管理職に求められる能力

管理職に求められる能力

こんにちは。総務部の豊岡です。

どの会社にも管理職という立場の人は必ず存在すると思います。管理職とは一般スタッフとは異なるスキルや資質を求められるものです。

会社にとっても管理職の存在はとても大きなものとなってくるはずです。そこで、今回は管理職に求められる能力について考えてみます。

管理職ってなに?

管理職ってなに?

そもそも、管理職は何を指す言葉なのでしょうか?一言で言えば、「決裁権を持つ役職」ということです。管理者のスタッフはそれぞれの判断で行動できる権利を与えられていることです。

管理職は会社にとって絶対に無くてはならない人材となります。経営陣がすべての仕事を仕切り、指示し判断をするということにはいかないため、ある程度の業務の判断や指示も管理職に委ねることも必要不可欠となってきます。管理職がしっかり稼働することで日常の仕事がスムーズに回っていくようになります。

管理職のあるべき姿とは

管理職のあるべき姿とは

管理職の仕事は多岐にわたります。目標の設定やチームの運営、部下の管理や教育や外部との調整など、本当に様々ですね。

そんな管理職として、どういった姿があるべき姿なのでしょうか?

組織としての目標をたてる

部署や部下の目標設定をすることは、とても大切な仕事です。目標設定をする際には、会社全体を見て判断する必要があります。

会社全体の目標も把握したうえで、自分の部署がどのような目標に向かって達成していくのかをしっかり理解することができることで部下ひとりひとりの目標も明確になり、部署や部下が力を発揮できます。

戦略を立てる

目標設定にともない、適切な戦略を立てていく必要があります。チームが正しい方向へ進むためには、目標への筋道をある程度しっかり立てることはとても大切なこと。

戦略を立てるには、まずは現状を分析し問題点を洗い出すことです。問題点を洗い出すことによって目標達成するための戦略を立てていきます。

部下のマネジメント

部下のマネジメントは管理者としてとても大切な仕事です。人はそれぞれ能力や成長速度も変わります。ひとりひとりの適性や特徴を見極めて、部下をしっかり育てるために、ひとりひとりにあった教育などを工夫していく必要があります。

ただ部下の仕事を管理するだけではなく、ひとりひとりに向き合うことが大切ですね。

リーダーシップ

組織や部署の目標を達成するためには、個人プレーでは絶対に成り立ちません。チームで一丸となって目標へ進んでいく必要があります。

部署には様々な性格のスタッフがいる中で、1つの目標に向かい、みんなを束ねていくことが重要です。

管理職がしっかりしたリーダーシップを発揮しチーム全体のパフォーマンスを引き上げることが求められます。

部署の雰囲気

部署の雰囲気は、管理職によって大きく変わるものです。管理職がポジティブで何か問題起きた場合でも相談しやすい環境で、普段からコミュニケーションも取れていれば、すぐに連携をとることができ、生産性もあがります。

一方で、普段は会話もしなく、ネガティブな管理職がいる場合は必ず部署の雰囲気は悪くなっているはずです。そのような雰囲気では、部下も相談したくてもできません。

しっかりした成果を出すためには、部署の働きやすさや雰囲気はとても影響してきますので、管理者は態度や対応には気をつけましょう。

管理職に必要な能力

管理職に必要な能力

行動力

管理職とはリーダーシップを取っていくことが大切です。つまり、行動力と強い意思でチームを目標達成に導くことがリーダーに求められてます。業務というものは、良い時もあれば悪い時もあります。そのような際に求められるのも、管理職自身の目標に対する対応力や、対策や対応をしっかり部下に示せれるかどうかです。

まずは管理職が行動を移すことが部下から信頼されるために大切なことでもあります。

問題解決力

仕事が進めば、同時に問題も発生してくるものです。問題を解決する場面というのは、管理職には多々訪れるでしょう。問題を解決する際は、現場の目線だけではなく、経営者の目線も取り入れ考えることが必要になります。

管理職は現場と経営陣との橋渡しのような役割でもあるのです。

コミュニケーション力

コミュニケーション力は管理職にとってはとても大切な能力です。目標に向かって業務を遂行するためには、必ずメンバーとコミュニケーションをとる必要があります。クライアントのやり取りや部下の教育にいても、コミュニケーションは不可欠です。どんな場面でもコミュニケーションは重要になってきます。

人材育成

まず、部下は勝手には育ちません。

部下に指示するだけでなく、部下の能力を伸ばすために、ひとりひとりに向きあい、業務によっての向き不向きや、成長スピードなどを理解し教育をしていく必要があります。人材をしっかり育てるためには、特徴を把握し適材適所をしっかり見極め、ひとりひとりの役割を判断することが求められます。

管理職として

管理職として

会社にとって管理職という存在は無くてはならないものです。部署が目標を達成するため、日々成長していくためには、管理職の役割がとても重要になってくるのです。

また、管理職は「優しい」「面白い」だけでは務まる仕事ではありません。部下を育て、部署を引っ張るリーダーの姿を見せていくことも重要です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事