました。発見から行動に繋げることができるのが、Instagramの何よりも強みです。若年層にとっては欠かせないメディアに変化しました。

出所:フェイスブック ジャパン

4.国内のアクティブユーザーはFacebookを超えている

Instagramを利用しているユーザーは若年層が多いイメージかと思いますが、若者だけで利用する時代はもう終わり、多くの世代が利用している媒体です。

Instagramのアクティブユーザーは、2,900万人とFacebookよりも多いユーザーが利用しています。Instagram広告を活用すれば、多くのユーザーに商材の認知や販売促進を促すことができます。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

Instagramストーリー広告は外せない

Instagramは利用ユーザーが多く、ビジュアルでイメージをできることから、成果が出やすいのは理解いただけましたね。ただInstagramに広告を配信するだけではなく「Instagramストーリー広告」を配信すれば、より成果が出やすくなります。

フルスクリーン×動画

2020年は5G時代と言われており、動画を使用しての広告配信は多くの企業が取り入れるため、必須となります。

ただ動画を流すだけではなく、Instagramストーリーにフルスクリーンで動画を配信することで、よりビジュアルでイメージを伝えることができます。動画には必ず音楽をつけましょう!

同じ画像でも、フルスクリーンになるだけで、インパクトが違いますよね?もちろん画像だけではなく、テキストや明確なCTAを記載し、ユーザーが「続きを見たくなる」工夫が必要です。

【参考記事】運用者必見!Instagramストーリー広告の出稿方法と成功事例

【参考記事】事例で解説!Instagramストーリーズ広告クリエイティブ制作7つのTIPS【入稿手順も分かる・徹底解説マニュアル付!】

Instagram広告が向いている商材とは

Instagram広告が向いている商材がほとんどですが、トイレつまりや水道つまりなどの緊急な商材はユーザーが検索するので、向いていません。

しかしInstagram広告はターゲティング精度が高く、セミナー告知やアパレルまで幅広い商材に向いている広告媒体です。

特に年齢層が若い商材・認知目的・認知はできたが刈り取りをしたい商材は、ぜひInstagram広告を配信してみましょう。

迷ったらInstagram広告を試してみよう

「広告を出稿したいけど、どの媒体から始めれば・・」

「リスティング広告での反応がいまいち悪くて・・」と悩んでいる方!

ターゲティング精度が高く、若年層のプラットフォームのInstagram広告を始めてみませんか?

リスティング広告では母数が少ない商材や認知がない商材でも、Instagram広告を活用すれば、成果が出やすくなります。

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事